京都府の脳神経外科の現状と医師転職情報について

2016/12/27

除夜の鐘

歴史的建造物が多く残る京都府ですが、
世界遺産に登録された建造物は17ヶ所あり、国内では最も多い数となります。

古来の日本の町並みが残る場所として、
外国人のみならず、私たち日本人の多くをも魅了し続ける場所でもあります。

医療面では、全国的に見ても京都府内にはトップクラスの医療水準を誇る理想的な地域もありますが、
問題を抱えている地域もあります。

今回は、京都府の脳神経外科の情報と医師の転職情報をお伝えしていきたいと思います。

 人口の半数が中心部に集中する京都府

 

京都府は2016年10月1日現在で、総人口が2,605,731人となり
人口数は毎年右肩上がりに増え続けています。

京都市は人口集中率が約56%と、
多くの人が中心部に集中している現状となっています。

(引用:Wikipedia

京都市を除く地域の人口は、軒並み減少傾向にあり特に日本海に面する北部である
丹後、中丹地域は、少子高齢化の問題に大きく悩まされています。

また山間部が多く、高齢者や医療を必要とする患者が救急車を呼びたくても
・搬送までに時間が掛かってしまう
・近くの医療施設で完結的医療を受けることができない

などの問題があり、緊急医療を必要とする声が多くあがってきています。

続いて緊急医療の中でも、需要の高い脳神経外科医について
その専門医資格についてお伝えしていきます。

 

 京都府に在住する脳神経外科専門医

脳は未だ多くの謎を秘めた器官でありますが、
医療の発達により、脳で起こっている症状の多くを我々は徐々に知ることができるようになってきました。
それに伴って脳神経外科医に求められる医療知識や技術もまた膨大なものとなってきています。

脳神経外科医として一定水準以上の経験と技術を持った医師を、
認定する専門医制度として、日本脳神経外科学会が定めた脳神経外科専門医があります。

専門医となるためには、
長期に及ぶ研修と試験が必要になってきます。

脳神経外科の現状について

平成28年9月段階で、
全国には7,622名の脳神経外科専門医が登録されており、
京都府内には69名の専門医が登録されています。
(引用:一般社団法人 日本脳神経外科学会

 

京都府の脳神経外科の医師転職情報

脳神経外科医は、他の診療科目に比べて
肉体的・精神的な負担が大きく掛かる診療科とも言われています。

それが故に様々な悩みを抱えている脳外医師が多くいるのも、実状です。

・日常的な長時間勤務が辛くなってきた。体力的に無理ができない年齢になってきた
・忙しさの割には年収が少ない
・当直の回数を減らしたい
・手術の体制がしっかりとした病院に移動したい

医師求人の中には、様々な事情があり
 公に医師募集ができない情報も多くあります。

よくある質問・ご相談

先生が上記のような悩みや、将来のことも考え
今よりも良い環境で働きたいというご希望をお持ちであれば
ぜひ一度ご相談していただければと思います。

医師の転職には、立ちはだかる障害がたくさんあり
なかなか1人だけでは解決できない問題が多いと思います。

そんな時は、確かな経験と知識を持った我々、医師転職コンシェルジュにお任せください。


著者:医師転職コンシェルジュライター


お知らせ・コラム一覧へ戻る

関連記事

2017/05/10

高齢化する脳神経外科専門医の現状と広島県の脳神経外科医師の転職マーケット

2017/04/07

【医師の開業物件探し】クリニック・医院向け優良物件ご紹介、埼玉県所沢市(所沢駅徒歩2分)の新築医療ビル

2017/02/28

「住みたい田舎ランキング」上位の岡山県における医師転職マーケットについて

  • 医師転職コンシェルジュが転職エージェントとして選ばれる理由
  • 医師転職の成功事例

新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録

求人・アルバイトをお探しの先生へ

医師転職コンシェルジュフリーダイヤル

転職・求人に関する 無料登録はこちら

お知らせ/コラム

医師転職コンシェルジュからのお知らせ・コラムはこちら

最新記事

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

医師求人をお考えの医療関連の方

医師転職コンシェルジュ

私がパートナーとしてオーダーメイドの転職支援をサポートします。 医師転職コンシェルジュ三木正孝