常勤求人をお探しの医師の方へ

あなたの求める年収や待遇、キャリア、環境、当直からの解放、
家族との時間などの希望を実現する為に、
医療機関と代理交渉して医師の方が自分らしい働き方を出来る支援を致します。

常勤医師の最新求人情報 PICK UP

函館新都市病院

NEW! 2017/11/17更新

医療法人雄心会 函館新都市病院(北海道函館市)麻酔科医師募集(常勤)

所在地
北海道函館市
募集科目
常勤麻酔科・ペイン, 麻酔科医を募集
給与
常勤年俸 1,800万円

>この求人を見る


函館新都市病院

NEW! 2017/11/17更新

医療法人雄心会 函館新都市病院(北海道函館市)リハビリテーション科医師募集(常勤)

所在地
北海道函館市
募集科目
常勤リハビリテーション科, 運動機能障害、嚥下障害(飲み込みの障害)、高次脳機能障害(失語症、記憶、認知などの障害)に対して診断・治療・予防を行います。
給与
常勤年俸 1,800万円

>この求人を見る


公立高畑病院

NEW! 2017/11/17更新

公立高畠病院(山形県高畠町)内科医師募集(常勤)

所在地
山形県東置賜郡高畠町
募集科目
常勤内科系全般, 一般内科, 呼吸器内科, 循環器内科, 消化器内科, 血液内科, 神経内科, 腎臓内科・人工透析, 内分泌・糖尿病・代謝内科・リウマチ, 心療内科・精神科, 老人内科・老健, その他診療科でも内科診療が可能な医師
給与
常勤年俸 2,500万円

>この求人を見る


函館新都市病院

NEW! 2017/11/17更新

医療法人雄心会 函館新都市病院(北海道函館市)脳神経外科医師募集(常勤)

所在地
北海道函館市
募集科目
常勤脳神経外科, 診療体制拡充により常勤医師(脳神経外科専門医)を募集します。
給与
常勤年俸 1,800万円

>この求人を見る


函館新都市病院

NEW! 2017/11/17更新

医療法人雄心会 函館新都市病院(北海道函館市)内科医師、脳神経内科医師募集(常勤)

所在地
北海道函館市
募集科目
常勤内科系全般, 一般内科, 呼吸器内科, 循環器内科, 消化器内科, 血液内科, 神経内科, 腎臓内科・人工透析, 内分泌・糖尿病・代謝内科・リウマチ, 老人内科・老健, ・内科系の各科専門医を募集します。
・脳神経内科医師を募集します。
給与
常勤年俸 1,800万円

>この求人を見る


医療法人雄心会 新都市砂原病院

NEW! 2017/11/17更新

医療法人雄心会 新都市砂原病院(北海道茅部郡森町)内科系医師、外科系医師募集(常勤)

所在地
北海道茅部郡森町字砂原
募集科目
常勤内科系全般, 一般内科, 呼吸器内科, 循環器内科, 消化器内科, 血液内科, 神経内科, 腎臓内科・人工透析, 内分泌・糖尿病・代謝内科・リウマチ, 心療内科・精神科, 老人内科・老健, 外科系全般, 脳神経外科, 消化器外科・一般外科, 心臓血管外科・呼吸器外科・食道外科, 整形外科, リハビリテーション科, 健診・人間ドック, 在宅医療, 地域医療への意欲有る医師であれば専門科目は問いません。
給与
常勤年俸 1,800万円

>この求人を見る


函館新都市病院

NEW! 2017/11/17更新

医療法人雄心会 函館新都市病院(北海道函館市)循環器内科医師募集(常勤)

所在地
北海道函館市
募集科目
常勤循環器内科, 診療体制拡充により常勤医師(循環器専門医)を募集します。
循環器内科では、心筋梗塞、狭心症などの心臓の血管が詰まったり細くなったりしておこる心血管疾患の治療、心臓の機能が悪くなって起きる心不全の治療、突然死や脳梗塞の原因となる事もある不整脈の管理、及び生活習慣病と言われている高血圧、脂質異常症、糖尿病などのコントロールを行っています。日本人の死因の上位を占める心血管疾患や脳血管疾患の多くは動脈硬化が原因ですが、その動脈硬化は、高血圧、脂質異常症、糖尿病、肥満、喫煙などにより進行する事が分かっています。
心筋梗塞や脳梗塞、脳出血などの命に関わる重大な病気の徴候をいち早く察知し、個々の患者さんに応じた適切な治療を行うと共に、生活習慣病をきちんと管理、治療し、それらの病気の発症を予防する事を目標に診療を行っています。
給与
常勤年俸 1,800万円

>この求人を見る


医療法人医誠会 東舞鶴医誠会病院

NEW! 2017/11/16更新

医療法人医誠会 東舞鶴医誠会病院(京都府舞鶴市)精神科医師・心療内科医師募集、内科医師の転科OK(常勤)

所在地
京都府舞鶴市
募集科目
常勤内科系全般, 心療内科・精神科, 内科の医師は精神科、心療内科への転科希望医師に限る。
給与
常勤年俸 1,600万円

>この求人を見る


社会医療法人社団正峰会 大山病院

NEW! 2017/11/16更新

社会医療法人社団正峰会 大山病院(兵庫県西脇市)泌尿器科医師募集(常勤)

所在地
兵庫県西脇市
募集科目
常勤泌尿器科
給与
常勤年俸 2,500万円

>この求人を見る


とくなが病院

NEW! 2017/11/15更新

とくなが病院(兵庫県たつの市)眼科医師募集(常勤)

所在地
兵庫県たつの市
募集科目
常勤眼科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


とくなが病院

NEW! 2017/11/15更新

とくなが病院(兵庫県たつの市)腎臓内科/透析管理医師募集(常勤)

所在地
兵庫県たつの市
募集科目
常勤腎臓内科・人工透析
給与
常勤年俸 2,500万円

>この求人を見る


とくなが病院

NEW! 2017/11/15更新

とくなが病院(兵庫県たつの市)消化器外科医師募集(常勤)

所在地
兵庫県たつの市
募集科目
常勤消化器外科・一般外科
非常勤消化器外科・一般外科
給与
常勤年俸 2,500万円
非常勤日給100,000円

>この求人を見る


とくなが病院

NEW! 2017/11/15更新

とくなが病院(兵庫県たつの市)一般内科(消化器、循環器、腎透析ほか)医師募集(常勤)

所在地
兵庫県たつの市
募集科目
常勤内科系全般, 一般内科, 循環器内科, 消化器内科, 腎臓内科・人工透析, 健診・人間ドック, 在宅医療, 一般内科医師(消化器・循環器・腎透析他) を募集。
在宅診療、健診専門医等を希望する医師も歓迎します。
給与
常勤年俸 2,500万円

>この求人を見る


社会福祉法人賛育会 賛育会病院

NEW! 2017/11/13更新

社会福祉法人賛育会 賛育会病院(東京都墨田区)消化器外科・外科医師募集(常勤)

所在地
東京都墨田区太平
募集科目
常勤消化器外科・一般外科
給与
常勤年俸 1,600万円

>この求人を見る


橋本市民病院

NEW! 2017/11/09更新

橋本市民病院(和歌山県橋本市)腎臓内科医師募集(常勤)

所在地
和歌山県橋本市
募集科目
常勤腎臓内科・人工透析, 腎臓病(急性・慢性・腹膜透析を含む)や膠原病疾患を主に診療をしております。
腎臓内科、人工透析のニーズが高まっており、新たに腎臓内科医の先生をお迎えするにあたり、透析室を新たに新設する為のスペースを確保済みです。
給与
常勤年俸 1,800万円

>この求人を見る


医療法人弘遠会 すずかけセントラル病院

NEW! 2017/11/09更新

医療法人弘遠会 すずかけセントラル病院(静岡県浜松市)循環器内科医師募集(常勤)

所在地
静岡県浜松市南区田尻
募集科目
常勤循環器内科, カテーテル治療を行いたい医師を募集!条件によっては給与1,800万円、週4日勤務等可能!
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


さくら記念病院

NEW! 2017/11/09更新

さくら記念病院(埼玉県富士見市)腎臓内科医師募集(常勤)

所在地
埼玉県富士見市
募集科目
常勤腎臓内科・人工透析
給与
常勤年俸 1,500万円

>この求人を見る


さくら記念病院

NEW! 2017/11/09更新

さくら記念病院(埼玉県富士見市)泌尿器科医師募集(常勤)

所在地
埼玉県富士見市
募集科目
常勤泌尿器科
給与
常勤年俸 1,500万円

>この求人を見る


さくら記念病院

NEW! 2017/11/09更新

さくら記念病院(埼玉県富士見市)一般内科医師募集(常勤)

所在地
埼玉県富士見市
募集科目
常勤一般内科
給与
常勤年俸 1,500万円

>この求人を見る


さくら記念病院

NEW! 2017/11/09更新

さくら記念病院(埼玉県富士見市)人工透析医師募集(常勤)

所在地
埼玉県富士見市
募集科目
常勤腎臓内科・人工透析
給与
常勤年俸 1,500万円

>この求人を見る


常勤求人情報を探す

常勤勤務の特徴とメリット

常勤医師とは?

常時勤務している医師=病院の正職員という意味で、一般企業の正社員に該当する。

所属する病院で週4日(週32時間)以上の勤務を継続して行う医師を常勤医師と呼ぶ。

医師という仕事は社会的なステータスが高く、尊敬される存在である。

一方でその責任もとても重大で社会や患者さんからの期待や要求も大きい。
しかし医師といえども一人の人間であり、その激務と医師としてのQOML(Quality of my life/medical staff’s life)とのバランスを取る事の難しさに日々葛藤している医師も多いが、忙しくてなかなか立ち止まって考える時間も無いという先生が多いかもしれない。医師という仕事は社会から常に必要とされ称賛される職業であり、「高い意識と志」に加え「高い能力」、「不断の努力」が無ければ最難関である医学部への入学も医師国家試験の合格も叶わない憧れの職業でもあり、そんな医師という仕事の最も主流となっている働き方が常勤勤務医という勤務形態である。

常勤勤務のメリットは?

普段はあまりメリットを実感する事が少ないものだが、いざという時(身体を壊したりして長期休業を余儀なくされる時など)には常勤勤務のメリットを実感する事があるかもしれない。

正規職員である事から身分(雇用)が安定している。

社会保険や福利厚生が完備されている。

大きな組織(病院)に所属しているという安心感。一人ではないという安心感。

退職金規定が整備(概ね3年以上勤務した医師が対象)されている場合もある。

給与も安定(勤務日数に関わらず安定した給与を得られる。)

安定した身分の為、何より安心して働ける。

専門医資格の取得、専門医認定の維持など医師としてのキャリア構築を図りやすい。

専門科目、得意分野、スペシャリティの先端技術に触れるチャンスが多く、医師としてのスキルアップや経験を蓄積し、腕を磨ける。

学会発表、学会出席への支援があり、自然と新しい医療の情報を得る機会に恵まれる。

開業を考えている医師にとっては医師仲間の人脈構築や基幹病院との良好な関係構築が将来への有効な投資となる。

常勤勤務のデメリットは?

様々な面で拘束が多くプライベートをある程度犠牲にせざるを得ない面も。
仕事とプライベート(オンオフ)の切り分けの難しさ、組織人としての振る舞いetc.
← これは常勤勤務のメリットである「安定」とのトレードオフ。

時間当たり給与で考えると給与が低く感じられる事も。
事実、非常勤医師(特にスポットバイト医師)の方が時給換算では高くなるケースはしばしば見られる。

公立病院勤務の医師は身分が「公務員」となり、副業禁止の病院が多い。
つまりは、バイトができない事になり、多くの医師にとってこれは大きなデメリット。医師のアルバイトは大学病院勤務の医師や大学院生の医師などにとっては事実上、生活を支える大きな収入源となっている為、バイトが禁止となる事は大変厳しい。また、外勤のバイトは様々な経験を積む場としても有益である事が多い。

患者さんや処置(医療全般)に対する責任が重い。これは医師としては当然だと考える先生も多いが、義務として当直を一定日数こなす事が必須であったり、重篤な患者さんを担当している場合はオンコールなど24時間体制となり、たとえ休日でも呼び出しがあれば直ぐに駆けつけられる場所に居なければならず事実上オンオフは無いに等しい事なども常勤医師のデメリットとして挙げられるかもしれない。

常勤勤務の転職での成功事例と失敗事例

常勤勤務の転職での成功事例

男性

脳神経外科医師

年齢:46歳
性別:男性

当直も減り家族との時間が増えた上、
年収もアップ!素晴らしい転職が
出来ました。ありがとうございます。

ポジション: 脳神経外科
年収: 1,250万円
▶︎
ポジション: リハビリテーション科
年収: 1,600万円(当直手当別途支給)

要望事項

  1. リハビリテーション科への転科
  2. 専門医取得が可能
  3. 年俸がダウンしない事
  4. 転居不可、通勤時間1時間程度

転職までの流れ

登録時期:10月下旬
内定時期:12月初旬
転職先での勤務開始時期:翌4月
コンシェルジュが語る転職成功のポイント!

コンシェルジュが語る転職成功のポイント!

この先生と初めてお会いしたのは、ご登録の2日後の夜の事であった。
勤務後にご自宅近くの喫茶店で待ち合わせ最初の打ち合わせを行った。
関西の私大医学部を卒業後、首都圏の大学医局に入局して、医局派遣で公立病院にて常勤医としてご勤務中であった。


挨拶もそこそこに、先ず転職動機をお聞きしたところ、これまで脳神経外科医として目の前の患者のオペや病棟管理などを担当してきたが、多忙な仕事に忙殺される日々に「ちょっと疲れてしまいました。」とポツリと語られた一言が転職への決意を物語っているようであった。
医局長に増員を求めても医局員が減少しており、要請が受け入れられる事も無く、激務の日々が続いたとの事。連日深夜まで勤務が続き、当直も毎週という現状に心身ともに疲れ果て、医療事故の不安も頭を過ぎったと言う。

今の病院を離れる事は自分の中では決めているものの、具体的にどうしたいのかといった明確な方向性が固まっている訳では無いという事から、これまでやってきた事や今後について雑談も交えながら話し合った。気が付くと3時間以上が経過していたが、この機会に一度キャリアの棚卸しをして頭の中を整理してみましょうと提案、方向性が定まれば全力でサポートしますと約束し、1週間後に再度お会いする事にした。

1週間後、2度目の打ち合わせでは、「リハビリテーション病院はどうだろうか?リハビリでこれまでの脳外のキャリアを活かして働きたい。」と明確な方向性と要望事項を固めてこられた。
これまでは急性期の対応に終始し、患者さんのその後の経過をフォローできない環境にジレンマを感じていた事もあり、リハビリテーション科への転科を受け入れてくれ、専門医取得も目指せる病院を探して欲しいと言う。年収は現状よりも下がらなければ問題無し、当直も可、という事である。
家のローンと子供の学校の関係もあり、転居はできない為、自宅から1時間程度までの病院の中から候補先を絞る事にした。

その結果、候補先として浮上した3つの病院とコンタクトを取り、その詳細情報を先生と共有した。3施設とも是非見学に来てくださいとの申し出があり、見学と面談の機会を設定する事とした。いずれも事実上の面接であるが、先生のこれまでの脳神経外科医としてのキャリアと人柄の良さもあり、翌日までには「是非うちに来て欲しい。」と3施設全てから条件提示を含めた面接合格の連絡が入った。

その中からこの先生が選んだのはAリハビリテーション病院であった。
決め手となったのは院長先生が同じ脳神経外科出身で、面談時にも熱心にお話をされていた事。面倒見の良さそうなこの院長先生と他の先生方のバックアップ体制に惹かれてここにお世話になる事を決め、翌年春からの入職の意向を病院側に伝え、後日契約を交わし、無事年内に転職が決定する事となった。

年俸も1,250万円程度から1,600万円へと大幅にアップする事となり、
あわせて当直負担も減少した事から自宅で過ごせる時間が増え、家族も喜んでいると先生は笑った。

2年後にお会いした際には、その病院で既に確固とした役割を担うほどになっておられ、
これまでの脳神経外科医としてのスキルと経験を活かしつつ、リハビリテーション医として患者さんの回復を実際にフォロー出来る事に喜びとやりがいを感じているよと笑顔で話してくれたのが大変印象的であった。

常勤勤務の転職での失敗事例

男性

高額な年俸と魅力的なポジションを
謳ったスカウトメールに
安易に応じて転職を決めた結果・・・

匿名希望

医局派遣の公的病院で勤務していたが、ある日突然舞い込んだ見知らぬ業者からの「高額な年俸と魅力的なポジション」を謳ったスカウトメールに安易に応じてしまい、多少不満を感じていた事もあり医局を辞めて、民間病院に転じた。
しかし、そこは利益至上主義のワンマン理事長と医療に対するモチベーションもスキルも低く、向上心も乏しい職員が多くを占める病院であった。
「□□センター立ち上げをお任せします。高額年俸で部長職にて厚遇。」という謳い文句であったが、内実はこれまでの公的病院とは天と地ほどの差があった。結局、人間関係にも苦労し1年と持たず退職する羽目に。
医局とも半ば喧嘩別れしたような形になってしまい、医局の関連施設や影響が及ぶ病院ではもはや働く事が出来なくなってしまった。
表面上の条件だけではなく、その病院や法人全体の内実をもっとよく調査して長く働く事ができる病院かどうかを慎重に吟味して転職をするべきであったと後悔している。

上記のような悩みを抱えてご相談に来られる先生も実際に存在する。

常勤勤務の転職時に気をつけるポイント

年収の高さが際立つ医師求人案件には注意。理由もなく高い年収はあり得ない。何か医師が定着しない負の側面が潜んでいるかもしれない。

経営難の病院に注意。運転資金、医業収益を上げるために誰でもいいからとにかく医師が必要といったケースなど。

高い年収には、それ相応の忙しさ、ポジション、責任が伴う事を理解する。

自分が目指す医療を行える環境があるか、又は整えてもらえる病院かどうか。

自分が得意な分野の診療を行える医療機器やスタッフが揃っているか。そもそもその病院にそれらの患者は存在しているのか、又は集める力があるのか。その医療圏でその診療を継続的に行う力がその病院にあるのか。

理事長、院長などの専門科目や人柄はどうか。専門が自分と同じ医師が理事長や院長であれば働きやすい環境を整えやすいかもしれない。全く同じでなくとも内科系、外科系という括りでも一つの判断基準にはなるかもしれない。

自分が属する診療科の医師のバランスはどうか。卒業年度、年齢、専門領域や得意分野、保有専門医、職位(職務)ポジションなど。

医師採用窓口(事務局長や事務長)の熱意、人柄はどうか。事務方として医師を守ってくれる人物かどうか、医師の悩みごとの相談に親身に乗ってくれるか。問題解決能力を持っている人物かどうか。ここは意外と重要。

縁もゆかりも無い土地の病院への転職は、新天地で心機一転するには良いが、その地方独特の閉鎖性や方言、訛りなどに馴染めるか注意が必要。

病院職員や看護師、コメディカル職員や患者とのコミュニケーションがうまく取れないと気持ちよく働くことも難しくなる。

常勤勤務希望の方へ医師コンシェルジュからの転職アドバイス

常勤転職は慎重に

安易に転職をしてしまい、「思っていたのと違った。」という事になってしまうと、短期間での離職を余儀無くされる結果になる事も。

これまでの医師としてのキャリアの棚卸しを

あれこれ悩んで考えている事、現状の不満、これまでのキャリアやスキル、得意な事、不得意な事、やりたい事、やりたく無い事etc. を「紙」に落とし込んで整理してみる。

要望事項の整理を

医師コンシェルジュの常勤勤務希望の医師の方へのサービスの特徴

全国対応

全国どこへでも伺い、先生の転職(病院探し)やキャリア相談をサポートします。

キャリアの棚卸しのお手伝い

これまでの医師としてのキャリアの棚卸し作業をお手伝いします。

費用は一切無料

医師の転職サポートは一切無料です。弊社の運営費用は病院側から入職後にいただく成功報酬で賄われていますので医師の方に費用をお支払いいただく事はありません。安心してご利用ください。

医師に寄り添ったサポート

医師転職支援と医療機関の医師採用サポート実績10年以上。
医師の方に寄り添った心のこもったサポートを心掛けています。

我々医師転職コンシェルジュにあなたの自分らしい働き方を実現するお手伝いをさせて頂けないでしょうか

ご自身が求める環境にマッチしていない状況で働き続ける事で悩まれている医師の方たちが数多くいらっしゃいます。ご自身の希望する年収や待遇、キャリア、環境、当直からの解放、家族との時間などの条件を満たし、自分らしい働き方を実現できるお手伝いを是非我々が担う事が出来れば嬉しく思います。

都道府県別・海外の医師転職市場

北海道
東北
北関東・甲信
信越・北陸
首都圏
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
離島・僻地
海外

新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録