腎臓内科医の年収、収入、給料など(その2)

2016/07/10

腎臓内科医の年収、収入、給料など

前回のコラムの続きで腎臓内科医の年収や給与、働き方を見ていきたい。
腎臓内科医の年収が他の診療科目と比較してやや高くなる傾向があるという事を前回のコラムで述べたが、これは人工透析クリニックなどが高い年俸を提示してくるケースが多い事に起因し、腎臓内科医の平均年収の数値を上振れさせている結果となっている。

従って、一般の国公立や公的病院、大学病院、市中総合病院勤務医の場合、腎臓内科医だけが他の診療科の医師よりも高い年収を取っているという訳ではない。
特に所帯が大きい大学医局所属の腎臓内科医であれば、いくつかの研究グループに分かれていて透析に携わった事がないという腎臓内科の医師もいると聞く。
大学病院の正規職員である腎臓内科医や一般総合病院の腎臓内科医は常識的な医師の年収水準と同等である。

しかし、腎臓内科を専門とする医師で、且つ、人工透析に興味・関心があれば、自身の考え方や価値観次第で、人工透析のような高い給与を提示する職場を選択できる立場にあるという点においては、腎臓内科医としてのキャリアは将来的な高年収期待へと繋がる可能性があるという指摘自体は間違ってはいないと思う。

医療法人や経営者の方針などをよく確認しないと酷い環境に身を投じてしまう事も・・・

他方で、仕事内容の面では、透析患者の中には様々な基礎疾患に加え合併症を抱える患者も少なくない為、透析患者を診る医師というのは、ある意味では、「究極の掛かりつけ医」となる事を求められる一面があるというような事を透析医から聞く事がある。
専門外の知識を幅広く要求されるような場面も多いようだ。
透析病院や透析クリニックでは何名かの医師で患者を分担しないと24時間365日オンコール体制に放り込まれてしまう。そのような異常な激務により心身ともに疲弊してしまう医師がいて医療事故などの悲しいニュースを見聞きする事があり、やはり医師とは大変な仕事だなあと感じる。医師も生身の人間、自分自身の健康にも留意していただきたい。
しかし、透析患者にはお盆も正月も関係なく、災害時などの対応を考えても、その大変さが容易に想像できる。
透析施設を運営している医療法人や経営者の方針などをよく確認して職場を選ばないと酷い環境に身を投じてしまう事にもなりかねない。

医師転職コンシェルジュでは、このような「ズレ」が発生しないように、先生のご要望を十分にヒアリングし、ご希望に沿った転職先を紹介しているので、是非ご活用いただきたい。
医師転職コンシェルジュへの医師登録はコチラ

腎臓内科・人工透析で医師求人をお探しの医師の方は、腎臓内科人工透析の医師求人募集情報と転職市場の情報も参考にしてみてほしい。

腎臓内科医の年収・収入・給料などについてのコラムは、次回も続けたいと思う。


著者:三木正孝


医師転職コンシェルジュ代表。医師の方が自分らしい働き方、ライフスタイルを過ごす事が出来る様な転職支援を行う医師転職コンシェルジュを運営しております。医療業界や医師転職に関する情報に独自の意見も加えて発信していきます。どうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ・コラム一覧へ戻る

関連記事

2016/12/30

長野県の腎臓内科で転職希望の先生はいませんか?

2016/11/14

兵庫県内の腎臓内科医の転職市場と患者数の変化について

2016/10/31

茨城県内の腎臓内科業界を牽引する病院と医師のご紹介

  • 医師転職コンシェルジュが転職エージェントとして選ばれる理由
  • 医師転職の成功事例

新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録

求人・アルバイトをお探しの先生へ

医師転職コンシェルジュフリーダイヤル

転職・求人に関する 無料登録はこちら

お知らせ/コラム

医師転職コンシェルジュからのお知らせ・コラムはこちら

最新記事

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

医師求人をお考えの医療関連の方

医師転職コンシェルジュ

私がパートナーとしてオーダーメイドの転職支援をサポートします。 医師転職コンシェルジュ三木正孝