内視鏡検査の腕を上げるために必要なこと

2016/11/29

診察室

食道、胃、大腸、小腸、肝臓、胆嚢、膵臓
日本人の死亡原因の1位であるがんは、この消化器系のものが多くあります。

がんに対して、早期発見を行うために主流になっている検査が内視鏡による検査です。

消化器内科医や消化器外科医といった消化器を専門とする医師にとっては、誰もが目指すであろう内視鏡の技術向上のために
考えておきたいことをお伝えしていきたいと思います。

内視鏡検査の技術をあげるために必要なこと

内視鏡検査の一般化に伴い、消化器内科や消化器外科を志す医師にとってファイバー検査の腕はなくてはならない要素となりました。

検査技術を上達させるために必要なのは、経験数である事は間違いありませんが
そうはいっても内視鏡検査の他にも通常の診察などの業務もありますので、
病院によっては症例数をこなすことができないと悩んでいる先生方も多いかと思います。

しかし腕を上げるためには、内視鏡検査の数をこなし続けるしか他ありません。

体の中をモニターと手の感覚だけで進めなくてはいけないので、見ているだけでは体得できないのでなおのことです。
また症例数をこなしたとしても数をこなすに至った期間が、5年をかけて達成したものなのか、もっと短期集中で経験したものなのかによっても変わってきます。

同じ症例でも次に行う日まで期間が空いてしまうと、検査をするたびに感覚を取り戻すのに時間がかかってしまいます。
できれば短期間で同じ症例を繰り返し行うことができる環境下であれば、技術や知識を体得する期間もより早くなります。

もしもあなたが内視鏡検査の腕を上げることに注力したいのであれば、あなたを取り巻く環境作りは最も大事な事項のひとつになってきます。

鎮痛剤のメリット・デメリット

大腸内視鏡検査を行うにしても、鎮痛剤を使用するケースとしないケースがあります。

病院の方針や患者さんの都合によるものなどもありますが、
鎮痛剤を使用せずとも患者さんに苦痛を感じさせないような技術を身につけたいと
多くの先生方も考えていると思います。

鎮痛剤を使うメリットとして、

・どうしても怖い、不安といった患者さんに対して安心して検査を受けてもらうことができる。
・体内に空気や炭酸ガスをしっかりと入れることができるので、検査をしっかりと行うことができる。

かたやデメリットとしては、

・鎮痛剤が切れるまで、患者さんは帰宅することができない
・患者さんは仕事に対して支障がでる
・モニタリングが必要となるので、経験のある医師でないと使用できない

よほどの場合でなければ、本当の意味で患者さんに対して優しいのは
鎮痛剤を使用せずに内視鏡検査を行うことなのかもしれません。

より一層、内視鏡検査の腕を上げることは、消化器科の医師にとっても患者にとっても重要で
消化器領域の医師と内視鏡は切っても切り離せない関係なのかもしれません。

栃木県内で消化器内科への転職希望の方

医師転職コンシェルジュでは、栃木県内の消化器内科への転職やアルバイトをお探しの先生を探しています。

これまでに転職して環境や勤務条件が大きく変わったという先生たちをたくさん見てきました。

転職の成功例

まずはあなたが希望する条件を、無料医師登録フォームにご登録下さい。

求人情報が見つかったその都度メールにて、ご連絡させていただきます。

あなたを取り巻く環境が変われば、これまで無理だと思っていたことも叶えられるようになります。

まずは気軽にメールでも電話でも良いので、ご相談をお待ちしております。


著者:医師転職コンシェルジュライター


お知らせ・コラム一覧へ戻る

関連記事

2017/05/10

高齢化する脳神経外科専門医の現状と広島県の脳神経外科医師の転職マーケット

2017/04/07

【医師の開業物件探し】クリニック・医院向け優良物件ご紹介、埼玉県所沢市(所沢駅徒歩2分)の新築医療ビル

2017/02/28

「住みたい田舎ランキング」上位の岡山県における医師転職マーケットについて

  • 医師転職コンシェルジュが転職エージェントとして選ばれる理由
  • 医師転職の成功事例

新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録

求人・アルバイトをお探しの先生へ

医師転職コンシェルジュフリーダイヤル

転職・求人に関する 無料登録はこちら

お知らせ/コラム

医師転職コンシェルジュからのお知らせ・コラムはこちら

最新記事

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

医師求人をお考えの医療関連の方

医師転職コンシェルジュ

私がパートナーとしてオーダーメイドの転職支援をサポートします。 医師転職コンシェルジュ三木正孝