神奈川県の脳神経外科の医師転職マーケットと近年の進歩について

2016/10/24

医師転職で失敗する原因は?転職で失敗する医師の傾向

私たちの体の中で未だに解明されていない部分が多い脳。

医療技術の進歩や医療機器の大きな発達により、
これまでは外科手術で治すことができなかった疾患も
今では治療可能になったものも増えてきました。

脳神経外科の進歩の歴史と神奈川県内における
医師転職やアルバイト情報についてお伝えしていきたいと思います。

脳神経外科の近年の進歩

脳神経外科は70年代に多く用いられるようになった顕微鏡下手術に伴い、
大きく進歩してきました。

さらにCT、MRIや超音波をはじめとした診断機器の開発は、
脳や脊髄の画像化や数値化に成功し、より正確に形態や状態を確認することができるようになりました。

他の診療科でも言われていることですが、
やはり脳神経外科医の数は臨床現場では不足しています。

現在の日本では、医学部を卒業し2年間の初期臨床研修を修了し、
脳神経外科専門研修を4年間受けることが脳神経外科専門医になるために必須となっています。

研修修了後にようやく脳神経外科専門医認定試験を受けることができるのですが、
最短でも卒後6年間を要する脳神経外科専門医ですが、もちろん試験自体もそう簡単にクリアできるものではないようですし、脳神経外科専門医となった後も忙しい毎日が待っています。

脳神経疾患に関して、興味がありやりがいを感じられる医師には
働きがいのある科目だと思います。

神奈川県内には多数の優秀な脳神経外科医の先生がいらっしゃいますが、その中から著名な
1人の医師についてご紹介したいと思います。

 

脳動脈瘤のクリッピング手術のギネス記録保持ドクター 佐野公俊医師

『自分が患者だったらやってもらいたいような手術をする』

その言葉をモットーに活動し続ける佐野公俊医師は、
総合新川橋病院の副院長で、脳神経外科の顧問として在籍されています。

驚くべきは00年、01年にギネスにも認定された年間の2,100例にも及ぶ手術実績です。

ただいたずらに数だけを積み重ねた実績ではなく、
ひとつひとつ丁寧に手を抜かずに行われてきたというのも大きく評価されている点との事です。

週の半分は名古屋方面や静岡方面へ出向かれ、
先生の治療を求める患者さんたちに対して手術を行っておられるようです。

また後進の医師たちへの教育に対しても余念がなく
国内学会のみならず
世界中の脳神経外科医の発展に対して貢献されています。

(出典 http://dr-sano.com/

神奈川県内の脳外医師転職マーケットについて

都市部からのアクセスも良いので、
首都圏に住む先生たちも勤務地として選ばれることの多い神奈川県。

政令指定都市として定められる横浜、川崎、相模原は医療機関や様々な機能の病院が点在するので、脳神経外科医を求める様々な業務内容の医師求人が多数ありますが、好条件のものは競争率が高めになっているので、常に情報収集を怠らずにアンテナを張っておく必要があります。

医師転職コンシェルジュでは、
希望条件をご登録いただく事で、あなたの望む医師求人を、最新の情報が入り次第メールにて通知しておりますので、是非あなたの転職やアルバイト探しにお役立て下さい。

無料医師登録はこちらから


著者:医師転職コンシェルジュライター


お知らせ・コラム一覧へ戻る

関連記事

2017/05/10

高齢化する脳神経外科専門医の現状と広島県の脳神経外科医師の転職マーケット

2017/04/07

【医師の開業物件探し】クリニック・医院向け優良物件ご紹介、埼玉県所沢市(所沢駅徒歩2分)の新築医療ビル

2017/02/28

「住みたい田舎ランキング」上位の岡山県における医師転職マーケットについて

  • 医師転職コンシェルジュが転職エージェントとして選ばれる理由
  • 医師転職の成功事例

新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録

求人・アルバイトをお探しの先生へ

医師転職コンシェルジュフリーダイヤル

転職・求人に関する 無料登録はこちら

お知らせ/コラム

医師転職コンシェルジュからのお知らせ・コラムはこちら

最新記事

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

医師求人をお考えの医療関連の方

医師転職コンシェルジュ

私がパートナーとしてオーダーメイドの転職支援をサポートします。 医師転職コンシェルジュ三木正孝