ハイブリッド手術室? 心臓血管外科・循環器内科領域の医師求人情報をお探しの方と共通言語でお話ができるように・・・。

2015/05/03

ハイブリッド手術室? 心臓血管外科・循環器内科領域の医師求人情報をお探しの方と共通言語でお話ができるように・・・。

ハイブリッド手術室について、私自身の理解を深める意味でも少し見ておこうと思う。
心臓血管外科医や循環器内科医にとっては常識かもしれないが、ハイブリッド手術室とは、X線透視装置が設置された手術室の事である。つまり外科手術とカテーテル治療を行う事が出来る手術室の事をこう呼んでいる。
X線透視装置と手術室が組み合わさったという意味でhybrid(融合、雑種などの意)なのである。
手術と同時並行で、X線透視ができるので、カテーテルを使った血管内治療や血管内から心臓へアプローチする大動脈弁置換術などでは必要不可欠な手術室とされている。

循環器領域では近年、患者にとって、より低侵襲な治療、即ち、カテーテルによる血管内治療を治療法として選択するケースが増えている。主に循環器内科医が心カテ室でPCIなど心カテ治療を行うが、患者の状況によっては治療中に緊急手術(開心術、開胸手術)に移行せざるを得ない事態も想定される。
そういったケースで、感染症リスクを避ける為、空気清浄レベルのより高い手術室に患者を移して外科手術を始めるといった従来型のやり方から一歩進んだのが、このハイブリッド手術室における治療という事のようである。
ハイブリッド手術室の仕組みは従来型の手術室に高精度のX線透視装置を据え付けたもので、外科手術や血管内治療とX線撮影を同時並行で実施する事ができるのが特徴である。
手術台も全方位から患者のX線透視が可能となる万能手術台となっており、撮影画像は3D処理された立体画像としてモニターで確認する事ができる。

ハイブリッド手術室の普及により経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)も増加しており、(TAVIを行うにはハイブリッド手術室があり、冠動脈のカテーテル治療を年間100例以上実施している施設でハートチームとして治療に当たる事などが条件として義務付けられている。)
こういった流れからも、循環器内科医と心臓血管外科医がタッグを組むハートセンターやハートチームの体制が整った病院や循環器専門病院(クリニック)などの施設に心臓病の症例が集中する傾向が今後益々進むものと思われる。

次回コラムにて、もう少し循環器領域、心臓病などについて見ていきたい。

心臓血管外科医の医師転職市場についてはコチラもご覧ください。


著者:三木正孝


医師転職コンシェルジュ代表。医師の方が自分らしい働き方、ライフスタイルを過ごす事が出来る様な転職支援を行う医師転職コンシェルジュを運営しております。医療業界や医師転職に関する情報に独自の意見も加えて発信していきます。どうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ・コラム一覧へ戻る

関連記事

2016/12/28

専門性から総合力が求められる京都府の循環器内科医の現状

2016/11/15

循環器領域の研究・治療で水準の高い医療施設が集積する大阪府

2016/10/27

埼玉県内の循環器内科の医師転職と地域医療の取組み実績について

  • 医師転職コンシェルジュが転職エージェントとして選ばれる理由
  • 医師転職の成功事例

新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録

求人・アルバイトをお探しの先生へ

医師転職コンシェルジュフリーダイヤル

転職・求人に関する 無料登録はこちら

お知らせ/コラム

医師転職コンシェルジュからのお知らせ・コラムはこちら

最新記事

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

医師求人をお考えの医療関連の方

医師転職コンシェルジュ

私がパートナーとしてオーダーメイドの転職支援をサポートします。 医師転職コンシェルジュ三木正孝