三重県で探す

三重県の最新求人情報 PICK UP

三重県立 志摩病院

2017/07/24更新

三重県立 志摩病院(三重県志摩市)人間ドック・健診(常勤)

所在地
三重県志摩市
募集科目
常勤健診・人間ドック
給与
常勤年俸 1,750万円

>この求人を見る


三重県立 志摩病院

2017/07/24更新

三重県立 志摩病院(三重県志摩市)眼科(常勤)

所在地
三重県志摩市
募集科目
常勤眼科
給与
常勤年俸 1,750万円

>この求人を見る


三重県立 志摩病院

2017/07/24更新

三重県立 志摩病院(三重県志摩市)小児科(常勤)

所在地
三重県志摩市
募集科目
常勤小児科
給与
常勤年俸 1,750万円

>この求人を見る


三重県の医師転職マーケット

三重県の医師数(医療機関勤務医数、人口10万対)は、197.3人(H24年度)と全国平均(226.5人)を割り込んでいる。医師の総数は3,783人。
三重県は南北に長い地理的事情が大きいエリアである。名古屋に近いエリア(県庁所在地の津市、四日市市など)は東海経済圏と言って医師の数に関しては差し支えないと思われるが、内陸部の奈良県境に近いエリア(伊賀上野市、名張市など)は経済的にも文化的にもむしろ関西地方により近い実情もあり医師の確保についても狭間に置かれている感がある。このエリアは特に医師の求人のニーズも強い。募集案件も少なくない地域であるといえる。
三重大学からの派遣だけで医師を確保する事は困難な為、関西地方の大学医局や一般公募など門戸を広げて医師を募集している病院が多い。県南部の伊勢志摩地方や更に南の紀伊半島南部(尾鷲市)などでは基幹病院でさえも恒常的な医師不足に悩まされている。

三重県の人口は182万人で岡山県に次いで全国22位。
病院数は102施設。隣接する愛知県は325、岐阜県103、滋賀県59、京都府173、奈良県75となっている。人口10万対病院数では三重県は5.5施設、愛知県は4.4施設、岐阜県5.0、滋賀県4.2、京都府6.6、奈良県5.4、和歌山県9.0、東京都4.8、全国平均6.7施設と比較して少なくなっている。
三重県には三重大学に医学部が設置されており医師養成と県内医療の中核的役割を担っている。

三重県の医師の平均年収

三重県の医師の平均年収を、平均年齢・平均勤続年数と合わせて見てみよう。
三重県で医師求人情報をお探しの際に参考にして頂ければと思います。

男女計 男性医師 女性医師
平均年収 12,605.5千円 13,596.7千円 6,827.9千円
平均年齢 42.5歳 43歳 39.6歳
平均勤続年数 5.6 5.5 6.3

三重県の医療行政と医療機関の特徴

三重県のがん治療中核病院を中心に見てみよう。

2次医療圏 がん診療拠点病院
★は都道府県がん診療連携拠点病院
北勢保険医療圏:
人口84万人(四日市市、桑名市、鈴鹿市、亀山市、いなべ市、桑名郡(木曽岬町)、員弁郡(東員町)、三 重郡(菰野町、朝日町、川越町))
・三重県立総合医療センター
・三重県厚生連 鈴鹿中央総合病院
・市立四日市病院
・四日市社会保険病院
・鈴鹿回生病院
中勢伊賀保険医療圏:
人口46万人(津市、伊賀市、名張市)
・国立病院機構 三重中央医療センター
★三重大学医学部附属病院
・伊勢赤十字病院
・伊賀市立上野総合市民病院
南勢志摩保険医療圏:
人口47万人(松阪市、(多気郡) 多気町、明和町、大台町、(度会郡) 大紀町伊勢市、鳥羽市、志摩市、(度会郡) 玉城町、度会町、南伊勢町)
・三重県厚生連松坂中央総合病院 ・松阪市民病院
・済生会松坂総合病院
東紀州保険医療圏:
人口8万人(尾鷲市、熊野市、北牟婁郡(紀北町)、南牟婁郡(御浜町、紀宝町))

○ 三重県は日本最大の半島である紀伊半島の東側に位置しており、北東に愛知県、北に岐阜県と滋賀県及び京都府、西に奈良県、南西に和歌山県とそれぞれ隣接している。
面積は5,777km2(茨城県に次ぐ全国25位の広さ)で、人口は約182万人(全国22位)。

○ 県庁所在地・津市は人口26万人。

○ 三重県の医療機関(病院)数は、一般病院89、精神科病院13の合計102施設となっている。(平成25年度)

三重県の医療政策の現状

三重県では、「おいないねっと三重」を通じて、医師不足対策を講じており、医師バンクや研修医に対する研修資金貸与制度を整えている。
例えば、三重県地域医療研修センターMETCHを紀南病院内に設置し僻地医療、地域医療の魅力を伝える取り組みを行っており、平成21年の設立以降3年間で全国から90名以上の研修医の受入実績がある。
また、バディホスピタルシステムという取組では医師不足地域の病院に対して、支援病院から医師を派遣することにより地域医療の確保を目指している。
実績としては伊勢赤十字病院→尾鷲総合病院、県立総合医療センター→上野総合市民病院、市立四日市病院→名張市立病院といった具合である。

三重県の医師需給状況 平成24年12月末

○医療施設に従事する医師数:3,631人(男性医師3,099人、女性医師532人)
人口10万対医師数:197.3人(全国平均226.5人)

2次保険医療圏ごとの医師需給の状況

※病院数は平成24年10月、医師数は平成24年12月末時点)

1.北勢

医師数1,567人:人口10万対186人、対全国平均84.9% 医師数は不足
北勢保険医療圏:人口84万人(四日市市、桑名市、鈴鹿市、亀山市、いなべ市、桑名郡(木曽岬町)、員弁郡(東員町)、三重郡(菰野町、朝日町、川越町))
病院数43施設

2.中勢伊賀

医師数1,263人:人口10万対273人、対全国平均124.7% 医師数は潤沢
中勢伊賀保険医療圏:人口46万人(津市、伊賀市、名張市)
病院数31施設

3.南勢志摩

医師数1,046人:人口10万対222人、対全国平均101.4% 医師数は均衡
南勢志摩保険医療圏:人口47万人(松阪市、(多気郡) 多気町、明和町、大台町、(度会郡) 大紀町伊勢市、鳥羽市、志摩市、(度会郡) 玉城町、度会町、南伊勢町)
病院数23施設

4.東紀州

医師数147人:人口10万対184人、対全国平均84.0%)医師数は不足
嶺南保険医療圏:人口8万人(尾鷲市、熊野市、北牟婁郡(紀北町)、南牟婁郡(御浜町、紀宝町))
病院数5施設

三重県での医師転職についてのアドバイス

三重県では、人口10万人あたりの医師数が全国平均より少ない(全国37位)。つまり医師求人の少なくない地域であるといえる。
特に病院勤務医の数が全国平均に大きく水を空けられている(都道府県順位:病院勤務医数42位、クリニック勤務医数22位)。
病院では、伊賀、東紀州、北勢、伊勢志摩地域の順に医師数が少なく、クリニックについては、伊賀、北勢地域以外の医師数は全国平均を上回っている。
三重県全体で言えば、医療資源は不足している。地域を細かく見ていくと、北勢(四日市、桑名、鈴鹿など)、中勢(津市)、南勢(松阪市)の都市部は医療機関も医師数も多い。特に三重大学のある津市周辺は医師がやや偏在している。北勢の四日市、桑名辺りになると医師はやや不足気味で愛知県の大学(特に名大)の影響力が少し及んでくる。名古屋から桑名、四日市方面へは近鉄線や東名阪自動車道などアクセスは良好。国道23号は四日市の湾岸工業地帯周辺がやや渋滞する。三重県
松阪市、伊勢市も恒常的に医師求人ニーズはあるもの緊急性は高くは無いといった印象。
逆に医師不足なのは伊賀や東紀州といったエリア。数字的には伊賀の方が医師不足となっているが、「へき地」という意味では東紀州の方が医師の招聘にはより苦労している様子が窺える。へき地への転職を希望されている先生は特に転職がしやすい環境にあるといえるだろう。募集案件も少なくない。

三重県と言えば、伊勢神宮や志摩スペイン村、鈴鹿サーキット、伊勢海老、伊勢の名物「赤福もち」、真珠の養殖など、様々な名所や名産品があり、東海地区や関西地区以外の人も一度は訪れた事があるのではないだろうか。

教育面においては、三重県では高田高校などが三重大学医学部や難関大学への進学実績が高い。

三重県での転職やバイトをお考えの先生は一度お気軽にご相談をいただければと思う。三重県の医師求人案件の中から、転職をご希望される先生の条件に合った募集案件をご紹介いたします。

三重県の最新求人情報 PICK UP

三重県立 志摩病院

2017/07/24更新

三重県立 志摩病院(三重県志摩市)人間ドック・健診(常勤)

所在地
三重県志摩市
募集科目
常勤健診・人間ドック
給与
常勤年俸 1,750万円

>この求人を見る


三重県立 志摩病院

2017/07/24更新

三重県立 志摩病院(三重県志摩市)眼科(常勤)

所在地
三重県志摩市
募集科目
常勤眼科
給与
常勤年俸 1,750万円

>この求人を見る


三重県立 志摩病院

2017/07/24更新

三重県立 志摩病院(三重県志摩市)小児科(常勤)

所在地
三重県志摩市
募集科目
常勤小児科
給与
常勤年俸 1,750万円

>この求人を見る


医師の平均給与・平均年収

診療科目別平均給与・平均年収

診療科目別医師転職求人検索

新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録