福島県で探す

福島県の最新求人情報 PICK UP

医療法人 誠励会 ひらた中央病院

NEW! 2017/09/28更新

医療法人 誠励会 ひらた中央病院(福島県石川郡)人工透析科(常勤)

所在地
福島県石川郡平田村上蓬田
募集科目
常勤腎臓内科・人工透析
給与
常勤年俸 3,000万円

>この求人を見る


医療法人 誠励会 ひらた中央病院

NEW! 2017/09/28更新

医療法人 誠励会 ひらた中央病院(福島県石川郡)泌尿器科(常勤)

所在地
福島県石川郡平田村上蓬田
募集科目
常勤泌尿器科
給与
常勤年俸 3,000万円

>この求人を見る


医療法人 誠励会 ひらた中央病院

NEW! 2017/09/28更新

医療法人 誠励会 ひらた中央病院(福島県石川郡)腎臓内科(常勤)

所在地
福島県石川郡平田村上蓬田
募集科目
常勤腎臓内科・人工透析
給与
常勤年俸 3,000万円

>この求人を見る


福島県の医師転職マーケット

福島県の医師数(医療機関勤務医数、人口10万対)は、178.7人(H24年度)と全国平均(226.5人)を大きく下回る医師数となっている。
福島県の医師総数(医療機関に勤務する医師)は3,506人。

東日本大震災以降の福島県の病院勤務の常勤医師数の推移は、原子力災害により休止を余儀なくされている病院がある相双医療圏(相馬市、南相馬市など)における医師の減少が最も大きい。「浜通り」(相双医療圏、いわき医療圏)は震災と原発事故の影響で内科系、外科系とも各科で医師を募集している状況が続く。県内外から多くの支援を受け、相双医療圏は徐々に回復傾向にあるようだが、まだ安定的に医師が定着してくれるまでには至っていない。
次いで医師が減少しているのが「中通り」(特に県中医療圏)。
民間病院が多い県中医療圏で医師の減少が目立つ。郡山市など都市部では300床クラスの病院で、臓器別の専門科目での医師求人があり症例経験を積みたい医師や即戦力の医師を求めている。東京から郡山まで東北新幹線で最短1時間17分とアクセスは良好。
消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、糖尿病内科、膠原病内科、神経内科、代謝内分泌内科、脳神経外科、麻酔科、皮膚科、放射線科(放射線治療医、画像診断医)など各科で医師求人が見られる。
同じ「中通り」でも福島県立医科大学附属病院のある県庁所在地・福島市(県北医療圏)には医師が集中・偏在しており、福島県内7圏域で人口10万対医師数が唯一全国平均を上回っている。
その他の6圏域は全て全国平均を下回っており、「会津地方」(会津医療圏、南会津医療圏)も恒常的に医師求人ニーズが強い。

また、福島県においても産科・産婦人科、小児科など特定の診療科の医師不足が顕著であり、医師求人ニーズが強い。透析医のニーズも強い。
また、一般内科、一般外科、整形外科、麻酔科、精神科(特に精神保健指定医)の医師を求める声も多い。ゆえに福島県は多くの地域で医師求人がある。この地域への転職をお考えの先生、これらの科目への転職をお考えの方はぜひお声掛けいただきたい。福島県の募集の中から、希望の医師求人をご紹介いたします。

福島県の人口は194万人で群馬県に次いで全国20位。
病院数は130施設。東北6県を見てみると青森県102施設、岩手県92、宮城県142、秋田県74、山形県68となっており、福島県は宮城県に次いで病院数が多い。
人口10万対病院数では福島県は6.6施設、青森県7.6、岩手県7.1、宮城県6.0、秋田県7.0、山形県5.9、東京都4.8となっており、福島県はほぼ全国平均(6.7施設)並みとなっている。

福島県の医師の平均年収

福島県の医師の平均年収を、平均年齢・平均勤続年数と合わせて見てみよう。
福島県で医師求人情報をお探しの際に参考にして頂ければと思います。

男女計 男性医師 女性医師
平均年収 16,076.5千円 17,238.0千円 10,183.9千円
平均年齢 49.9歳 49.8歳 50.2歳
平均勤続年数 6.4年 4.9年 14.0年

福島県の医療行政と医療機関の特徴

福島県のがん治療中核病院と基幹型臨床研修病院を中心に見てみよう。

‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏
‏2次医療圏‏がん診療拠点病院
★は都道府県がん診療連携拠点病院
‏基幹型臨床研修病院
県北医療圏:
人口50万人(福島市、二本松市、伊達市、本宮市、桑折町、国見町、川俣町、大玉村)
★福島県立医科大学附属病院・福島県立医科大学附属病院
・財団法人大原綜合病院
・医療生協わたり病院
・綜合病院福島赤十字病院
・公立藤田総合病院
県中医療圏:
人口55万人(郡山市、須賀川市、田村市、鏡石町、天栄村、石川町、玉川村、平田村、浅川町、古殿町、三春町、小野町)
‏‏・財団法人慈山会医学研究所付属 坪井病院
・一般財団法人脳神経疾患研究所附属 総合南東北病院
・一般財団法人太田綜合病院附属 太田西ノ内病院
‏・一般財団法人太田綜合病院附属太田西ノ内病院
・公益財団法人星総合病院
・一般財団法人脳神経疾患研究所附属総合南東北病院
・寿泉堂綜合病院
・公立岩瀬病院
県南医療圏:
人口15万人(白河市、西郷村、泉崎村、中島村、矢吹町、棚倉町、矢祭町、塙町、鮫川村)
・福島県厚生農業協同組合連合会 白河厚生総合病院・福島県厚生農業協同組合連合会 白河厚生総合病院
会津医療圏:
人口26万人(会津若松市、喜多方市、北塩原村、西会津町、磐梯町、猪苗代町、会津坂下町、湯川村、柳津町、三島町、金山町、昭和村、会津美里町)
‏・財団法人竹田綜合病院
・会津中央病院
・財団法人竹田綜合病院
・会津医療センター
・会津中央病院
南会津医療圏:
人口3万人(下郷町、檜枝岐村、只見町、南会津町)


相双医療圏:
人口20万人(相馬市、南相馬市、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、新地町、飯舘村)

‏・公立相馬総合病院
・南相馬市立総合病院
いわき医療圏:
人口34万人(いわき市)
‏・福島労災病院

[県指定病院]
・いわき市立総合磐城共立病院
・いわき市立総合磐城共立病院
・福島労災病院

○ 福島県は、東北地方の南部に位置し、沿岸部は太平洋に面している。北に宮城県、北西に山形県、西に新潟県、南に栃木県、南東に茨城県、南西に群馬県とそれぞれ隣接している。
面積は13,783km2(岩手県に次ぐ全国3位の広さ)で、人口は約147万人(群馬県に次ぐ全国20位)、人口密度は全国40位。

○ 県庁所在地・福島市は人口28万人。福島県中通りの北部に位置する。

○ 福島県の医療機関(病院)数は、一般病院107、精神科病院23の合計130施設となっている。(平成25年度)

福島県の医療政策の現状

医師の絶対数の不足解消の為、福島県では下記のような施策が行われている。

  • ○福島県立大学医学部の入学定員増を図る(H19年80名→H25年130名に定員増)。
  • ○「緊急医師確保修学資金」により、福島県立医科大学医学部生の県内定着を図る。
  • ○帝京大学及び日本医科大学の医学部生を対象とする「地域医療医師確保修学資金」により、県外大学医学部卒業生の福島県内定着を図る。
  • ○医師不足の特定診療科(産科・産婦人科、小児科)などの医師の確保を図る。

また、自治医科大学におけるへき地等に勤務する医師の継続的な養成を進めるとともに、「へき地医療等医師確保修学資金」により、へき地等に勤務する医師の確保を図る。

併せて、福島県地域医療支援センターにおいて、県及び市町村等の修学資金修学生等に対して、福島県立医科大学や当該市町村等と連携しながら、学生の時からの相談支援や、医師一人ひとりの経験や専門性に応じたキャリア構築が行えるよう、地域で勤務していても知識習得や技術向上を図ることができる研修機会の提供、多様なロールモデルの紹介を行うなど、キャリア形成を一元的に支援し、県内定着を促進することで、医師の確保を図っている。

福島県で臨床研修が行える医療機関は下記の10病院。

  • ・福島県立医科大学附属病院(県北医療圏)
  • ・財団法人大原綜合病院
  • ・医療生協わたり病院
  • ・綜合病院福島赤十字病院
  • ・公立藤田総合病院
  • ・一般財団法人太田綜合病院附属太田西ノ内病院(県中医療圏)
  • ・公益財団法人星総合病院
  • ・一般財団法人脳神経疾患研究所附属総合南東北病院
  • ・寿泉堂綜合病院(郡山市・県中医療圏)
  • ・公立岩瀬病院(須賀川市・県中医療圏)
  • ・福島県厚生農業協同組合連合会 白河厚生総合病院(白河市・県南医療圏)
  • ・財団法人竹田綜合病院(会津若松市・会津医療圏)
  • ・会津医療センター(会津若松市・会津医療圏)
  • ・会津中央病院(会津若松市・会津医療圏)
  • ・公立相馬総合病院(相馬市・相双医療圏)
  • ・南相馬市立総合病院(南相馬市・相双医療圏)
  • ・いわき市立総合磐城共立病院(いわき市・いわき医療圏)
  • ・福島労災病院(いわき市・いわき医療圏)

福島県の医師需給状況平成24年12月末

○医療施設に従事する医師数:3,506人(男性医師3,015人、女性医師491人)
人口10万対医師数:178.7人は全国44位(全国平均226.5人)
(参考)福島県の医師総数:3,685人

2次保険医療圏ごとの医師需給の状況

※病院数は平成22年10月、医師数(医療機関勤務医数)は平成22年12月末時点)

2次保険医療圏ごとの医師需給の状況


◇福島県は、「浜通り」、「中通り」、「会津地方」の3地域に慣例的・地勢的に分類されており、2次医療圏は更に下記の7医療圏に分けられている。
阿武隈高地より東の海沿いが「浜通り」、阿武隈高地の西から奥羽山脈までが「中通り」、奥羽山脈から西が「会津地方」。

2次保険医療圏ごとの医師需給の状況

1.県北

医師数:人口10万対247.1人、対全国平均112.8% 医師数は潤沢
県北医療圏:人口50万人(福島市、二本松市、伊達市、本宮市、桑折町、国見町、川俣町、大玉村)
病院数32施設

2.県中

医師数:人口10万対184.3 人、対全国平均84.2% 医師数は不足
県中医療圏:人口55万人(郡山市、須賀川市、田村市、鏡石町、天栄村、石川町、玉川村、平田村、浅川町、古殿町、三春町、小野町)
病院数33施設

3.県南

医師数:人口10万対132.6人、対全国平均60.5% 医師数はかなり不足
県南医療圏:人口15万人(白河市、西郷村、泉崎村、中島村、矢吹町、棚倉町、矢祭町、塙町、鮫川村)
病院数11施設

4.会津

医師数:人口10万対169.4人、対全国平均77.4%)医師数は不足
会津医療圏:人口26万人(会津若松市、喜多方市、北塩原村、西会津町、磐梯町、猪苗代町、会津坂下町、湯川村、柳津町、三島町、金山町、昭和村、会津美里町)
病院数19施設

5.南会津

医師数:人口10万対107.0人、対全国平均48.9% 医師数は著しく不足
南会津医療圏:人口3万人(下郷町、檜枝岐村、只見町、南会津町)
病院数1施設

6.相双

医師数:人口10万対120.4人、対全国平均55.0% 医師数は著しく不足
相双医療圏:人口20万人(相馬市、南相馬市、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、新地町、飯舘村)
病院数16施設

7.いわき

医師数:人口10万対160.4人、対全国平均73.2%)医師数は不足
いわき医療圏:人口34万人(いわき市)
病院数28施設

福島県での医師転職についてのアドバイス

福島県は、「浜通り」、「中通り」、「会津地方」の3地域に慣例的・地勢的に分類されており、2次医療圏はそこから更に7医療圏に分けられている。
阿武隈高地より東の海沿いが「浜通り」、阿武隈高地の西から奥羽山脈までが「中通り」、奥羽山脈から西が「会津地方」となっている。
「浜通り」は震災と原発被害を最も受けたエリアで南部にはいわき市(人口32.7万人)があり、「中通り」は県庁所在地・福島市(人口28万人)や郡山市(人口32.8万人)、「会津地方」には会津若松市(人口12万人)があり、以上の4都市が福島県の人口上位4市である。
福島県を知る上で、戊辰戦争を外す事はできないであろう。会津藩が旧幕府軍(奥羽越列藩同盟)の中心となって新政府軍と戦った会津戦争の悲劇は白虎隊などでもよく知られている。鶴ヶ城(=若松城)の会津藩がこの地域の中心を成していたが、明治以降は福島藩があった福島市に県庁が置かれ、東北新幹線のルートも、郡山駅、福島駅と「中通り」を南北に通っており、文字通り「中通り」が現在の福島県の政治、経済、医療の中心を担っている。
気候も会津地方は雪が多いが、浜通りではあまり積雪は無い。
福島県の交通は、郡山JCTで東北自動車道と磐越自動車道がクロスしている。
南北に東北自動車道(南は郡山、須賀川、白河を経て栃木県那須塩原方面へ。北は白石を経て仙台方面へ。)、東西に磐越自動車道(東はいわきへ。西は猪苗代、会津若松を経て新潟方面へ。)が整備されている。いわき市は常磐自動車道が南北に海岸沿いを走る。
福島県の主要一般道は国道4号線、国道49号線など。
JR在来線は東北線、磐越西線(ばんえつさいせん)、磐越東線(ばんえつとうせん)、いわき方面は常磐線など。東北線以外は本数が少なく車での移動が現実的。

福島県は東北と言っても首都圏や北関東から距離的に近く、東北新幹線で東京-郡山間は最短1時間17分である。会津磐梯山や裏磐梯の高原リゾート、五色沼など美しい自然が一杯で、夏は沢登りやカヤック、冬はスキーや温泉を楽しみに関東から訪れるリピーターも多い花見客で賑わう春の鶴ヶ城や喜多方ラーメンも有名。酒蔵巡りも楽しい。
いわきは映画にもなった「ハワイアンズ」でよく知られるが、地理的・歴史的に茨城県との繋がりが強く、同じ福島県でもどちらかと言うと方言や習慣は茨城県の方により近いと言われている。

教育面では福島高校、安積高校、安積黎明高校、磐城高校、会津高校、橘高校、白河高校などが医学部や難関大学への進学実績が高い。

福島県は福島県立医科大学の医局派遣に依存している基幹病院も多いが、全体として医師は不足しており県外からの医師の入職を心待ちにしている状況が今後も続くと思われる。
仙台や東京からも東北新幹線でアクセス良好。
平日は福島や郡山の病院に勤め、週末は東京に戻るという生活を送る医師もおり、福島県での転職やバイトをお考えの先生は一度お気軽にご相談をいただければと思う。 福島県の医師求人案件の中から、転職をご希望される先生の条件に合った募集案件をご紹介いたします。

福島県の最新求人情報 PICK UP

医療法人 誠励会 ひらた中央病院

NEW! 2017/09/28更新

医療法人 誠励会 ひらた中央病院(福島県石川郡)人工透析科(常勤)

所在地
福島県石川郡平田村上蓬田
募集科目
常勤腎臓内科・人工透析
給与
常勤年俸 3,000万円

>この求人を見る


医療法人 誠励会 ひらた中央病院

NEW! 2017/09/28更新

医療法人 誠励会 ひらた中央病院(福島県石川郡)泌尿器科(常勤)

所在地
福島県石川郡平田村上蓬田
募集科目
常勤泌尿器科
給与
常勤年俸 3,000万円

>この求人を見る


医療法人 誠励会 ひらた中央病院

NEW! 2017/09/28更新

医療法人 誠励会 ひらた中央病院(福島県石川郡)腎臓内科(常勤)

所在地
福島県石川郡平田村上蓬田
募集科目
常勤腎臓内科・人工透析
給与
常勤年俸 3,000万円

>この求人を見る


医師の平均給与・平均年収

診療科目別平均給与・平均年収

診療科目別医師転職求人検索

新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録