大分県で探す

大分県の最新医師求人情報 PICK UP

医療法人社団親和会 衛藤病院

NEW! 2019/01/25更新

医療法人社団親和会 衛藤病院(大分市)一般内科医師求人募集(常勤)

所在地
大分県大分市
募集科目
常勤一般内科, 一般内科の常勤医師を募集します。
▶訪問診療のご相談可
給与
常勤年俸 1,600万円

>この求人を見る


医療法人社団親和会 衛藤病院

NEW! 2019/01/25更新

医療法人社団親和会 衛藤病院(大分市)精神科医師求人募集(常勤)

所在地
大分県大分市
募集科目
常勤心療内科・精神科, 精神科の常勤医師を募集します。
▶年収1,800万円以上提示可能 ▶他科からの転科可能
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


社会医療法人恵愛会 大分中村病院

NEW! 2019/01/16更新

社会医療法人恵愛会 大分中村病院(大分県大分市)総合診療科(新設)医師求人募集(常勤)

所在地
大分県大分市大手町3丁目2−43
募集科目
常勤一般内科, ▶総合診療科医師を募集します(総合診療科の新設)。
▶これまで専門診療科をお持ちで、新たに総合診療科として勤務したい、将来開業をお考えの先生で、診療領域を広げ、地域の医療機関・介護施設との連携を深めていきたい先生も歓迎しています。
▶今後のキャリアにあわせて、他の診療科(例・ある程度手術もしたい場合など:消化器外科兼総合診療科)等も可能です。
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


大分県の医師転職マーケット

大分県の医師数(医療機関勤務医数、人口10万対)は256.5人で全国15位。
全国平均(226.5人)を上回っており比較的充実した医師数となっている。
九州地方では福岡県(283.0人)、長崎県(275.8人)、熊本県(278.6 人)に次ぐ人口10万対医師数4位の県である。
ちなみに5位以降は、佐賀県(249.8人)、鹿児島県(240.7人)、沖縄県(233.1人)、宮崎県(228.0人)と九州エリアは全県が全国平均を上回っている。

大分県の2次医療圏ごとの医師数を見てみると、県庁所在地・大分市や大分市と隣接し大分大学医学部附属病院が立地している由布市などで構成される 「中部医療圏」、それに別府温泉で有名な別府市を中心とした「東部医療圏」に医師が集中・偏在している状況である。

大分市(人口約48万人)は九州地方では福岡市、北九州市、熊本市、鹿児島市に次ぐ人口規模を誇り、東九州(大分県、宮崎県)では最大の都市である。
大分市を中心とする「中部医療圏」と隣接する別府市(人口約12.5万人)を中心とする「東部医療圏」に大分県の総人口の66%程が集中しており、 高度医療機能もこの2つの医療圏にほぼ集中している。
医師も「中部医療圏」と「東部医療圏」の2圏域に大分県の医師の75%以上が集中、偏在している状況で、それ以外の「南部医療圏」(佐伯市)、「豊肥医療圏」(竹田市、豊後大野市)、「西部医療圏」(日田市、九重町、玖珠市)、「北部医療圏」(中津市、豊後高田市、宇佐市)の10万対医師数は全て全国平均を下回っておりマクロ的には、これら地域は「医師不足」の状況にある。ゆえにこの地域の医師求人は少なくない。

高度急性期医療機関が集積する大分市や別府市であるが、やはり大分大学の医局派遣で医師のポストが埋まっている基幹病院が多い。
一方で周辺に多く立地する療養型病院では、リハビリテーション科や内科系(神経内科、一般内科etc.)、 外科系(脳神経外科、整形外科)を中心に医師の募集が多く見られる。

県北部の中津市、豊後高田市、宇佐市や県南部の佐伯市、県西部の日田市、県南西部の竹田市、豊後大野市などでは内科系医師や 総合診療、在宅医療など地域医療に従事していただける医師の求人ニーズが強い。勿論外科系医師も大歓迎である。これらの科目に転職をお考えの先生は特に希望通りの求人案件を探せるだろう。

大分県の医師の平均年収

大分県の医師の平均年収を、平均年齢・平均勤続年数と合わせて見てみよう。
大分県で医師求人情報をお探しの際に参考にして頂ければと思います。

男女計 男性医師 女性医師
平均年収 11,113.8千円 11,780.1千円 8,472.3千円
平均年齢 43.6歳 44.3歳 40.7歳
平均勤続年数 6.8年 6.8年 7年

大分県の医療行政と医療機関の特徴

大分県の2次医療圏とがん診療拠点病院や中核的な病院を中心に見てみよう。

2次医療圏 ・がん診療拠点病院
★は都道府県がん診療連携拠点病院
◎は救命救急センター
地域の中核的な病院
(2次救急輪番制病院など)
東部:
人口21.8万人(別府市、杵築市、国東市、姫島村、日出町)
・国立病院機構別府医療センター
◎KKR新別府病院
・国東市民病院
・あおぞら病院
・大分県厚生連鶴見病院
・中村病院
・別府中央病院
・黒木記念病院
・内田病院
・杵築市立山香病院
・杵築中央病院
・サンライズ酒井病院
・鈴木病院
中部:
人口57.1万人(大分市、臼杵市、津久見市、由布市)
★◎国立大学法人大分大学医学部附属病院
・◎大分県立病院
・大分赤十字病院
・◎大分市医師会立アルメイダ病院
・今村病院
・大分三愛メディカルセンター
・大分中村病院
・国立病院機構大分医療センター
・大分岡病院
・大分こども病院
・大分健生病院
・天心堂へつぎ病院
・永冨脳神経外科病院
・河野脳神経外科病院
・佐賀関病院
・由布院病院
・臼杵市医師会立コスモス病院
・津久見市医師会立津久見中央病院
南部:
人口7.6万人(佐伯市)
・西田病院
・御手洗病院
・長門記念病院
・南海医療センター
・佐伯中央病院
豊肥:
人口6.3万人(竹田市、豊後大野市)
・竹田医師会病院
・大久保病院
・豊後大野市民病院
・帰巖会みえ病院
西部:
人口9.7万人(日田市、九重町、玖珠町)
・大分県済生会日田病院
・日田中央病院
・聖陵岩里病院
・一ノ宮脳神経外科病院
北部:
人口16.7万人(中津市、豊後高田市、宇佐市)
・中津市立中津市民病院 ・梶原病院
・酒井病院
・川嶌整形外科病院
・中津脳神経外科病院
・医療法人社団中津胃腸病院
・松永循環器病院
・中津第一病院
・村上記念病院
・佐藤第一病院
・高田中央病院
・黒田整形外科
・宇佐高田医師会病院

○ 大分県は、九州の東部に位置しており、陸上では北に福岡県、南に宮崎県、西に熊本県、とそれぞれ隣接しており、 海上で北東に山口県、東に愛媛県と隣接している。東側は別府湾や豊後水道、北側は周防灘に面している。

面積は6,340km2(群馬県に次ぐ全国22位の広さ)で人口は117.2万人(岩手県に次ぐ全国33位)。

○ 県庁所在地・大分市は人口47.8万人の中核市。

○ 大分県の医療機関(病院)数は、一般病院134、精神科病院25の合計159施設となっている。(平成25年10月時点)

大分県の医療政策の現状

○ 新臨床研修制度の導入を契機に大学の医師供給力が低下し、僻地医療拠点病院をはじめ地域医療を支える病院の医師不足が深刻化した結果、 病院勤務医の過重労働で医師が退職し、更に医師不足が加速するという悪循環となっており、大分県でも医師確保は県政推進の重要課題となっている。
○ 地域中核病院では専門性を有する医師や総合診療能力を有する医師が求められている。
○小児科、産婦人科の医師不足が顕著。
これらの科目で転職をお考えの先生はこの地域でのお仕事も選択肢の一つにしてもらうのはどうだろうか。

[今後の施策]
○ 自治医科大学に加え、大分大学医学部地域枠制度により、将来の地域医療を担う医師を養成。
○ 大分大学と連携し、豊後大野市民病院内に「地域医療研究研修センター」を設置。医学生や研修医の地域医療現場での教育研修を充実させると共に、 平成23年度に設置した「地域医療支援センター」において、若手医師の指導的立場となる中堅医師などの地域医療を担う医師のキャリア形成支援をはじめ、 医師及び医学生への情報発信や相談支援を行っている。
◯自治医科大学卒業医師及び地域枠卒業医師については、地域医療支援センターと一体となって、総合診療能力に加え、 専門性を有する事ができるようにキャリア形成を支援しながら、僻地の医師不足の医療機関へ派遣。医師の育成・県内定着を推進。
○ 地域中核病院の勤務医の専門性向上を目的に技術修得の為の研修支援制度や後期研修医に対する研修資金貸与制度により、地域における医師確保を支援。
○ 医学生を対象とした臨床研修病院の合同説明会を開催。県外在住の大分県出身医師や定年等で退職した医師に対しても、 県営の無料職業紹介所「ドクターバンクおおいた」の就職斡旋や地域医療支援センターでの相談、支援などにより、地域医療機関の医師確保に努める。
○ 小児科・産婦人科については、大分大学と連携して、指導体制の構築を図ると共に後期研修医に対する研修資金の貸与や、 病床過剰地域であっても、小児科医・産婦人科医の少ない地域では、有床診療所の開設等を可能とする大分県独自の審査基準の適用などにより 医師確保対策を推進。

大分県の医師需給状況 平成24年12月末

○医療施設に従事する医師数:3,040人(男性医師2,509人、女性医師531人)
人口10万対医師数:256.5人(全国平均226.5人)
○医師数 全国15位(人口10万対)

2次保険医療圏ごとの医師需給、病院分布の状況

※病院数は平成24年10月、医師数は平成23年12月末時点)

2次保健医療圏域名

1.東部医療圏:人口21.8万人(別府市、杵築市、国東市、姫島村、日出町)

医師数:勤務医数702人、人口10万対319人、対全国平均129.5% 医師数は潤沢
病院数35施設

▼大分県・東部医療圏の2次医療圏詳細(病院一覧)35病院


【別府市】25病院
・独立行政法人国立病院機構 別府医療センター(一般460床)
・独立行政法人国立病院機構 西別府病院(一般300床)
・国家公務員共済組合連合会 新別府病院(一般269床)
・大分県厚生連 鶴見病院(一般226床)
・医療法人野口病院(一般120床)
・医療法人恵愛会 中村病院(一般106床)
・九州大学病院別府病院(一般104床)
・医療法人博愛会 別府中央病院(一般90床)
・特定医療法人社団春日会 黒木記念病院(一般60床)
・社会福祉法人 別府発達医療センター(一般60床)
・医療法人別府玄々堂 別府湾腎泌尿器病院(一般60床)
・医療法人百善会 村橋病院(一般50床)
・医療法人社団仁泉会 畑病院(一般43床)
・医療法人平成会 山口病院(一般41床)
・医療法人聡明会 児玉病院(一般41床)
・医療法人博慈会 内田病院(一般40床)
・医療法人顕秀会 石垣病院(一般40床)
・医療法人清栄会 清瀬病院(一般40床)
・医療法人洗心会 別府温泉病院(一般36床)
・医療法人慈愛会 向井病院
・農協共済別府リハビリテーションセンター
・医療法人山本記念会 山本病院
・鶴見台病院
・医療法人寺岡会 朝見病院
・医療法人財団親幸会 浜脇記念病院

【国東市】3病院
・国東市民病院(一般154床)
・医療法人メディケアアライアンス あおぞら病院(一般54床)
・医療法人二豊会 国見病院

【杵築市】4病院
・杵築市立山香病院(一般120床)
・医療法人恵友会杵築中央病院(一般60床)
・医療法人オレンジ会 杵築オレンジ病院
・医療法人博愛会 やまが博愛病院

【速見郡日出町】3病院
・特定医療法人瑞木会 日出児玉病院(一般56床)
・医療法人平成会 サンライズ酒井病院(一般50床)
・医療法人久寿会 鈴木病院(一般40床)

2.中部医療圏:人口57.1万人(大分市、臼杵市、津久見市、由布市)

医師数:勤務医数1,768人、人口10万対310人、対全国平均122.0% 医師数は潤沢
病院数62施設

▼大分県・中部医療圏の2次医療圏詳細(病院一覧)62病院


【由布市】4病院
・大分大学医学部附属病院(一般588床)
・独立行政法人地域医療機能推進機構 湯布院病院(一般162床)
・日野病院(一般60床)
・岩男病院

【大分市】53病院
・大分県立病院(一般566床)
・大分市医師会立アルメイダ病院(一般406床)
・大分赤十字病院(一般340床)
・独立行政法人国立病院機構 大分医療センター(一般300床)
・社会医療法人恵愛会 大分中村病院(一般260床)
・大分岡病院(一般224床)
・社会医療法人財団天心堂 へつぎ病院(一般188床)
・大分三愛メディカルセンター(一般179床)
・大分健生病院(一般130床)
・永冨脳神経外科病院(一般122床)
・大分循環器病院(一般99床)
・医療法人八宏会 有田胃腸病院(一般94床)
・大分東部病院(一般84床)
・大分整形外科病院(一般76床)
・明野中央病院(一般75床)
・大分共立病院(一般73床)
・オアシス第二病院(一般72床)
・今村病院(一般60床)
・大分泌尿器科病院(一般60床)
・医療法人社団三杏会 仁医会病院(一般60床)
・医療法人社団親和会 えとう内科病院(一般58床)
・井野辺病院(一般52床)
・大分記念病院(一般49床)
・社会医療法人関愛会 佐賀関病院(一般49床)
・医療法人慈善会 膳所病院(一般48床)
・永冨記念病院(一般48床)
・だいかく病院(一般45床)
・諏訪の杜病院(一般45床)
・オアシス第一病院(一般45床)
・医療法人いつわ会 藤島病院(一般43床)
・大分県勤労者医療生活協同組合 大分協和病院(一般40床)
・小深田消化器病院(一般40床)
・大川産婦人科病院(一般40床)
・大分こども病院(一般40床)
・河野脳神経外科病院(一般40床)
・織部病院(一般36床)
・塚川第一病院(一般25床)
・大分ゆふみ病院(一般24床)
・社会医療法人関愛会 坂ノ市病院(一般20床)
・大分下郡病院
・佐藤病院
・城東病院
・タキオ保養院
・医療法人社団親和会 衛藤病院
・リバーサイド病院
・緑ケ丘保養園
・仲宗根病院
・大分丘の上病院
・渕野病院
・医療法人ライフサポート 明和記念病院
・博愛病院
・整形外科 八木病院
・帆秋病院

【臼杵市】4病院
・臼杵市医師会立コスモス病院(一般198床)
・恵の聖母の家(一般74床)
・白川病院
・城下町病院

【津久見市】1病院
・津久見市医師会立津久見中央病院(一般120床)

3.南部医療圏:人口7.6万人(佐伯市)

医師数:勤務医数170人、人口10万対221人、対全国平均87.0% 医師数は不足
病院数8施設

▼大分県・南部医療圏の2次医療圏詳細(病院一覧)8病院


【佐伯市】
・独立行政法人地域医療機能推進機構南海医療センター(一般256床)
・西田病院(一般167床)
・社会医療法人長門莫記念会 長門記念病院(一般150床)
・佐伯中央病院(一般91床)
・曽根病院(一般72床)
・渡町台外科病院(一般50床)
・御手洗病院(一般45床)
・佐伯保養院

4.豊肥医療圏:人口6.3万人(竹田市、豊後大野市)

医師数:勤務医数133人、人口10万対209人、対全国平均82.0% 医師数は不足
病院数7施設

▼大分県・豊肥医療圏の2次医療圏詳細(病院一覧)7病院


【豊後大野市】4病院
・豊後大野市民病院(一般156床)
・帰巖会 みえ病院(一般70床)
・福島病院(一般60床)
・みえ記念病院(一般40床)

【竹田市】3病院
・大久保病院(一般90床)
・竹田医師会病院(一般84床)
・加藤病院

5.西部医療圏:人口9.7万人(日田市、九重町、玖珠町)

医師数:勤務医数220人、人口10万対223人、対全国平均87.8% 医師数は不足
病院数20施設

▼大分県・日田医療圏の2次医療圏詳細(病院一覧)20病院


【日田市】17病院
・大分県済生会日田病院(一般200床)
・日田中央病院(一般85床)
・医療法人社団知心会 一ノ宮脳神経外科病院(一般80床)
・五反田病院(一般66床)
・医療法人豊堂 岩尾整形外科病院(一般60床)
・医療法人鶴陽会 岩尾病院(一般48床)
・特定医療法人聖陵会 聖陵岩里病院(一般47床)
・医療法人秋芳会 秋吉病院(一般40床)
・医療法人愛幸会 原病院(一般21床)
・医療法人至誠会 城谷病院
・医療法人社団淡窓会 大分友愛病院
・奥村日田病院
・医療法人百花会 上野公園病院
・桂林病院
・医療法人悠然会 大河原病院
・医療法人秋水堂 若宮病院
・日田リハビリテーション病院

【玖珠郡玖珠町】3病院
・医療法人順榮会 玖珠記念病院(一般48床)
・高田病院(一般40床)
・小中病院(一般39床)

6.北部医療圏:人口16.7万人(中津市、豊後高田市、宇佐市)

医師数:勤務医数365人、人口10万対218人、対全国平均85.8% 医師数は不足
病院数24施設

▼大分県・北部医療圏の2次医療圏詳細(病院一覧)24病院


【中津市】11病院
・中津市立中津市民病院(一般250床)
・中津第一病院(一般126床)
・中津胃腸病院(一般112床)
・川嶌整形外科病院(一般93床)
・梶原病院(一般90床)
・中津脳神経外科病院(一般55床)
・酒井病院(一般50床)
・医療法人三光会 松永循環器病院(一般45床)
・つくし園(一般40床)
・村上記念病院(一般36床)
・向心会 大貞病院

【宇佐市】10病院
・宇佐高田医師会病院(一般106床)
・佐藤第一病院(一般90床)
・轟木整形外科病院(一般50床)
・宇佐中央内科病院(一般48床)
・医療法人中庸会 宇佐胃腸病院(一般40床)
・医療法人信和会 和田病院(一般33床)
・小野内科病院(一般30床)
・医療法人興仁会 桑尾病院
・佐藤第二病院
・宇佐病院

【豊後高田市】3病院
・高田中央病院(一般87床)
・医療法人玄々堂高田病院(一般46床)
・千嶋病院

大分県での医師転職についてのアドバイス

大分県と言えば多くの人が真っ先にイメージするのがやはり温泉であろう。 大分県は温泉の源泉数(4,538ヶ所)、湧出量(毎分291,340L)共に日本一の温泉県である。 特に別府温泉、湯布院(由布院)温泉は全国区の知名度を誇る。豊かな温泉の恵みは地熱発電、栽培、養殖、美容、医療の分野にも活用されている。
大分県の県庁所在地・大分市の玄関口JR大分駅前には戦国時代のキリシタン大名・大友宗麟の銅像があり、 ここが豊後の国の中心だった(現在でも府内呼ばれている)事を偲ばせる。

大分県には新幹線は無いものの、空路では大分空港が国東半島の東端にあり、大分空港から大分市内へは空港バスで、 国東半島から途中、別府市内(所要約45分、料金1,500円)を経て大分駅までは約65分(料金1,550円)となっている。
2009年までは国内唯一のホバークラフトが海の上を滑るように別府湾を横切り、約25分で大分空港と大分市内を結んでいたが残念ながら現在は廃止されている。

車では大分空港道路、大分自動車道、別大国道の6車線への拡幅、日出バイパスなどが整備されており、 大分県内各地からから空港へのアクセスは便利になっている。

海上輸送も大阪・神戸や山口県、愛媛県など各地と結ばれており、定期旅客航路としては、周防灘フェリー(竹田津港-山口県・徳山港)、 フェリーさんふらわあ(別府港-大阪港、大分港-神戸港)、宇和島運輸(別府港-愛媛県・八幡浜港、臼杵港-愛媛県・八幡浜港)、 国道九四フェリー(佐賀関港-愛媛県・三崎港)などがある。 特に国道九四フェリーは大分と愛媛県の佐多岬半島を僅か70分で結んでおり(九州・四国間の最短航路31km)、 条件次第では愛媛⇔大分を行き来してのバイトや通勤も可能かもしれない。それらの内容も転職や、求人をお探しの際の検討材料に含めてはいかがだろうか。

大分の名所としては、上記の「別府温泉」や「湯布院(由布院)温泉」などの温泉地の他、 ニホンザルで有名な「高崎山」や日本三大奇勝・新日本三景のひとつ「耶馬溪」、そして「宇佐神宮」、「臼杵磨崖仏」、「富貴寺」などの国宝がある。
大分は海の幸も魅力で、「関さば」、「関あじ」、「城下カレイ」など実に美味しい。
カボスや椎茸は大分の特産品として名高く、正月のお節料理で珍重される干し椎茸の「どんこ」も大分の名産品。
大分県出身の著名人としては、中津出身の福沢諭吉や元総理大臣の村山富市、歌手では南こうせつや伊勢正三(かぐや姫)が国東の出身。

スポーツではサッカーJリーグの大分トリニータが本拠地を置いており、マラソンの別府大分毎日マラソンも有名。

教育面においては、大分県立上野丘高校や大分県立舞鶴高校などが地元・大分大学医学部をはじめとした医学部や難関大学への進学実績が高い。

大分市内や別府市内は医療水準も高く急性期医療が集積しており医局派遣などで医師数は充足している施設が多いが、 市中病院や療養型施設では医師の求人ニーズが恒常的に見られるところもあり、また、中津や宇佐など県北部、 日田など県西部のエリアでも医師の求人を積極的に行っている医療機関もあるので大分県での転職やバイトをお考えの先生は 一度気軽にご相談をいただければと思う。大分県の医師求人案件の中から、転職をご希望される先生の条件に合った募集案件をご紹介いたします。

大分県の最新医師求人情報 PICK UP

医療法人社団親和会 衛藤病院

NEW! 2019/01/25更新

医療法人社団親和会 衛藤病院(大分市)一般内科医師求人募集(常勤)

所在地
大分県大分市
募集科目
常勤一般内科, 一般内科の常勤医師を募集します。
▶訪問診療のご相談可
給与
常勤年俸 1,600万円

>この求人を見る


医療法人社団親和会 衛藤病院

NEW! 2019/01/25更新

医療法人社団親和会 衛藤病院(大分市)精神科医師求人募集(常勤)

所在地
大分県大分市
募集科目
常勤心療内科・精神科, 精神科の常勤医師を募集します。
▶年収1,800万円以上提示可能 ▶他科からの転科可能
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


社会医療法人恵愛会 大分中村病院

NEW! 2019/01/16更新

社会医療法人恵愛会 大分中村病院(大分県大分市)総合診療科(新設)医師求人募集(常勤)

所在地
大分県大分市大手町3丁目2−43
募集科目
常勤一般内科, ▶総合診療科医師を募集します(総合診療科の新設)。
▶これまで専門診療科をお持ちで、新たに総合診療科として勤務したい、将来開業をお考えの先生で、診療領域を広げ、地域の医療機関・介護施設との連携を深めていきたい先生も歓迎しています。
▶今後のキャリアにあわせて、他の診療科(例・ある程度手術もしたい場合など:消化器外科兼総合診療科)等も可能です。
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医師の平均給与・平均年収

診療科目別平均給与・平均年収

診療科目別医師転職求人検索

新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録