滋賀県で探す

滋賀県の最新医師求人情報 PICK UP

医療法人 恭昭会 彦根中央病院

2016/01/28更新

医療法人恭昭会彦根中央病院(滋賀県彦根市)眼科医師募集(常勤)

所在地
滋賀県彦根市
募集科目
常勤眼科
給与
常勤年俸 1,500万円

>この求人を見る


医療法人 恭昭会 彦根中央病院

2016/01/28更新

医療法人恭昭会彦根中央病院(滋賀県彦根市)整形外科医師募集(常勤)

所在地
滋賀県彦根市
募集科目
常勤整形外科
給与
常勤年俸 1,500万円

>この求人を見る


医療法人 恭昭会 彦根中央病院

2016/01/28更新

医療法人恭昭会彦根中央病院(滋賀県彦根市)脳神経外科医師募集(常勤)

所在地
滋賀県彦根市
募集科目
常勤脳神経外科
給与
常勤年俸 1,500万円

>この求人を見る


滋賀県の医師転職マーケット

滋賀県の医師数(医療機関勤務医数、人口10万対)は、204.7人(H24年度)と全国平均(226.5人)をやや割り込んでいる。医師の総数は3,048人。
滋賀県は滋賀医科大学が地元への医師の供給を担っているが、京大や府立医大、福井大などの医局人事に依存している医療機関も存在する。
琵琶湖が県の真ん中にあり、琵琶湖を挟んで湖西と湖東、湖南、県南部の甲賀、更に湖北へと医療圏が分散しており、大津市周辺以外は多くの地域で医師が不足しており医師求人のニーズが様々な診療科目で存在する。ゆえに医師の募集案件も少なくないといえる。滋賀県で転職のお考えの先生はぜひお声掛けいただきたい。先生の希望に合った募集案件を紹介いたします。
滋賀県の人口は142万人で沖縄県に次いで全国26位。
病院数は59施設。隣接する4県を見てみると三重県102、岐阜県103、京都府173、福井県72となっている。人口10万対病院数では滋賀県は4.2施設、三重県は5.5施設、岐阜県5.0、京都府6.6、福井県9.0、東京都4.8、全国平均6.7施設と比較してかなり少なくなっている。

滋賀県の医師の平均年収

滋賀県の医師の平均年収を、平均年齢・平均勤続年数と合わせて見てみよう。
滋賀県で医師求人情報をお探しの際に参考にして頂ければと思います。

男女計 男性医師 女性医師
平均年収 14,444.2千円 15,229.3千円 11,722.6千円
平均年齢 44.1歳 46.1歳 37.3歳
平均勤続年数 5.1年 5.4年 4.4年

滋賀県の医療行政と医療機関の特徴

滋賀県のがん治療中核病院を中心に見てみよう。

‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏
2次医療圏‏がん診療拠点病院
★は都道府県がん診療連携拠点病院

大津保険医療圏:
人34万人(大津市)
・大津赤十字病院
・滋賀医科大学医学部附属病院
・大津市民病院‏
‏湖南保険医療圏:
人口32万人(草津市、守山市、栗東市、野洲市)
‏★滋賀県立成人病センター‏・草津総合病院
・済生会滋賀県病院
甲賀保険医療圏:
人口15万人(甲賀市、湖南市)
‏公立甲賀病院
‏東近江保険医療圏:
人口23万人(近江八幡市、東近江市、安土町、日野町、竜王町)

・近江八幡市立総合医療センター
・東近江総合医療センター(旧滋賀病院)‏
‏湖東保険医療圏:
人口16万人(彦根市、愛荘町、豊郷町、甲良町、多賀町)
‏・彦根市立病院
‏湖北保険医療圏:
人口16万人(長浜市、米原市、虎姫町、湖北町、高月町、木之本町、余呉町、西浅井町)
‏・市立長浜病院・長浜赤十字病院‏
‏湖西保険医療圏:
人口5万人(高島市)


○ 滋賀県は琵琶湖を擁する内陸県で、東に岐阜県、南東に三重県、北に福井県、西に京都府とそれぞれ隣接している。
面積は4,017km2(長崎県に次ぐ全国38位の広さ)で、人口は約142万人(全国26位)。

○ 県庁所在地・大津市は人口34万人。国から中核市に指定されている。

○ 滋賀県の医療機関(病院)数は、一般病院52、精神科病院7の合計59施設となっている。(平成25年度)

滋賀県の医療政策の現状

滋賀県では下記のような施策で医師確保に取り組んでいる。
(1)医師確保システムの構築
・地域医療対策協議会の設置
・滋賀県医師キャリアサポートセンターの設置
・医師確保支援センターの発展的拡大
・県内出身医学生への働きかけ
・滋賀医大地域里親制度(NPO滋賀医療人育成協力機構)への支援
・大学寄付講座の設置等
(2)魅力ある病院づくり医師研修制度の充実
・初期研修の充実
・指導医の育成
・研修医・若手医師フォーラム
・後期研修の充実
・専門研修プログラムの作成(滋賀医大等)
(3)女性医師の働きやすい環境づくり
・女性医師職場復帰研修支援事業
・女性医師臨床復帰奨励事業
・女性医師離職防止事業
・子育て医師のためのベビーシッター費用補助
(4)積極的な医師の養成
・特定科医学生・臨床研修医・専門研修医貸付金
(産科、小児科、麻酔科、精神科)
・医師養成医学生奨学金
・滋賀医大地域推薦枠(18名)・・滋賀医大独自事業
(5)働く意欲を引き出す職場環境づくり
・加重負担の軽減対策
(6)県民理解の促進
・上手な受診の仕方等の啓発フォーラム

滋賀県の医師需給状況平成24年12月末

○医療施設に従事する医師数:2,896人(男性医師2,346人、女性医師550人)
人口10万対医師数:204.7人(全国平均226.5人)

2次保険医療圏ごとの医師需給の状況

※病院数は平成24年10月、医師数(常勤換算)は平成24年12月末時点)

2次保険医療圏ごとの医師需給の状況

1.大津

医師数:人口10万対269.6人、対全国平均172.7% 医師数は潤沢(過剰?)
大津保険医療圏:人口34万人(大津市)
病院数15施設

▼滋賀県・大津医療圏の2次医療圏詳細


【大津市】
・大津赤十字病院(一般784床)
・滋賀医科大学医学部附属病院(一般569床)
・市立大津市民病院(一般433床)
・独立行政法人地域医療機能推進機構 滋賀病院(一般288床)
・医療法人弘英会 琵琶湖大橋病院(一般147床)
・大津赤十字志賀病院(一般100床)
・医療法人華頂会 琵琶湖養育院病院(一般44床)
・山田整形外科病院(40床)
・打出病院(一般21床)
・医療法人明和会 琵琶湖病院
・医療法人社団 瀬田川病院
・医療法人藤樹会 滋賀里病院
・医療法人 堅田病院
・医療法人幸生会 琵琶湖中央病院
・医療法人良善会 ひかり病院

2.湖南

医師数:人口10万対132.2人、対全国平均84.7% 医師数は不足
湖南保険医療圏:人口32万人(草津市、守山市、栗東市、野洲市)
病院数14施設

▼滋賀県・湖南医療圏の2次医療圏詳細


【守山市】
・滋賀県立成人病センター(一般535床)
・守山市民病院(一般111床)
・滋賀県立小児保健医療センター(一般100床)

【草津市】
・社会医療法人誠光会 草津総合病院(一般520床)
・医療法人徳洲会 近江草津徳洲会病院(一般155床)
・びわこ学園医療福祉センター草津(一般122床)
・医療法人芙蓉会 南草津病院(一般42床)
・南草津野村病院(38床)
・滋賀県立精神医療センター

【栗東市】
・社会福祉法人恩賜財団 済生会滋賀県病院(一般387床)
・医療法人社団 瀬田川病院

【野洲市】
・医療法人社団御上会 野洲病院(一般199床)
・びわこ学園医療福祉センター野洲(一般102床)
・湖南病院

3.甲賀

医師数:人口10万対91.5人、対全国平均58.6% 医師数は著しく不足
甲賀保険医療圏:人口15万人(甲賀市、湖南市)
病院数7施設

▼滋賀県・甲賀医療圏の2次医療圏詳細


【甲賀市】
・公立甲賀病院(一般409床)
・独立行政法人国立病院機構 紫香楽病院(一般180床)
・医療法人社団仁生会 甲南病院(一般100床)
・甲賀市立 信楽中央病院(一般40床)
・一般社団法人 水口病院

【湖南市】
・医療法人社団美松会 生田病院(一般99床)
・医療法人社団阿星会 甲西リハビリ病院

4.東近江

医師数:人口10万対118.8人、対全国平均76.1%)医師数は不足
東近江保険医療圏:人口23万人(近江八幡市、東近江市、安土町、日野町、竜王町)
病院数11施設

▼滋賀県・東近江医療圏の2次医療圏詳細


【近江八幡市】
・近江八幡市立総合医療センター(一般403床)
・ヴォーリズ記念病院(一般66床)
・公益財団法人青樹会 滋賀八幡病院

【東近江市】
・独立行政法人国立病院機構 東近江総合医療センター(一般304床)
・医療法人医誠会 神崎中央病院(一般162床)
・医療法人社団昴会 湖東記念病院(一般129床)
・東近江市立 能登川病院(一般102床)
・東近江敬愛病院(608床)
・医療法人社団幸信会 青葉病院
・医療法人恒仁会 近江温泉病院

【蒲生郡日野町】
・医療法人社団昴会 日野記念病院(一般110床)

5.湖東

医師数:人口10万対89.9人、対全国平均57.6% 医師数は著しく不足
湖東保険医療圏:人口16万人(彦根市、愛荘町、豊郷町、甲良町、多賀町)
病院数4施設

▼滋賀県・湖東医療圏の2次医療圏詳細


【彦根市】
・彦根市立病院(一般424床)
・彦根中央病院(一般190床)
・医療法人友仁会 友仁山崎病院(一般100床)

【犬上郡豊郷町】
・公益財団法人 豊郷病院(一般186床)

6.湖北

医師数:人口10万対119.5人、対全国平均76.5% 医師数は著しく不足
湖北保険医療圏:人口16万人(長浜市、米原市、虎姫町、湖北町、高月町、木之本町、余呉町、西浅井町)
病院数4施設

▼滋賀県・湖北医療圏の2次医療圏詳細


【長浜市】
・市立長浜病院(一般496床)
・長浜赤十字病院(一般430床)
・長浜市立湖北病院(一般96床)
・セフィロト病院

7.湖西

医師数:人口10万対98.5人、対全国平均63.1% 医師数は著しく不足
湖西保険医療圏:人口5万人(高島市)
病院数3施設

▼滋賀県・湖北医療圏の2次医療圏詳細


【高島市】
・高島市民病院(一般206床)
・医療法人 マキノ病院(一般60床)
・一般財団法人近江愛隣園 今津病院(一般40床)

滋賀県での医師転職についてのアドバイス

滋賀県は京都・大阪からのアクセスが良く、住宅価格や物価もリーズナブルで暮らしやすいという理由から近年人口が増えている県である。
県の真ん中に琵琶湖がある為、医療圏も広域に広がっており地域間格差が大きい。
県庁所在地で滋賀医大病院もある大津市にやはり医師は集中しており、大津以外の地域は医師がなかなか集まらない状況が続いている。その他の医師の求人ニーズは低くないと言える。滋賀県へ転職をお考えの先生はぜひ気軽に連絡をいただきたいと思う。

琵琶湖の西(湖西エリア)はJR湖西線が福井方面へと続くが本数も少なく交通アクセスはあまり良くない。北へ向かうにしたがって高齢化や過疎化が進んでいる。
一方で琵琶湖の東側(湖東)はJR東海道線が本数も多く在来線の新快速で京都や大阪へ通う人も多くベッドタウンとして草津駅、南草津駅周辺はマンション開発が進み活気がある。

彦根や長浜は歴史上重要な役割を果たしてきた城下町で、それぞれ地域の中心都市として落ち着いた佇まいを見せている。この辺りは福井県や岐阜県と地理的に近くなる為、京都・大阪からの距離は遠くなり、文化的にも少し独自性が感じられる。また、冬は比較的積雪がある地域になる。

教育面においては、滋賀県では膳所高校、石山高校、守山高校などの公立高の他、京都の洛星や洛南への通学も可能で医学部や難関大学への進学実績が高い学校も通学圏内に揃っている。

滋賀県での転職やバイトをお考えの先生は一度お気軽にご相談をいただければと思う。滋賀県の医師求人案件の中から、転職をご希望される先生の条件に合った募集案件をご紹介いたします。

滋賀県の最新医師求人情報 PICK UP

医療法人 恭昭会 彦根中央病院

2016/01/28更新

医療法人恭昭会彦根中央病院(滋賀県彦根市)眼科医師募集(常勤)

所在地
滋賀県彦根市
募集科目
常勤眼科
給与
常勤年俸 1,500万円

>この求人を見る


医療法人 恭昭会 彦根中央病院

2016/01/28更新

医療法人恭昭会彦根中央病院(滋賀県彦根市)整形外科医師募集(常勤)

所在地
滋賀県彦根市
募集科目
常勤整形外科
給与
常勤年俸 1,500万円

>この求人を見る


医療法人 恭昭会 彦根中央病院

2016/01/28更新

医療法人恭昭会彦根中央病院(滋賀県彦根市)脳神経外科医師募集(常勤)

所在地
滋賀県彦根市
募集科目
常勤脳神経外科
給与
常勤年俸 1,500万円

>この求人を見る


医師の平均給与・平均年収

診療科目別平均給与・平均年収

診療科目別医師転職求人検索

新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録