新潟県で探す

新潟県の最新医師求人情報 PICK UP

上越地域医療センター病院

2018/04/03更新

上越地域医療センター病院(新潟県上越市)総合診療科医師求人募集(常勤)

所在地
新潟県上越市
募集科目
常勤総合診療科
給与
常勤年俸 2,200万円

>この求人を見る


社会福祉法人恩賜財団済生会支部 新潟県済生会三条病院

2018/05/28更新

社会福祉法人恩賜財団済生会支部 新潟県済生会三条病院(新潟県三条市)耳鼻咽喉科医師求人募集(常勤)

所在地
新潟県三条市大野畑
募集科目
常勤耳鼻咽喉科・頭頚部外科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


社会福祉法人恩賜財団済生会支部 新潟県済生会三条病院

2018/05/29更新

社会福祉法人恩賜財団済生会支部 新潟県済生会三条病院(新潟県三条市)内科系医師求人募集(常勤)

所在地
新潟県三条市大野畑
募集科目
常勤一般内科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


新潟県の医師転職マーケット

新潟県の医師数(医療機関勤務医数、人口10万対)は、182.1人(H24年度)と全国平均(226.5人)を大きく下回っている。
新潟県の人口は231万人で宮城県に次いで全国15位。
病院数は131で長野県と同数、福島県130など隣接する県と病院数は同程度となっている。人口10万対病院数では5.6施設と長野県6.1施設、福島県6.6施設東京都4.8施設、全国平均6.7施設と比較して少ない数字となっている。
新潟県には新潟大学に医学部が設置されており医師養成と県内医療の中核的役割を担っている。

新潟県の医師の平均年収

新潟県の医師の平均年収を、平均年齢・平均勤続年数と合わせて見てみよう。
新潟県で医師求人情報をお探しの際に参考にして頂ければと思います。

男女計 男性医師 女性医師
平均年収 13,701.3千円 14,747.3千円 9,557.4千円
平均年齢 41.1歳 42.6歳 35歳
平均勤続年数 4.1年 4.4年 2.9年

新潟県の医療行政と医療機関の特徴

新潟県のがん治療中核病院を中心に見てみよう。

‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏
‏2次医療圏‏新潟県がん治療指定医療機関‏がん診療拠点病院
★は都道府県がん診療連携拠点病院
‏下越保険医療圏:
人口22万人(村上市、新発田市、胎内市、関川村、粟島浦村、聖籠町)

・新潟県立新発田病院
佐渡保険医療圏:
人口6万人(高崎市、安中市)


新潟保険医療圏:
人口93万人(新潟市、阿賀野市、五泉市、阿賀町)

★新潟県立がんセンター新潟病院
・新潟市民病院
・新潟大学医歯学総合病院
・済生会新潟第二病院
県央保険医療圏:
人口23万人(三条市、加茂市、燕市、弥彦村、田上町)


中越保険医療圏:
人口43万人(長岡市、柏崎市、見附市、出雲崎町、刈羽村)
‏・立川総合病院
・柏崎総合医療センター
・新潟厚生連長岡中央綜合病院
・長岡赤十字病院
‏魚沼保険医療圏:
人口22万人(小千谷市※、魚沼市、南魚沼市、十日町市、湯沢町、津南町)
※小千谷市はH25.4より中越へ帰属変更となっている。


上越保険医療圏:
人口29万人(上越市、妙高市、糸魚川市)
‏・上越総合病院・新潟県立中央病院
・新潟労災病院
  1. 新潟県は本州の日本海側に位置し山形県、福島県、長野県、富山県、群馬県と隣接している。
    面積は12,584km2(長野県に次ぐ全国5位の広さ)で、人口約231万人(全国15位)。
  2. 県庁所在地・新潟市は人口81万人の政令指定都市。
  3. 新潟県の医療機関(病院)数は、一般病院111、精神科病院20の合計131施設となっている。(平成25年度)

新潟県の医療政策の現状

豪雪地帯の過疎地や山間部で医師不足地域を多く抱える新潟県の医師確保対策を見てみると、「新潟県ドクターバンク」で県を挙げて県内医療機関の医師確保に力を注いでおり、また「救急勤務医支援事業」、「産科医等育成・確保支援事業」等により、過酷な勤務状況にある救急医や産科医の処遇改善等を図っている。

  1. 新潟県の平成22 年末現在における人口10 万人当たり医師数は191.2 人で、全国平均(230.4 人)と比較し約39 人少ない全国第42 位。全国との格差は広がる傾向にあり、医師の絶対数不足は深刻。転職をお考えの先生の希望の募集が
  2. 県内7保健医療圏の内、全国平均を上回るのは新潟圏域のみ。医師の地域偏在も深刻で医師不足地域における医療提供の充実が課題となっている。
  3. 医療の高度化や専門化等により、外科、産科・産婦人科、麻酔科などの人口10 万人当たり医師数は、それぞれ全国46 位、38 位、44 位と特定診療科の医師が不足。救急医療や出産などへの影響が懸念されている。
  4. 新潟県の人口当たり医師数が少ない原因は、医師養成機関である新潟大学医学部定員が人口に比べて大幅に少ないことが主な要因と考えられており、国に対して医学部の定員増の要望を継続してきた。その結果、平成19 年度には100 人であった新潟大学の入学定員は、平成 20 年度から段階的に増員が認められ、平成22 年度には25人増の125人となっている。
  5. 新臨床研修制度導入以後、減少した県内の臨床研修医については、県と新潟大学医歯学総合病院を含めた臨床研修病院で組織した「良医育成新潟県コンソーシアム」の活動により、増加に努めており、更なる増加に向けて医学部定員増に伴って今後増加してくる卒業生に対する効果的な情報発信や魅力ある研修環境の整備などが課題となっている。

新潟県の医師需給状況

○医療施設に従事する医師数:4,274人(男性医師3,568人、女性医師706人)
人口10万対医師数:182.1人(全国平均226.5人)

2次保険医療圏ごとの医師需給の状況

※病院数は平成30年10月、医師数は平成24年12月末時点)

2次保険医療圏ごとの医師需給の状況

    ●下越

    医師数:人口10万対156.2人、対全国平均71.3%)医師数は不足
    下越保険医療圏:人口22万人(村上市、新発田市、胎内市、関川村、粟島浦村、聖籠町)
    病院数17施設

    ▼新潟県/下越医療圏の2次医療圏詳細(病院一覧)17病院


    【新発田市】6病院
    ・新潟県立新発田病院(一般429床)
    ・新潟県立リウマチセンター(一般100床)
    ・北越病院(一般55床)
    ・竹内病院(一般30床)
    ・医療法人社団有心会 有田病院
    ・医療法人愛広会 豊浦病院

    【村上市】7病院
    ・JA新潟厚生連 村上総合病院(一般263床)
    ・新潟県立坂町病院(一般148床)
    ・山北徳洲会病院(一般60床)
    ・瀬波病院(一般46床)
    ・村上はまなす病院
    ・医療法人新光会 村上記念病院
    ・肴町病院

    【胎内市】2病院
    ・中条中央病院(一般90床)
    ・黒川病院

    【北蒲原郡聖籠町】2病院
    ・新潟聖籠病院(一般60床)
    ・新潟手の外科研究所病院(一般50床)

    ●佐渡

    医師数:人口10万対143.5人、対全国平均65.5%)医師数は不足
    佐渡保険医療圏:人口6万人(佐渡市)
    病院数6施設

    ▼新潟県/佐渡医療圏の2次医療圏詳細(病院一覧)6病院


    【佐渡市】6病院
    ・JA新潟厚生連 佐渡総合病院(一般350床)
    ・佐渡市立両津病院(一般60床)
    ・羽茂病院(一般45床)
    ・佐和田病院
    ・真野みずほ病院
    ・佐渡市立相川病院

    ●新潟

    医師数:人口10万対254.0人、対全国平均116.0%)医師数は潤沢
    新潟保険医療圏:人口93万人(新潟市、阿賀野市、五泉市、阿賀町)
    病院数49施設

    ▼新潟県/新潟医療圏の2次医療圏詳細(病院一覧)49病院


    【新潟市中央区】13病院
    ・新潟大学医歯学総合病院(一般763床)
    ・新潟市民病院(一般652床)
    ・新潟県立がんセンター新潟病院(一般450床)
    ・新潟中央病院(一般262床)
    ・新潟南病院(一般153床)
    ・猫山宮尾病院(一般66床)
    ・東新潟病院(一般55床)
    ・竹山病院(一般53床)
    ・社会医療法人新潟臨港保健会 新潟万代病院(一般52床)
    ・新潟県はまぐみ小児療育センター(一般50床)
    ・日本歯科大学医科病院(一般50床)
    ・総合リハビリテーションセンター・みどり病院(一般29床)
    ・とやの中央病院

    【新潟市西区】9病院
    ・済生会新潟第二病院(一般425床)
    ・独立行政法人国立病院機構 西新潟中央病院(一般370床)
    ・社会福祉法人新潟市社会事業協会 信楽園病院(一般325床)
    ・JA新潟厚生連 新潟医療センター(一般297床)
    ・新潟脳外科病院(一般120床)
    ・佐潟荘
    ・新潟信愛病院
    ・聖園病院
    ・黒埼病院

    【新潟市東区】5病院
    ・新潟医療生活協同組合 木戸病院(一般312床)
    ・社会医療法人桑名恵風会 桑名病院(一般178床)
    ・新潟臨港病院(一般150床)
    ・河渡病院
    ・末広橋病院

    【新潟市秋葉区】3病院
    ・下越病院(一般261床)
    ・新潟医療センター病院(一般126床)
    ・新津信愛病院

    【新潟市北区】4病院
    ・JA新潟厚生連 豊栄病院(一般199床)
    ・新潟リハビリテーション病院(一般108床)
    ・南浜病院
    ・松浜病院

    【新潟市江南区】2病院
    ・医療法人愛仁会 亀田第一病院(一般197床)
    ・椿田病院(一般44床)

    【阿賀野市】2病院
    ・あがの市民病院(一般196床)
    ・脳神経センター阿賀野病院(一般44床)

    【新潟市南区】3病院
    ・新潟白根総合病院(一般179床)
    ・白根大通病院(一般105床)
    ・白根緑ケ丘病院

    【五泉市】3病院
    ・南部郷総合病院(一般118床)
    ・南部郷厚生病院(一般70床)
    ・北日本脳神経外科病院(一般50床)

    【東蒲原郡阿賀町】1病院
    ・新潟県立津川病院(一般67床)

    【新潟市西蒲区(にしかんく)】4病院
    ・西蒲中央病院(一般46床)
    ・医療法人社団白美会 新潟西蒲メディカルセンター病院
    ・一般社団法人新潟県労働衛生医学協会附属 岩室リハビリテーション病院
    ・潟東けやき病院

    ●県央

    医師数:人口10万対133.9人、対全国平均61.1%)医師数は不足
    県央保険医療圏:人口23万人(三条市、加茂市、燕市、弥彦村、田上町)
    病院数10施設

    ▼新潟県/県央医療圏の2次医療圏詳細(病院一覧)10病院


    【燕市】2病院
    ・独立行政法人労働者健康安全機構 燕労災病院(一般249床)
    ・新潟県立吉田病院(一般199床)

    【三条市】7病院
    ・社会医療法人嵐陽会 三之町病院(一般210床)
    ・済生会三条病院(一般199床)
    ・JA新潟厚生連 三条総合病院(一般199床)
    ・富永草野病院(一般100床)
    ・三条東病院
    ・かもしか病院
    ・大島病院

    【加茂市】1病院
    ・新潟県立加茂病院(一般150床)

    ●中越

    医師数:人口10万対166.9人、対全国平均76.2%)医師数は不足
    中越保険医療圏:人口43万人(長岡市、柏崎市、見附市、出雲崎町、刈羽村)
    病院数17施設

    ▼新潟県/中越医療圏の2次医療圏詳細(病院一覧)17病院


    【長岡市】11病院
    ・長岡赤十字病院(一般607床)
    ・JA新潟厚生連 長岡中央綜合病院(一般531床)
    ・立川綜合病院(一般479床)
    ・悠遊健康村病院(一般151床)
    ・長岡療育園(一般145床)
    ・長岡西病院(一般120床)
    ・三島病院(一般59床)
    ・吉田病院(一般48床)
    ・長岡療育園
    ・新潟県立精神医療センター
    ・田宮病院

    【柏崎市】5病院
    ・JA新潟厚生連 柏崎総合医療センター(一般400床)
    ・独立行政法人国立病院機構 新潟病院(一般350床)
    ・柏崎厚生病院(一般60床)
    ・医療法人財団公仁会 柏崎中央病院(一般54床)
    ・関病院

    【見附市】1病院
    ・見附市立病院(一般94床)

    ●魚沼

    医師数:人口10万対122.1人、対全国平均55.8%)医師数は不足
    魚沼保険医療圏:人口22万人(小千谷市※、魚沼市、南魚沼市、十日町市、湯沢町、津南町)
    ※小千谷市はH25.4より中越へ帰属変更となっている。
    病院数15施設

    ▼新潟県/魚沼医療圏の2次医療圏詳細(病院一覧)15病院


    【南魚沼市】5病院
    ・新潟県地域医療推進機構 魚沼基幹病院(一般400床)
    ・南魚沼市民病院(一般140床)
    ・齋藤記念病院(一般50床)
    ・南魚沼市立ゆきぐに大和病院(一般40床)
    ・五日町病院

    【十日町市】4病院
    ・新潟県立十日町病院(一般275床)
    ・新潟県立松代病院(一般55床)
    ・一般財団法人 上村病院(一般45床)
    ・JA新潟厚生連 中条第二病院

    【小千谷市】2病院
    ・JA新潟厚生連 小千谷総合病院(一般250床)
    ・小千谷さくら病院(一般110床)

    【魚沼市】2病院
    ・国民健康保険魚沼市立小出病院(一般90床)
    ・ほんだ病院

    【中魚沼郡津南町】1病院
    ・町立津南病院(一般62床)

    【南魚沼郡湯沢町】1病院
    ・町立湯沢病院(一般40床)

    ●上越

    医師数:人口10万対155.7人、対全国平均71.1%)医師数は不足
    上越保険医療圏:人口29万人(上越市、妙高市、糸魚川市)
    病院数14施設

    ▼新潟県/上越医療圏の2次医療圏詳細(病院一覧)14病院


    【上越市】10病院
    ・新潟県立中央病院(一般524床)
    ・JA新潟厚生連 上越総合病院(一般318床)
    ・独立行政法人労働者健康安全機構 新潟労災病院(一般200床)
    ・独立行政法人国立病院機構 さいがた医療センター(一般162床)
    ・上越地域医療センター病院(一般142床)
    ・知命道病院(一般97床)
    ・新潟県立柿崎病院(一般55床)
    ・高田西城病院
    ・川室記念病院
    ・三交病院

    【糸魚川市】2病院
    ・JA新潟厚生連 糸魚川総合病院(一般261床)
    ・よしだ病院(一般60床)

    【妙高市】2病院
    ・JA新潟厚生連 けいなん総合病院(一般170床)
    ・新潟県立妙高病院(一般60床)

新潟県での医師転職についてのアドバイス

新潟県は北から順に「下越地区」(新潟市など)、「中越地区」(長岡市、柏崎市、越後湯沢など)、「上越地区」(上越市など)、それに「佐渡地区」(佐渡島)と4つのエリアに大別されるが、医師の求人件数が多いのは新潟市がある「下越」、続いて「中越」、「上越」、「佐渡」の順である。
新潟県で求人が多い科目としては、内科(一般内科、総合内科)、整形外科が圧倒的。
続いてニーズが多い順に、神経内科、外科、精神科、リハビリテーション科、麻酔科、脳神経外科、消化器内科、循環器内科、皮膚科、泌尿器科、小児科、消化器外科、産婦人科と続く。この様に多くの科目の求人募集がある。
都市部の基幹病院で臓器別に専門特化した医療に携わりたい医師も、或いは地域医療やへき地医療に興味のある医師も新潟県の多くの医療機関では県外からの医師の招聘に積極的なので新潟県での勤務を検討してみては如何だろうか。

新潟県は日本を代表する米どころのひとつ。魚沼産コシヒカリや日本酒の美味しさは新潟県の大きな魅力の一つ。
妙高や赤倉高原など雪質の良いスキー場も多い。上越地方は上杉謙信ゆかりの土地である。
スポーツではサッカーJリーグ「アルビレックス新潟」が本拠地を置いている。
教育面においては、新潟高校などが新潟大学医学部や難関大学への進学実績が高い。

新潟県での転職やバイトをお考えの先生は一度お気軽にご相談をいただければと思う。新潟県の医師求人案件の中から、転職をご希望される先生の条件に合った募集案件をご紹介いたします。

新潟県の最新医師求人情報 PICK UP

上越地域医療センター病院

2018/04/03更新

上越地域医療センター病院(新潟県上越市)総合診療科医師求人募集(常勤)

所在地
新潟県上越市
募集科目
常勤総合診療科
給与
常勤年俸 2,200万円

>この求人を見る


社会福祉法人恩賜財団済生会支部 新潟県済生会三条病院

2018/05/28更新

社会福祉法人恩賜財団済生会支部 新潟県済生会三条病院(新潟県三条市)耳鼻咽喉科医師求人募集(常勤)

所在地
新潟県三条市大野畑
募集科目
常勤耳鼻咽喉科・頭頚部外科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


社会福祉法人恩賜財団済生会支部 新潟県済生会三条病院

2018/05/29更新

社会福祉法人恩賜財団済生会支部 新潟県済生会三条病院(新潟県三条市)内科系医師求人募集(常勤)

所在地
新潟県三条市大野畑
募集科目
常勤一般内科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医師の平均給与・平均年収

診療科目別平均給与・平均年収

診療科目別医師転職求人検索

新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録