脳神経外科の最新求人情報 PICK UP

医療法人社団協友会 彩の国東大宮メディカルセンター

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団協友会 彩の国東大宮メディカルセンター(埼玉県さいたま市北区)脳神経外科医師募集(常勤)

所在地
埼玉県さいたま市北区
募集科目
常勤脳神経外科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人社団協友会 東川口病院

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団協友会 東川口病院(埼玉県川口市)脳神経外科医師募集(常勤)

所在地
埼玉県川口市
募集科目
常勤脳神経外科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人社団 浦川会 勝田病院

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団 浦川会 勝田病院( 茨城県ひたちなか市)脳神経外科医師募集(常勤)

所在地
茨城県ひたちなか市
募集科目
常勤脳神経外科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


脳神経外科の医師が抱える悩みとは?脳神経外科の転職市場を考える

脳神経外科は、脳・脊髄・末梢神経とその付属器官(血管、骨筋肉等)の疾患に対して外科的治療を行う診療科である。脳に唯一メスを入れる事ができるのが脳神経外科医である。
外科の一分野であると共に神経学の一分野でもある。
CTやMRI、MRA、エコー等を使って脳の状態を検査し、脳血管障害(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血など)や脳腫瘍、頭部外傷などを外科的治療によってカバーする。
マイクロサージェリーによる開頭手術(クリッピング術)の他、カテーテルによる脳血管治療(コイル塞栓術)、抗がん剤治療、放射線治療(ガンマナイフ、PRSなど)等、脳神経外科領域では多くの先端的な治療が行われている。

外科志望の若手医師は2004年の新医師臨床研修制度(スーパーローテート)以降、減少傾向にあり、脳神経外科は特にその傾向が顕著な科目のひとつである。
臨床現場で必要とされる脳神経外科の医師数(必要医師数)は約1,000人も不足しており、実感としても脳神経外科医を求める医師求人募集の案件数は多い印象である。

脳神経外科の医師数と需給のバランス

急性期の病院では、脳神経外科医を確保して脳卒中などの救急対応を充実させる事により、入院患者の受入を増やし収益の増加を図りたいと考えている。後期研修医から指導医クラスの専門医まで幅広い年齢層の医師求人募集が見られる。
脳神経外科医を求める施設は急性期病院の他、
専門外来や人間ドック施設(脳ドック)、一般病院、クリニック、在宅医療(訪問診療)からの医師求人ニーズ(頭痛、めまい、脳震盪、脳梗塞、くも膜下出血など脳卒中の診療など)もある他、リハビリテーション病院など手術後の患者に対応するリハビリ医としてのニーズも高まっている。

脳神経外科の代表的な専門医制度である日本脳神経外科学会認定の脳神経外科専門医の状況を見てみると、

日本脳神経外科学会認定の脳神経外科専門医になる為には、

「日本脳神経外科学会専門医認定制度」
これまでは、訓練施設(脳神経外科専門医が2名以上常勤、年間100件以上の脳神経外科手術を有する施設)での研修で充分だったが、平成23年から卒後3年目研修を開始する医師については「研修プログラム(病院群)」で所定の訓練を受けて受験資格を満たすことが求められ、その後筆記試験と口頭試問に合格する必要がある。
「日本脳神経外科学会専門医生涯教育制度」
専門医資格を維持するためには、生涯学習を続ける必要がある。
これらの制度を維持するために「日本脳神経外科学会専門医認定委員会」と傘下の「卒後・カリキュラム委員会」「生涯教育委員会」が設置されており、概要は以下の通り。

専門医認定制度の概要

(1)受験資格

卒後臨床研修2年の後、研修プログラムで通算4年以上所定の研修が必要。この間少なくとも3年以上脳神経外科臨床に専従し、カリキュラム委員会が定める脳神経外科疾患の管理・手術経験の目標を満たすことが必須。卒後・カリキュラム委員会が資格審査を行う。

(2)専門医研修プログラム

研修プログラム(病院群)は年間400例以上の手術症例を有し、医師数・設備・指導体制等の基準を満たした基幹施設・研修施設・関連施設で構成される。日本脳神経外科学会subspecialty学会からの円滑な研修支援が得られている事が必要。プログラムの認定・更新・取り消しは専門医認定委員会が行う。

(3)指導医

指導医(専攻医を直接指導・評価する医師)は、個人の臨床・研究・教育の実績を勘案して卒後・カリキュラム教育委員会で審査され、5年毎に更新される。

(4)専門医試験

年1回、「筆記試験」と「口頭試問」が行われる。「筆記試験」では、脳神経外科疾患に関する計250の問題が出題され、専門的知識や判断力が問われる。その合格者が「口頭試問」に進むが、実際に治療された患者さんの症状、診断画像や手術中の写真・動画などが実例として計9例提示され、それぞれについて一問一答形式で診断、治療方針、手術の実際など、実地に即した診療能力が試験官によって問われる。
専門医試験の結果と試験問題の一部は学会ホームページ(会員専用ページの専門医制度関連)でも紹介されており、ここ数年の合格率は約70%で推移している。

専門医生涯教育制度の概要

脳神経外科専門医は、認定後も最新の知識と技術を学び続けることが義務づけられ、5年毎に資格を更新する必要が有る。生涯教育委員会では学習や研究活動を点数化した「クレジット(履修単位)登録制度」を採用して評価している。加えて、本学会学術総会および日本脳神経外科コングレス総会への出席、医療安全講習会の受講等が更新要件とされている。

対象

学会等への参加や発表

学術誌での論文発表

日米合同生涯教育プログラム(SANS)への参加

また、5年間の認定期間に最低1回、学会が認定する医療倫理、医療安全、医療事故、医事法制に関する研修を受講することが義務づけられている。

全国の脳神経外科専門医

全国で2013年9月現在、約7,200人の脳神経外科専門医が登録されている。

脳神経外科医の悩み相談の事例

日常的な長時間勤務と緊張の連続、体力的にも精神的にもしんどい。

体にメスを入れる行為は元々危険を伴うもの。しかし訴訟と逮捕のリスクを背負いながら仕事をしなければならない。

医師免許を取ってからの訓練期間が長い。10年以上もの下積み生活があって本当に大変。

頑張って手術数を増やして病院に貢献しても忙しくなるだけで医師の収入は変わらない。

患者を治す為、目の前の手術を精一杯頑張っているが、訴訟リスクや忙しさに見合う報酬ではない。

手術もこなしての長時間労働、自分の給料を時給換算すると嫌になる。病棟管理も担当数が多過ぎる。

脳腫瘍の手術がうまくなりたいとこの年まで頑張ってきたがこの先に何があるのだろうか。もう少しのんびりやっても良いのかもしれない。

脳神経外科の手術体制が整っている施設に移りたい。

年中オンコール体制で全くプライベートな時間が持てない。

救急車のサイレンが鳴りっぱなしで昨日から一睡もしていないし、何も食っていない。

手術に当直、3日も家に帰っていない。

やりがいは感じているがハードな割に給料が安過ぎると感じている。

目がつらい。もうそろそろメスを置こうかと考えている。

脳神経外科専門医の資格取得が可能な病院に移りたい。

育児が一段落したので仕事に復帰したいが、あまりハードでない勤務が可能な病院か脳ドック施設を探してほしい。

今の病院では手術症例が殆ど無い。手術の体制が整っている施設に移りたい。

忙しすぎて休みが取れないので医局を辞めてもう少しゆったり勤務できるところを探したい。

今の病院では居残りが毎日あり、家族との時間が持てない。

毎週当直があるが隔週くらいにしたい。また当直明けは休日にして欲しい。

海外で研究を続けてきたが家族の事情で帰国して臨床に戻る必要が生じたので転職先候補の病院を探してほしい。

家族の事情で出身地へUターン転職をしなければならない。

医局人事で遠方の関連病院への転勤を打診されたが、子供の学校の事や家を購入したりで正直言って今は動きたくない。医局を辞めるべきかどうすべきかで悩んでいる。

脳外専門医の知識、経験を活かしてリハビリを担当できる施設を探してほしい。

脳神経外科専門医の資格を評価してくれる一般病院で広く患者さんを診られる医者になりたい。

地域密着の病院で患者さんの役に立ちたい。

医局人事で数年おきにあちこちの病院に行かされる事に疲れた。自宅から通える病院に転職して腰を据えて患者と向き合える環境に身を置きたい。

子育ての為、非常勤のアルバイトで週1~2日程度、脳神経外科クリニックか脳ドックで勤務したい。

こういった悩みに対して、
常勤での転職の検討も含め、子育てや家族の転勤に伴って常勤をやめて非常勤アルバイトを探している医師、研究から臨床に戻る事を検討している医師、また、常勤に加えバイトでの収入アップとスキルの向上を望む医師など様々であるが、脳神経外科の医師ひとりひとりの悩みに寄り添いたい。

また、若い脳神経外科医にとってはキャリアパスを考える上で「学位」も一つの悩みであろう。市中病院や臨床の現場ではさほど重要視される訳ではないが、大学でポジションを得たい場合は依然として学位が求められる傾向が見られる為、大学院に行かざるを得ないというのが実態であろうか。大学院に行っている間は収入を得る為のバイトも考える必要があるかもしれない。誰が言ったのか医者の学位(博士号)は「足の裏の米粒」のようなものだと、即ち「取っても食えないが取らないと気持ち悪い・・・。」言い得て妙である。

医療機関が求めるその科目の医師に対してのニーズとその科目の転職市場

脳神経外科の医師求人傾向としては、依然様々な医療機関や施設から脳神経外科医を求める状況が続いている。求人募集をしてもなかなか応募が無いと嘆く医療機関も多い。

脳神経外科は医師の不足感が強い科目のひとつであり、必要医師数から見ても実際の求人募集状況を見ても、売り手市場の様相を呈している。即ち、転職を希望する脳神経外科医にとっては条件交渉を有利に進められる環境にあり、勤務条件を改善し年収アップも狙えるという事である。
休日を確実に確保したり、オンコール体制面での配慮などで脳神経外科医をバックアップして気持ち良く働ける環境を整えようと努力する医療機関も少なくない。

リハビリテーション分野や療養型病院でもリハビリの管理などへの対応に脳神経外科医を求めるニーズは強い。

地域の基幹病院クラスでは体制強化を目指した脳神経外科医の増員募集が見られるが、希望する医師が多い場合は病院側が応募してきた複数の医師の中から選別するといったケースもある。
中小規模の民間病院や地方の公的病院では年齢、経験をさほど問わないところも多く、比較的医師側の条件を聞き入れてくれる医療機関も探しやすい。

このように求人ニーズの多い脳神経外科であるが、
手術を中心とした脳神経外科スペシャリストとしての生き方を目指すのか、
プライマリーケアを中心に診療していきたいのか、
或いはリハビリテーションをメインとした働き方をしたいのか、
により選択すべき医療機関が異なってくる為、自分自身の進みたい方向性をよく検討する必要がある。

選考のポイントとして医療機関が見る所

職務経歴を書類上で確認

どこの病院にどのくらいの期間勤務して医師としてどのような事を経験してきたか?

→短期間での離職が多いと医療機関側も警戒し不利に作用する事も。

何ができるか?

→病院側としては医師を求める理由がある為、来てもらってどんな仕事を任せられる医師かを見る。

脳神経外科専門医資格の有無

→得意分野の確認や目指している方向性を確認。
専門領域、手術実績、血管内治療等、症例数を纏めておくと良い。

医師と病院のニーズの相互確認

脳神経外科医として手術を中心とした専門に特化した働き方を求めているのか、
或いはsubspecialtyとして脳神経外科に強みを持ち、一般的なプライマリーケアを中心とした勤務や頭痛の検査、脳ドック施設などで脳神経外科医として勤務したいのか、リハビリテーション分野で力を発揮したいのか、医療機関側のニーズはどうなのかといった観点も含め、よく確認する必要がある。
脳神経外科の専門性が高い基幹病院や大規模総合病院では高い専門性が求められると共に、他科との連携についてなども含め医師側、病院側双方ともよく確認し合う必要がある。

人柄確認

急性期病院においては他科の医師や当直医、放射線技師などとの連携が必須の為、コミュニケーション能力はある程度確認される。
まず例外無くほとんどの医療機関では人柄も見る。
(とは言え、ある意味で常識人を求めている訳で特段の人格者である必要は無い。)
腕は一流、知識も豊富、そして人並みのコミュニケーションが図れる医師であれば文句なし。手技や知識が豊富でも他のスタッフとうまくやってくれない医師は残念ながら病院も持て余してしまうのが実情である。
オペ主体に生きてゆく医師はあまり人柄を重視されないかもしれないが、それでも他科との連携やスタッフとのコミュニケーションは必須であり、人柄もそれなりに求められると考えておいた方が良い。

また、リハビリテーションを主体とした募集では、PT、OT、ST等のセラピストチームとの連携や指導が必要となる為、コミュニケーション能力に加え、指導力の有無も重視される傾向がある。

脳神経外科医の年収・給与・バイトの相場

脳神経外科医の年収・給与・バイトの相場

ご承知の通り、給与は同じ病院で科目によって違うというケースは殆ど無い。
経験年数と役職で給与テーブルによって、年収、時給、日給などは半ば自動的に決まる訳である。
あとは時間外手当や当直回数、インセンティブの有無(及びその金額)によって多少違いがある程度である。
但し、勤務する病院によって病院ごとに大きく異なるのは事実である。
あまりに高い給与を提示される場合は注意が必要である。
何がその背景にあるのかを冷静に判断せねばならない。求人の募集案件をしっかりと確認すべきである。

脳神経外科の年収相場はその求人ニーズの強さ故か、外科系の他科と比較しても高値での年収提示が目立つ(もちろん地域や病院によって差はあるが)。

一例として、
信越エリアの公立病院(150床規模)で脳神経外科医を募集する案件では、週5日勤務(当直1回/週)で医師免許取得後15年の専門医に対する年収提示は2,000万円を超えるものとなっている。
病院群輪番制の指定病院の為、時間内は勿論、時間外も24時間救急患者の対応を行っている。脳卒中や認知症、一過性脳虚血発作の他、神経難病とも言われるパーキンソン病、脊髄小脳変性症等の疾患、てんかん、末梢神経障害、脊椎疾患、脳腫瘍等も多く、これらの疾患の判断・治療を行っていると共に、脳卒中等で麻痺がある患者には総合リハビリ・回復期リハビリ等を併せて一貫した治療を行える体制となっている。

また、北関東エリアの地域基幹病院(400床規模)では、45歳くらいまでの脳神経外科医を募集しており年収1,400~2,100万円程度となっている。認定施設の為、専門医取得も目指せる。当直は一回4万円を別途支給。

首都圏のリハビリテーション病院(200床規模)では、週4.5日以上の勤務で年収1,400万円~となっている。療養型のリハビリテーション病院である為、脳神経外科医の立場でリハビリ診療を行いゆったりした勤務が可能。

また、首都圏の訪問診療専門クリニックでの求人の一例としては、週5日勤務で年収2,000万円~2,400万円となっている。これは脳外専門の募集では無いが内科全般の対応が可能な医師として脳神経外科医も応募が可能なもの。不安のある疾患については連携病院や専門の医師に相談ができる体制を取っている。当直は無く(宅直にて対応)、オンコールが週に3~5日、1stコールは看護師が対応する為、オンコールによる実際の出勤は1~3件/月程度でその際は看護師も帯同する。

実際の業務内容

専門医取得が可能な医療機関勤務の場合

脳神経外科一般~高度かつ専門性の高い業務まで

外来

病棟管理

手術室

専門医の認定施設基準をクリアしている医療機関は、
スタッフが充実しており救急指定も取っている為、手術件数や症例が多い特徴がある。
比較的忙しい勤務となる事が想定される。
また、大学医局から派遣されて来ている医師も多く、大学との繋がりが強い医療機関も多い。

リハビリテーションに強みのある医療機関勤務の場合

リハビリに来る患者の健康管理やリハビリ方針を医師の立場で行う。
セラピストチームへの助言や指導などが主な業務内容となる事が多い。

リハビリテーション病院は都市部にももちろん多数存在するが、最近は高台の見晴らしの良い場所や温泉地、或いは海沿いなど、都市部よりも敷地をゆったりと確保できる場所に立地している病院も多い。
設備も新しく、若手のセラピストチームの充実に力を入れている傾向が見られる。

中小規模の病院や施設、脳ドック、クリニック勤務の場合

脳神経外科全般のプライマリーケアが中心。
脳神経外科外来のみ、或いは、病棟管理のみ等。
または外来+病棟管理等。
脳ドック(検査、MRI読影、結果説明)・健診業務等。
救急車の少ない一般病院、療養型病院、クリニック(外来のみ)などでは比較的ゆったりした勤務で、残業が無いところも多い。
訪問診療(在宅医療)専門クリニックの場合は、オンコール対応が求められる事が多いが、
1stコールは看護師が対応するなど実際の負荷はさほど大きくない場合が多い。

脳神経外科に向いているタイプや脳神経外科医の将来性

まず救急医療の最前線を担っている医師には国民全体が敬意を表する必要がある。
救急医療の現場を担う脳神経外科医には過酷なイメージがついて回り(実際に大変であるが)医師としての高い倫理観と使命感が無いとなかなか務まらない。
外科系を目指す若手医師が減少しており、中でも脳神経外科は医師不足が顕著な科目のひとつである。一方、高齢化が進み脳神経外科医がカバーすべき患者数は増加しており、手術の現場でも術後のリハビリ現場でも脳神経外科医は求められており、その活躍のフィールドは益々増えている。
脳神経外科医を目指す医師が減り、ニーズは増える一方であるから、医師の需給バランスや競争といった面では脳神経外科医は売り手市場であり、選択肢も多い。

手術をする脳神経外科医が減れば国民も困る訳で、無理なく手術が続けられる環境整備を国も病院も患者(国民全体)も考えなければならない。

※実際の転職成功事例があればそれを記載

医師コンシェルジュとしてのその科目の先生のサポート体制提示

脳神経外科医としてどういった将来を希望しているのか、キャリア観や進みたい方向性に悩んでいる医師に対しては様々な可能性を提示して一緒に寄り添いサポートしていきたい。
転職先候補の医療機関を見る際には下記項目も合わせてチェックされたし。

手術実績と主な症例について

血管内治療の有無とその内容について、t-PA治療の実施有無について

医療機器について(CT、MRI、MRA、アンギオ等の有無と性能等)

麻酔科について

他科との連携について(放射線科、もしくは放射線技師等の状況)

救急車の搬送状況

脳神経外科専門当直の有無、オンコール体制について

リハビリ施設について(PT、OT、ST等のセラピストチームの状況)

常勤医師の専門分野と年齢、卒年、卒業大学等について

大学医局からの医師派遣状況はどうなっているか

学会参加への支援状況

専門医取得が可能な医療機関勤務の場合

主な症例や診療体制、手術体制について

診療方針について

設備や検査体制について

指導医の方針や教育制度について

脳神経外科医の常勤医の人数

同僚となる脳神経外科医(常勤医)の年齢、卒年、卒業大学について

大学医局からの医師派遣状況はどうなっているか

担当する外来のコマ数について

麻酔科、放射線科など他科との連携体制について

当直体制(脳神経外科専門当直)、オンコール体制について

残業や時間外勤務の実態と代休取得の有無などについて

当直回数や当直手当、時間外手当の金額について

これから経験を積んでいきたいという医師の場合は、症例数、手術数の確認が必須である。
求める症例があるか、また十分に経験を積めるだけの症例数があるか、常勤医があまりに多い施設の場合、執刀するチャンスが廻ってこないという状況もあり得る為、その辺りの確認が必要となってくる。また、手術が長時間に及ぶ事も多い脳神経外科では残業の実態や当直、オンコール体制も無理が無いものかどうか要確認である。

リハビリテーション病院

同僚になる医師の専門科や得意分野、年齢、卒年、卒業大学など

脳疾患患者と整形外科疾患患者の割合

担当業務内容について

PT、OT、STなどセラピストの人数や構成について

市中の地域一般病院

同僚になる常勤医師の専門科や得意分野、年齢、卒年、卒業大学など

担当業務内容について(外来コマ数と患者数、受持ち患者数、検査担当数など具体的に)

希望により脳神経外科外来の開設が可能かどうか

外来、病棟においてどのような疾患が多いのか

病院の地域における位置づけや経営状態、将来の展望など

大規模(あるいは有名な人気)病院と比較すると提示される年収は高めの傾向が見られる(特に郊外へ行けば行くほど)。 当直回数の相談や当直無し(あるいは当直免除)の条件も柔軟に相談に応じてくれる医療機関も多い。

クリニックの場合

院長や他の常勤医がいれば各々の専門科や得意分野、年齢、卒年、卒業大学など

診療方針について

経営実態、経営状況について

外来コマ数や患者数の確認

後方支援病院について

基本的に当直もオンコールも無く、外来に専念できるクリニックが多い。
医師は院長だけか常勤医がもう一人といった規模のクリニックが多く、常勤医の空きが出た場合など不定期に医師を募集するといった感じで常時募集が出る訳では無く求人件数自体は少ない。
クリニックでの具体的な業務内容は外来中心となるところが多い。
オペは希望により可能なクリニックもある。

脳神経外科の最新求人情報 PICK UP

医療法人社団協友会 彩の国東大宮メディカルセンター

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団協友会 彩の国東大宮メディカルセンター(埼玉県さいたま市北区)脳神経外科医師募集(常勤)

所在地
埼玉県さいたま市北区
募集科目
常勤脳神経外科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人社団協友会 東川口病院

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団協友会 東川口病院(埼玉県川口市)脳神経外科医師募集(常勤)

所在地
埼玉県川口市
募集科目
常勤脳神経外科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人社団 浦川会 勝田病院

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団 浦川会 勝田病院( 茨城県ひたちなか市)脳神経外科医師募集(常勤)

所在地
茨城県ひたちなか市
募集科目
常勤脳神経外科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録