麻酔科・ペインの最新求人情報 PICK UP

医療法人社団協友会 彩の国東大宮メディカルセンター

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団協友会 彩の国東大宮メディカルセンター(さいたま市北区)ICU管理・専従医募集(常勤)

所在地
埼玉県さいたま市北区
募集科目
常勤麻酔科・ペイン, 救命救急, その他, ICU管理・専従医(麻酔科、救急科)を募集。
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人社団協友会 彩の国東大宮メディカルセンター

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団協友会 彩の国東大宮メディカルセンター(さいたま市北区)麻酔科医師募集(常勤)

所在地
埼玉県さいたま市北区
募集科目
常勤麻酔科・ペイン, 麻酔科(専門医)の募集
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人社団 浦川会 勝田病院

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団 浦川会 勝田病院( 茨城県ひたちなか市)麻酔科医師募集(常勤・週3日)

所在地
茨城県ひたちなか市
募集科目
常勤麻酔科・ペイン, 麻酔科医師の募集。
給与
常勤年俸 1,400万円

>この求人を見る


麻酔科の医師が抱える悩みとは?
麻酔科の転職市場を考える。

麻酔科は主治医となって患者を受け持つ事が無い事から意外にオンオフがはっきりしている科目であると言えるのではないだろうか。朝早くから夜まで手術室で麻酔をしている麻酔科医でも当直やオンコールが無ければ夜中に呼び出される事も無く、主治医として患者を受け持つ事が無い為、ちょっとした休暇も取りやすい点はメリットと言えるかもしれない。ペインクリニックの場合はこの限りでは無いが。
一方で患者が元気になって退院する際に、感謝の気持ちを直接伝えられる事はあまりなく、その点では医師としての喜びや生きがいを感じられる場面が少ないといった事もあるかもしれない。

麻酔科医の一番大きな特徴

麻酔科医はひとりひとりが独立した立場で比較的若い時から麻酔管理の仕事を出来る立場にあるという事が挙げられる。
手術は外科医一人では行えず、チームで仕事を行い、麻酔科医もそのチームの一員ではあるが、単独で麻酔管理を行う為、麻酔科医にとってはそれがやりがいでもあり、緊張を伴うプレッシャーにもなり得るようである。

麻酔科の代表的な専門医制度である日本麻酔科学会認定の麻酔科専門医になる為には下記の通り申請を行い、筆記試験・口頭試問・実地審査に合格する必要がある。

申請資格

1) 申請する年の3月31日までに認定医の資格取得後満2年以上経過しており、申請する年の会費を完納していること。
2) 認定医資格取得後、申請までの間、麻酔科関連業務に継続して専従<*注1>していること。
3) 日本麻酔科学会の認定医資格取得から申請する年の3月31日までに、1年以上認定病院で手術室における麻酔管理業務に専従していること。<注2>
4) 申請する年の5年前の4月1日から申請する年の3月31日までに、所定の研究実績(50単位)があること。
5) 申請する年の5年前の4月1日から申請する年の3月31日までの間に、AHA-ACLS、またはAHA-PALSプロバイダーコースを受講し、実技試験申請時にプロバイダーカードの提出があること。

*注1:専従とは、以下に掲げる業務に週3日以上携わっていることをいい、業務に従事する施設は複数にわたることができる。
ただし、基礎的研究のみ従事している期間は除く。
(1)周術期における麻酔管理に関する臨床または研究
(2)疼痛管理に関する臨床または研究
(3)集中治療部、救急施設等における重症患者の管理に関する臨床または研究
(4)中央手術部業務
※研究(国内・海外留学)に携わっている場合は、研究内容の説明(任意様式)・在籍証明書・研究業績(論文のコピー等)を提出する事。

*注2:2010年度・2011年度は暫定措置を行ったが、2012年度からは、認定医取得後から申請する年の3月31日までに1年以上認定病院で手術室における麻酔管理業務に専従していることが申請条件となる。
認定病院の手術室で麻酔管理の業務を行った1年分の臨床実績報告書を提出する事。

となっており、
2013年8月現在、麻酔科専門医は6,733名となっている。
(上記内訳:麻酔科指導医3,502名、麻酔科専門医3,231名)

麻酔科医の悩み相談の事例

常勤麻酔科医が不足しており、負担が重い。体力的に限界。

緊急手術で夜間に呼び出される事が多く、体力的にも精神的にもしんどい。

オンコールの生活から解放されたい。

リスクのある並列麻酔は避けたい。並列麻酔の無い病院に移りたいのだが・・・。

親が高齢になり介護が必要になってきた。その為、実家のある出身地へUターン転職を検討し始めている。

そろそろ勤務のペースを落として多少ゆっくりした働き方に変えていこうかと思い始めている。手術麻酔だけでなく外来診療もできるペインクリニックも検討している。

麻酔科専門医の資格取得をバックアップしてくれる病院に移りたい。

体調を崩していたがそろそろ仕事に復帰したい。あまりハードでなくゆったり仕事ができるペインや緩和ケア主体の施設や病院を探してほしい。

忙しすぎて休みが取れないので医局を辞めてもう少しゆったり勤務できるところを探したい。

今の病院では居残りが毎日あり、家族との時間が持てない。

毎週当直があるが隔週くらいにしたい。また当直明けは休日にして欲しい。

海外で研究を続けてきたが家族の事情で帰国して臨床に戻る必要が生じたので転職先候補の病院を探してほしい。

海外留学もさせてもらい医局には恩義を感じているが、もう既に御礼奉公も果たしたので将来の開業を視野にペインクリニックで経験を積みたい。

子育てと仕事の両立はもう限界。当直・オンコールの無い病院は無いだろうか。

医局人事で数年おきにあちこちの病院に行かされる事に疲れた。自宅から通える病院に転職して腰を据えて手術麻酔を行いたい。

収入をアップさせたいので今の常勤先とは別に非常勤で手術麻酔のバイトを入れたい。

こういった悩みに対して、
常勤での転職の検討も含め、子育てや家族の転勤に伴って常勤をやめて非常勤アルバイトを探している医師、研究から臨床に戻る事を検討している医師、また、常勤に加えバイトでの収入アップとスキルの向上を望む医師など様々であるが、麻酔科の医師ひとりひとりの悩みに寄り添いたい。

また、若い麻酔科医にとってはキャリアパスを考える上で「学位」も一つの悩みであろう。市中病院や臨床の現場ではさほど重要視される訳ではないが、大学でポジションを得たい場合は依然として学位が求められる傾向が見られる為、大学院に行かざるを得ないというのが実態であろうか。大学院に行っている間は収入を得る為のバイトも考える必要があるかもしれない。誰が言ったのか医者の学位(博士号)は「足の裏の米粒」のようなものだと、即ち「取っても食えないが取らないと気持ち悪い・・・。」言い得て妙である。

医療機関が求める麻酔科の医師に対してのニーズと麻酔科の転職市場

麻酔科の医師不足はひと頃と比べると少し落ち着きを取り戻している模様であるが、現在でも常勤麻酔科医に対するニーズは強い。ゆえに求人募集の案件は少なくない。
麻酔科医募集は当然と言えば当然の事であるが、国公立をはじめとした基幹病院や大規模病院、地方の公的病院からもニーズが強く、手術麻酔、術前・術後の管理、ペインクリニックなどの募集が多い。常勤だけでなく、非常勤のアルバイトの募集も多い。
麻酔科では標榜医以上を求める求人募集の案件が多く、面接時にはこれまでに担当した手術や件数などを纏めた資料の提出を求める医療機関もある。

当直やオンコールについては、常勤麻酔科医の負担を軽減する取組みを行っている病院も散見され、こういった募集案件には複数の麻酔科医からエントリーがあり、病院側による選考となるケースも見られ、都市部を中心に常勤麻酔科医のポストが徐々に充足しつつある印象を受ける。
また、手術麻酔以外ではICU管理などの救急や緩和ケア領域での募集も見られる。
ペインクリニックに関しては、単体での募集は少なく、手術麻酔との兼務を求める募集が多い。

総論としては、麻酔科医の総数は少なく、まだまだ医師の不足感が強い診療科目のひとつであり、麻酔科医にとっては比較的「売り手市場」の状況が続くものと思われる。

麻酔科の医師数と需給バランス

麻酔科の選考ポイントとして医療機関が見る所

【職務経歴を書類上で確認】

どこの病院にどのくらいの期間勤務して医師としてどのような事を経験してきたか?→短期間での離職が多いと医療機関側も警戒し不利に作用する事も。

何ができるか?
→病院側としては医師を求める理由がある為、来てもらってどんな仕事を任せられる医師かを見る。

専門医資格の有無
→得意分野の確認や目指している方向性を確認。

手術麻酔領域の得意分野(and/or不得意分野)や並列麻酔の経験について

術前術後の管理について

全体的な麻酔のこれまでの実績数など

当直やオンコールについて

【医師と病院のニーズの相互確認】

麻酔科医としてどのような働き方を求めているのか、
医療機関側のニーズはどうなのかといった観点も含め、よく確認する必要がある。

【人柄確認】

まず例外無くほとんどの医療機関では人柄も見る。
(とは言え、ある意味で常識人を求めている訳で特段の人格者である必要は無い。)
手術麻酔の腕は一流、知識も豊富、そして人並みのコミュニケーションが図れる医師であれば文句なし。手技や知識が豊富でも外科医や他のチームスタッフとうまくやってくれない医師は残念ながら病院も持て余してしまうのが実情である。

麻酔科医の年収・給与・バイトの相場

ご承知の通り、給与は同じ病院で科目によって違うというケースは殆ど無い。
経験年数と役職で給与テーブルによって半ば自動的に決まる訳である。
あとは時間外手当や当直回数によって多少違いがある程度である。
但し、勤務する病院によって病院ごとに大きく異なるのは事実である。
あまりに高い給与を提示される場合は注意が必要である。
何がその背景にあるのかを冷静に判断せねばならない。

麻酔科の一般公募での年収相場を見てみると(もちろん地域や病院によって差はあるが)、常識的なところで主な募集対象となる臨床経験3年以上の医師で、

一例として東海エリアの民間総合病院(400床規模)で、麻酔科医を募集する案件で、医師免許取得後10年目で標準年俸1,450万円辺り。
年俸設定については経験年数、スキル、勤務条件に応じて変わってくる。期待される役職・ポジションや専門医資格、インセンティブにより多少変動するものの、法人規定の給与テーブルや他の常勤医師とのバランスを考慮する必要があり経験年数である程度は自動的に決定される。今回は体制強化の為の募集で若手の麻酔科医を増員したい意向である。
学会研修施設に認定されており泌尿器科専門医の取得も目指せる。

また、北海道の整形外科手術に強みのある民間病院(200床規模)で麻酔科医を募集する案件では、医師免許取得後5年目標準年収1,200万円~1,500万円、10年目標準で年収1,800万円~2,000万円となっている。

また、医師不足のエリアや緊急度が高い場合など、高額の年収を提示する場合も散見されるが、相当忙しい等、それ相応の理由があるので納得できる場合は検討対象に入れても良いかもしれない。常勤にしても非常勤のアルバイトにしてもしっかりと求人募集の案件を確認すべきである。

麻酔科の実際の業務内容やチェックポイント

麻酔科医の業務内容の一例

麻酔科専従の常勤医師7人(日本麻酔学会認定指導医3人、専門医3人)で手術麻酔、集中治療、ペインクリニック、緩和ケアを行っている地域基幹病院の場合。

年間手術件数約5,500例中、約半数の2,540例が麻酔管理である。
がん拠点病院であり外科開復手術が最も多い。
集中治療室12床のうちCCU3床を除く9床が麻酔科の担当で、年間約1,000例の全身管理を麻酔科中心に行っている。重症合併症の術後管理の他に重症肺炎、肝炎、膵炎や敗血症ショックなどを多く担当。
麻酔管理手術の増加と全国的な麻酔科医師不足により多忙であるが、当直明け体制や積極的に有給休暇取得を奨励するなど「無理をしない、させない」努力を続けている。

[具体的な業務内容]

朝は8時からのICUカンファレンスでスタート。続いて当日の術前カンファレンスを行う。9時からは3つの業務に大別される。

予定手術
麻酔科管理5~6列で、麻酔管理はローテーターではなく全て麻酔科専従スタッフが行う。
全体の総括を上級医師が行う。

外来業務
週3回の術前外来と週2回のペインクリニック外来に分かれる。
予定症例のほとんどが、入院前に外来で術前検査を終えて術前診察と説明を受ける。
ペインクリニックは金曜日に透視下ブロック注射も行う。
術前外来は交代でスタッフ全員が担当。

ICU業務
スタッフ全員が1週間交代制で日勤中の管理を担当。
1日2回の麻酔科と各診療科合同のカンファレンスを行い、治療方針を決定。
担当麻酔科医は薬剤の指示、人工呼吸器管理、気管内挿管、中心静脈路確保などを行う。
その他. 緩和ケアチームへの参加など。

18時に2回目のICUカンファレンスを行い当直者への引き継ぎを行う。
各自の予定手術症例が終了していれば順次解散となる。手術麻酔が長引く場合には当直医へ交代する。

[手術麻酔管理]

一般外科(胃腸、肝胆膵、食道、乳腺、甲状腺など)、
整形外科(下肢・上肢人工関節、手関節手術、脊椎など)、
脳外科、血管外科(腹部大血管置換、四肢末梢血管バイパスなど)、
産婦人科、耳鼻科(咽喉頭再建術も有り)、泌尿器科、口腔外科、皮膚科。
緊急手術も多く全体の12%となっている。
1,500g以下の未熟児、新生児の麻酔も含めて小児麻酔も年間200例ほど施行されている。

[集中治療管理]

外科・血管外科・脳外科・整形外科を中心に高齢、重度の合併症を有する患者が60%を占める。救急外来や他院からの搬送の重症肺炎やARDS・膵炎・敗血症ショック患者も多くなっている。新生児を含む小児も管理。これらの患者の全身管理を各科医師と共同して行う。
当直は専門医が単独または後期研修医と共に行う。ICU管理と緊急手術麻酔に対応。
月4~6回と回数は多くなっているが、当直翌日の業務は免除され、昼食休憩交代などが終われば昼過ぎには帰宅できる。オンコールは無く、予定外の帰宅後の呼び出しは無い。

麻酔科に向いているタイプや麻酔科医の将来性

麻酔科医の将来像は、大学医局に所属しておれば、30代半ば以降で関連病院の麻酔科スタッフ(正規職員)になっているか、大学でスタッフ(助教)として働いているか、或いは医局を離れた医師であれば民間病院の常勤麻酔科スタッフとして、或いは非常勤で複数病院の麻酔科を掛け持ちするといったキャリアも増えてきている。
大学の関連病院では医師免許取得後10年目標準でだいたい年収1,000~1,200万円といったあたりが相場(時間外勤務により大きく異なるが)で、大学助手の場合で大学からの給与は年収600~700万円くらいと言われている。大学の場合は週1日外勤日(アルバイト)が認められており収入を補う事が可能である。週1日、年間50週外勤するとすれば年収に400~500万円くらいは上積みできるので、概ね関連病院と同等の年収となる計算である。
また、麻酔科医は意外に開業のチャンスもまだ多い診療科とも言われている。
麻酔科専門医を取得して経験をしっかり積んで技術と知識を蓄積しておけば、ペインクリニックや緩和医療の領域では、麻酔科は競合がまだ少なく飽和している他科と比較するとまだまだチャンスが多いとも言われている。
出張麻酔(複数の病院と麻酔業務の契約を締結する)で開業する麻酔科医も増えてきており、絶対数が足りない麻酔科医には活躍のフィールドが多く存在すると言えるのではないだろうか。

麻酔科の転職先候補の医療機関のチェック項目アドバイス

麻酔科医としてどういった将来を希望しているのか、キャリア観や進みたい方向性に悩んでいる医師に対しては様々な可能性を提示して一緒に寄り添いサポートしていきたい。
転職先候補の医療機関を見る際には下記項目も合わせてチェックされたし。

手術の内訳(整形外科、脳神経外科、心臓血管外科)と件数について

手術室の数、並列麻酔の有無

手術曜日、緊急手術の対応状況について

夜間オンコールの頻度と手当について

麻酔科医以外の麻酔実施の有無

緩和ケアの状況について

術前、術後管理の状況について

非常勤医師の勤務時間について

麻酔科外来(ペインクリニック外来)の有無

【基幹病院、大規模民間病院での麻酔科医募集の場合】

主な症例数や手術件数について

麻酔設備や検査体制について

指導医の方針や教育制度について

研修プログラムがしっかり策定されているかどうか

同僚となる医師(常勤医)の専門領域、年齢、卒年、卒業大学について

大学医局からの医師派遣状況はどうなっているか

担当業務の内容(外来コマ数/ペインクリニック外来、受持ち患者数、手術数など)

臨床工学技士(ME)の人数

麻酔科専門医研修認定施設かどうか(専門医を目指す医師)

募集の背景(増員、強化、欠員、常勤麻酔医の退職など)について

【ペインクリニック外来、緩和ケア、在宅医療などの麻酔科医募集の場合】

常勤医師の構成(人数や年齢、専門領域について)

麻酔科医募集の背景(増員、欠員補充、新規立ち上げetc.)

外来患者数、患者層について

経営状態について

[当直・オンコールの無い麻酔科医募集の場合]

当直/オンコールが無い理由について

常勤医師の構成

病院の特徴について(整形外科手術に強み、脳神経外科手術に強みetc.)

麻酔科・ペインの最新求人情報 PICK UP

医療法人社団協友会 彩の国東大宮メディカルセンター

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団協友会 彩の国東大宮メディカルセンター(さいたま市北区)ICU管理・専従医募集(常勤)

所在地
埼玉県さいたま市北区
募集科目
常勤麻酔科・ペイン, 救命救急, その他, ICU管理・専従医(麻酔科、救急科)を募集。
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人社団協友会 彩の国東大宮メディカルセンター

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団協友会 彩の国東大宮メディカルセンター(さいたま市北区)麻酔科医師募集(常勤)

所在地
埼玉県さいたま市北区
募集科目
常勤麻酔科・ペイン, 麻酔科(専門医)の募集
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人社団 浦川会 勝田病院

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団 浦川会 勝田病院( 茨城県ひたちなか市)麻酔科医師募集(常勤・週3日)

所在地
茨城県ひたちなか市
募集科目
常勤麻酔科・ペイン, 麻酔科医師の募集。
給与
常勤年俸 1,400万円

>この求人を見る


新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録