呼吸器内科の最新求人情報 PICK UP

医療法人社団協友会 彩の国東大宮メディカルセンター

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団協友会 彩の国東大宮メディカルセンター(さいたま市北区)呼吸器内科医師募集(常勤)

所在地
埼玉県さいたま市北区
募集科目
常勤呼吸器内科, がん化学療法、がん治療、放射線治療、急性期医療可能な医師
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人社団協友会 東川口病院

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団協友会 東川口病院(埼玉県川口市)呼吸器内科医師募集(常勤)

所在地
埼玉県川口市
募集科目
常勤呼吸器内科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療社団哺育会 白岡中央総合病院

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団哺育会 白岡中央総合病院(埼玉県白岡市)呼吸器内科医師募集(常勤)

所在地
埼玉県白岡市
募集科目
常勤呼吸器内科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


呼吸器内科の医師が抱える悩みとは?
呼吸器内科の転職市場を考える。

まず呼吸器内科(呼吸器科)の主な領域としては、肺炎、肺癌、肺気腫、気管支喘息、咳喘息、間質性肺炎、非結核性抗酸菌症、胸膜炎、気胸、睡眠時無呼吸症候群、慢性呼吸不全、サルコイドーシスなど気管支をはじめとした肺の疾患全般にわたる診療が挙げられ、それらを内科的治療でカバーしているのが呼吸器内科である。臓器としての肺臓を内科的に診る診療科が呼吸器内科で、多くの呼吸器疾患では、画像診断及び病理診断が重要な為、治療上は、外科治療や放射線治療が必要になる場合もあり、病理部や呼吸器外科、放射線科との連携が図られるケースが多い。

呼吸器内科は内科系の中で循環器、消化器と共に主要な科目のひとつであるが、内科系の単科で見ると最も医師不足感が強く、扱う疾患が多く、患者数も多いという環境下、呼吸器内科医は少ない医師数で奮闘している状況である。高齢化の進展により喘息や気管支疾患などを訴える患者は多く全国的に呼吸器内科医に対する医師求人の需要は強い。

呼吸器内科の代表的な専門医制度である日本呼吸器学会の呼吸器専門医になる為には、下記要件を満たす必要がある。
<専門医認定申請の条件>

「専門医の認定を申請する者は、次の各条件をすべて充足することを要する。
「基本領域学会の専門医等の資格を取得した年度も含めて3年以上本学会の会員であること。
この規則により認定された認定施設において、本学会所定の研修カリキュラムに従い基本領域学会の専門医等の資格を取得した年度も含めて3年以上、呼吸器病学の臨床研修を行い、これを終了した者。
関連施設における臨床研修期間の取扱いは、別途定める。
非喫煙者であること。」

2017年4月現在、呼吸器専門医は全国で6,196名となっている。
また、日本臨床腫瘍学会認定のがん薬物療法専門医は1,193名(2017年6月時点)となっている。

呼吸器内科医の主なキャリアとしては、大学病院や急性期基幹病院で細分化された領域に専門特化していき呼吸器内科医として専門分野を磨く、という考え方もあるが、現在不足していて需要が多いのは、subspecialtyに呼吸器の専門性を持ちつつもバランス良くどの分野でも対応できる臨床能力を持つ内科医師である。
呼吸器内科領域だけでなく、幅広く患者を診られる事が望ましい。
あるベテランの呼吸器内科の先生の言を借りれば、このような医師を目指す為には、
最初にどこで研修を積むかはともかく以下のような経験は必要であろうとの考え方もある。
(呼吸器内科の先生には参考になると思われるのでほぼそのまま引用させていただく。)
■ 信頼できる上級医(複数)の元で、カンファレンスなどを繰り返す事でものの考え方、見方、症例のまとめ方などを身につける。手技のやり方も、できればいろいろな流儀を見ておくと幅ができる。
■ 内科全般について、幅広く症例、手技を経験する。
手技に関しては確実に、迅速に遂行できるまで磨きをかける。救急・ICU・麻酔科も経験しておく事が望ましい。
■ 呼吸器分野に関して、もちろんできるだけ多くの症例に当たるべきである。
癌・感染症・アレルギー・免疫・換気不全など、学ぶべき分野はたくさんある。
特に結核・抗酸菌症は、専門病院に行かないとまとまった数の症例を診る事ができないので、数ヶ月程度はそういう施設での経験も必要ではないだろうか。
■ できれば、(呼吸器外科の)手術にも入っておきたい。
肺の柔らかさ、胸腔内の様子を実感する、放射線での所見と肉眼所見を対比する事ができる貴重な機会である。また、手技を多く経験できる。ドレーン留置はかくも容易な事であると実感できる。
■ レントゲン、CTは読めるようになっておきたい。
これは最低限、(医師として)紳士淑女のたしなみである。放射線科での修行も勧められる。
■ 病理が読めれば、学会で自分が発表する時や、ディスカッションする時に自信を持って発言できる。一定期間、どこかで病理漬けになるのも、いいものである。
■ 一定期間の「研究漬け」生活も必要である。
一生(呼吸器内科の)臨床医で通すにしても、あるデータ、studyの解釈をする場合、貴重な臨床経験を世に問いたい場合も、研究脳があるのと無いのとではその質が違ってくるのである。

急性期病院で専門性を持って呼吸器疾患の重症患者を受け入れられる施設は集約化、限定化(大規模総合病院などに)されてきており呼吸器内科医の転職先としての選択肢はあまり多くない。
一方で、広範な内科全般をカバーする呼吸器内科医として市中の一般病院や呼吸器科クリニックで勤務したり、慢性期、療養型病院や緩和ケア、健診、訪問診療(在宅医療)、老健施設といった分野では非常に求人ニーズが強い診療科が呼吸器内科である。

呼吸器内科医の悩み相談の事例

  • 現勤務先では呼吸器専門医の資格が取得できない。
  • 忙しすぎて休みが取れないのでもう少しゆったり勤務できるところを探したい。外来のみの勤務を希望。
  • 今の病院では居残りが毎日あり、家族との時間が持てない。
  • 毎週当直があるが隔週くらいかできれば当直無しにしたい。
  • 家族の事情で出身地へUターン転職をしなければならない。
  • 早期の肺がん治療に放射線科医と一緒に取り組める施設を探してほしい。
  • 呼吸器の専門性を活かしつつも広く患者さんを診れる医者になりたい。
  • 地域密着の病院で患者さんの役に立ちたい。
  • 今の病院には呼吸器内科医は複数いるものの病理医も呼吸器外科の常勤医もいないので、連携が必要なこれら科目の常勤医がいる施設に転職したい。
  • 医局のしがらみに疲れた。医局派遣の今の病院では自分のやりたい事ができない。
  • 子育ての為、非常勤で週1~2日程度、呼吸器専門医の資格を活かせるバイトを中心に勤務したい。

こういった悩みに対して、
常勤での転職の検討も含め、子育てや家族の転勤に伴って常勤をやめて非常勤アルバイトを探している医師、また、常勤に加えバイトでの収入アップとスキルの向上を望む医師など様々であるが、呼吸器内科の医師ひとりひとりの悩みに寄り添いたい。

また、若い呼吸器内科医にとってはキャリアパスを考える上で「学位」も一つの悩みであろう。市中病院や臨床の現場ではさほど重要視される訳ではないが、大学でポジションを得たい場合は依然として学位が求められる傾向が見られる為、大学院に行かざるを得ないというのが実態であろうか。大学院に行っている間は収入を得る為のバイトも考える必要があるかもしれない。誰が言ったのか医者の学位(博士号)は「足の裏の米粒」のようなものだと、即ち「取っても食えないが取らないと気持ち悪い・・・。」言い得て妙である。

医療機関が求める呼吸器内科の医師に対してのニーズと呼吸器内科の医師転職市場

呼吸器内科の医師求人傾向であるが、数の上では求人募集の多い科目のひとつに挙げられる。常勤だけでなく非常勤やアルバイトの案件も多い。但し、専門性を発揮できる施設は大学病院や基幹病院クラスに集約化・限定化されてきている傾向があり、市中一般病院においては広範な内科対応+呼吸器対応を期待されての求人が主となっている。急性期または慢性期の一般病院をはじめ、一般病床と療養病床を併せ持ついわゆるケアミックスと呼ばれる病院やクリニック、健診機関、老健施設、訪問診療(在宅医療)など様々な施設において呼吸器内科の医師求人ニーズは多く見られる。

地域の基幹病院クラスでは体制強化を目指した増員募集が見られるが、希望する医師が多い場合は病院側が応募してきた複数の医師の中から選別するといったケースもある。
中小規模の民間病院や地方の公的病院では年齢、経験をさほど問わないところも多く、比較的医師側の条件を聞き入れてくれる医療機関も探しやすい。
更に常勤医師数が少ない病院や施設になると呼吸器内科に特化するというよりも総合的な内科診療を担ってくれる医師を求めるといった傾向が強くなり、勤務内容も外来に加え、病棟管理の比重が高くなる傾向にある。

リハビリテーション病院や精神科病院でも呼吸器内科医の募集はあり、
同様に総合的な内科診療が求められると共に殆どが病棟管理の業務内容となる。

クリニックや診療所、在宅医療、健診などでも呼吸器内科医の求人募集は多く、求人元の特徴に応じた募集内容となっており中身は様々。
院長募集(雇われ院長、管理医師)、外来のみ、外来+在宅医療(訪問診療)、在宅医療(訪問診療)担当医の募集・・・、といった感じで選択肢は多い。
健診や人間ドック施設からの呼吸器内科医に対する募集では、レントゲン、CTを読める読影スキルが求められる。

求められる能力や業務内容については、内科的治療のみでも十分に歓迎されるが、肺炎や敗血症、更には急性呼吸促迫症候群(ARDS)など得意分野を極め症例経験を積んでおけばより選択肢が広がるであろう。

専門医取得が可能な総合病院での勤務の場合

呼吸器専門外来+呼吸器疾患患者の病棟管理など専門性に特化した勤務。

中小規模の病院や施設

内科全般+呼吸器内科医としての専門を活かす勤務
外来では「内科」や「一般内科」といった名称で呼吸器疾患以外の診察も行い、
病棟も同様に様々な内科疾患の患者を担当する事が多い。

選考のポイントとして医療機関が見る所

職務経歴を書類上で確認

  • どこの病院にどのくらいの期間勤務して医師としてどのような事を経験してきたか?
    →短期間での離職が多いと医療機関側も警戒し不利に作用する事も。
  • 何ができるか?
    →病院側としては医師を求める理由がある為、来てもらってどんな仕事を任せられる医師かを見る。
  • 専門医資格の有無
    →参考程度に見るがやはり専門医をしっかり取得している場合は、真面目に目的意識を持って努力してきた医師である証として一定の評価はされる。

医師と病院のニーズの相互確認

呼吸器内科医として専門に特化した働き方を求めているのか、
或いはsubspecialtyとして呼吸器内科に強みを持つプライマリー診療にも対応できる内科医として勤務したいのか、医療機関側のニーズはどうなのかといった観点とも合わせよく確認する必要がある。
呼吸器内科の専門性が高い基幹病院や大規模総合病院では高い専門性が求められると共に、病理や呼吸器外科、放射線科との連携についてなども含め医師側、病院側双方ともよく確認し合う必要がある。

人柄確認

まず例外無くほとんどの医療機関では人柄も見る。
(とは言えある意味で常識人を求めている訳で特段の人格者である必要は無い。)
腕は一流、知識も豊富、そして人並みのコミュニケーションが図れる医師であれば文句なし。手技や知識が豊富でも他のスタッフとうまくやってくれない医師は残念ながら病院も持て余してしまうのが実情である。

呼吸器内科医の年収・給与・バイトの相場

ご承知の通り、給与は同じ病院で科目によって違うというケースは殆ど無い。
経験年数と役職で給与テーブルによって年収、バイト時の時給や日給は半ば自動的に決まる訳である。
あとは時間外手当や当直回数によって多少違いがある程度である。
但し、勤務する病院によって病院ごとに年収やアルバイトの時給、日給が業務内容が同じであっても、大きく異なるのは事実である。
あまりに高い年収、給与を提示される場合は注意が必要である。
何がその背景にあるのかを冷静に判断せねばならない。

呼吸器内科の場合は(もちろん地域や病院によって差はあるが)、
一例として東海エリアの人口10数万人の市にある民間病院(200床規模の療養型病院)の募集で、一般内科での募集に対して呼吸器内科医も歓迎という案件をご紹介。
週4日勤務の場合で病棟管理が主な業務、年収は1,200万円~1,900万円程度(当直は2~4回/月、当直無しも相談可能)といった辺り。

続いて、北関東の人口20数万人の市にある地域中核病院(400床規模)での募集では、週4.5日~5.5日の勤務で年収1,300万円~2,000万円。
当直無し、オンコール無しの相談も可能で業務内容は外来、病棟管理、各種検査となっている。
また、こちらの病院の健康管理センターでは非常勤で「心電図読影のみが可能な医師」といった募集もあり「呼吸器内科医」を求めている。資格は問わないものの「専門医、認定医、標榜医優遇」とあり、複数医師からの応募の場合は保有者がこの点では有利となる。

別の地方都市(人口20万人弱)のセンター化構想を持つ病院では、専門に応じたがん治療を専門特化したチーム構成にて行う為に医師を募集。
臨床腫瘍医という募集名で呼吸器内科を求めている。
年収は1,000万円台前半~、医籍登録後の年数や経験により相談となっており、これからスキルアップや症例経験を積みたい、或いは最先端の医療設備が整った環境でバリバリやりたい医師には検討する価値があるかもしれない。

また、関東の人口70万人規模の市にある療養型病院(300床規模)では、
人工呼吸器装着の患者を積極的に受け入れており挿管などの手技が可能な呼吸器内科医を求めており、業務内容は病棟管理が主(60床程度を受持ち、医療区分2と医療区分3が大半)で、外来は月に1~2コマ程度で年収1,500万円程度~といったものも見られる。
病棟管理がメインで残業も殆どなく実働時間も短いゆったりした勤務内容となっている。

呼吸器内科の実際の業務内容やチェックポイント

基幹病院や総合病院などで呼吸器内科(あるいは呼吸器科)が独立している医療機関の場合

呼吸器外来、病棟管理、各種専門検査
大規模・専門的な施設では肺炎、肺癌、肺気腫、気管支喘息、間質性肺炎、非結核性抗酸菌症、胸膜炎、気胸、睡眠時無呼吸症候群、慢性呼吸不全、サルコイドーシスなど気管支をはじめとした肺の疾患全般にわたる診療をカバー。呼吸器疾患では、画像診断及び病理診断が重要な為、治療上は、外科治療や放射線治療が必要になる場合もあり、病理部や呼吸器外科、放射線科との連携が図られるケースが多い。

中小規模の公立病院や市中一般病院や療養型病院などの場合

一般外来(一般内科+呼吸器内科)+病棟管理が主体となるところが多い。
希望によっては呼吸器の専門外来の開設も相談。

  • 一般内科対応についての確認
  • 外来、病棟においてどんな呼吸器疾患が多いのか
  • 人工呼吸器の患者への対応状況や人数の確認
  • 呼吸器以外ではどんな疾患を診る事を求められるのか
  • 病院の地域における位置づけや経営状態、将来の展望など
    呼吸器に専門特化されていないケースが多く、呼吸器の患者ばかりではない事も念頭に置いた方が良い。

クリニックの場合

当直が無く、オンオフのメリハリをつけやすい場合が多い。
ゆったり勤務できる場合が多いのがメリット。
小規模な為、院長や他のスタッフとの相性も無理なく勤務する為には重要。

老健施設(介護老人保健施設)での勤務

  • 勤務内容の確認
  • 近隣の病院、診療所との連携
  • 病院関連施設かどうか

入所者の健康管理や入所診断を行うのが主たる業務。
(老健施設では診療行為は行えない。)。
施設の管理者(施設長)としての役割を求められる事が多い。
入所者に何かあった時の対応について確認が必要。病院の関連施設である老健施設の場合はバックアップ体制に問題がない場合が多いが、そうで無い場合は対応方針について要確認。 入所者やスタッフとうまくやっていく事に重きが置かれ医師としての専門性よりも人柄を重視する傾向が見られる。

呼吸器内科に向いているタイプや呼吸器内科医の将来性

呼吸器内科の特徴は、カバーする疾患が肺、気管支などの腫瘍、アレルギー、膠原病、感染症、びまん性肺疾患、急性呼吸不全など非常に広範囲である事だと思われる。
様々な症例に対応できる知識を身につける必要があるが、その分充実感も大きいようである。専門化、細分化が進む中、内科系の中でも総合内科的な一面を持っていると言えるであろう。呼吸器に関連する患者が多い一方で呼吸器内科の医師は少ない為、活躍のフィールドは広い。ある特定領域のスペシャリストになりたい時にも呼吸器内科医は選択肢が多い。日本版敗血症診療ガイドラインとSSCG(Surviving Sepsis Campaign guidelines)2012などにも目を通しておきたい。

呼吸器内科の転職先候補の医療機関のチェック項目アドバイス

呼吸器内科医としてどういった将来を希望しているのか、キャリア観や進みたい方向性に悩んでいる医師に対しては様々な可能性を提示して一緒に寄り添いサポートしていきたい。
転職先候補の医療機関を見る際には下記項目も合わせてチェックされたし。

基幹病院や総合病院などで呼吸器内科(あるいは呼吸器科)が独立している医療機関の場合

  • 主な症例について
  • 主な症例の件数について
  • 同僚となる呼吸器内科(常勤医)の年齢、卒年、卒業大学について
  • 大学医局からの医師派遣状況はどうなっているか
  • 担当する外来のコマ数について
  • 画像診断及び病理診断の体制について
  • 外科治療や放射線治療が必要になる場合の対応について
  • 病理部や呼吸器外科、放射線科との連携体制について

市中の地域一般病院

  • 同僚になる内科系医師の専門科や得意分野、年齢、卒年、卒業大学など
  • 担当業務内容について(外来コマ数と患者数、受持ち患者数、検査担当数など具体的に)
  • 希望により呼吸器の専門外来の開設が可能かどうか
  • 一般内科対応についての確認
  • 外来、病棟においてどんな呼吸器疾患が多いのか
  • 人工呼吸器の患者への対応状況や人数の確認
  • 呼吸器以外ではどんな疾患を診る事を求められるのか
  • 病院の地域における位置づけや経営状態、将来の展望など
    呼吸器に専門特化されていないケースが多く、呼吸器の患者ばかりではない事も念頭に置いた方が良い。

大規模(あるいは有名な人気)病院と比較すると提示される年収は高めの傾向が見られる(特に郊外へ行けば行くほど)。
当直回数の相談や当直無し(あるいは当直免除)の条件も柔軟に相談に応じてくれる医療機関も多い。

クリニックの場合

  • 院長や他の常勤医がいれば各々の専門科や得意分野、年齢、卒年、卒業大学など
  • 外来コマ数や患者数の確認
  • 後方支援病院について

基本的に当直もオンコールも無いクリニックが殆ど。
医師は院長だけか常勤医がもう一人といった規模のクリニックが多く、常勤医の空きが出た場合など不定期に医師を募集するといった感じで常時募集が出る訳では無く求人件数自体は少ない。

老健施設(介護老人保健施設)での勤務

  • 勤務内容の確認
  • 近隣の病院、診療所との連携
  • 病院関連施設かどうか

入所者の健康管理や入所診断を行うのが主たる業務。
(老健施設では診療行為は行えない。)。
施設の管理者(施設長)としての役割を求められる事が多い。
入所者に何かあった時の対応について確認が必要。病院の関連施設である老健施設の場合はバックアップ体制に問題がない場合が多いが、そうで無い場合は対応方針について要確認。 入所者やスタッフとうまくやっていく事に重きが置かれ医師としての専門性よりも人柄を重視する傾向が見られる。

呼吸器内科の最新求人情報 PICK UP

医療法人社団協友会 彩の国東大宮メディカルセンター

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団協友会 彩の国東大宮メディカルセンター(さいたま市北区)呼吸器内科医師募集(常勤)

所在地
埼玉県さいたま市北区
募集科目
常勤呼吸器内科, がん化学療法、がん治療、放射線治療、急性期医療可能な医師
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人社団協友会 東川口病院

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団協友会 東川口病院(埼玉県川口市)呼吸器内科医師募集(常勤)

所在地
埼玉県川口市
募集科目
常勤呼吸器内科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療社団哺育会 白岡中央総合病院

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団哺育会 白岡中央総合病院(埼玉県白岡市)呼吸器内科医師募集(常勤)

所在地
埼玉県白岡市
募集科目
常勤呼吸器内科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録