腎臓内科の最新求人情報 PICK UP

医療法人社団 浦川会 勝田病院

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団 浦川会 勝田病院( 茨城県ひたちなか市)透析管理(腎臓内科・人工透析・泌尿器科)医師募集(常勤)

所在地
茨城県ひたちなか市
募集科目
常勤腎臓内科・人工透析, 泌尿器科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人社団友志会 石橋総合病院

NEW! 2017/09/22更新

医療法人社団 友志会 石橋総合病院(栃木県下野市)腎臓内科医師募集(常勤)

所在地
栃木県下野市
募集科目
常勤内科系全般, 腎臓内科・人工透析
給与
常勤年俸 1,800万円

>この求人を見る


医療法人社団天宣会 北柏リハビリ総合病院

NEW! 2017/09/05更新

医療法人社団 天宣会 北柏リハビリ総合病院(千葉県柏市)人工透析医師募集(常勤)

所在地
千葉県柏市
募集科目
常勤腎臓内科・人工透析, 泌尿器科
給与
常勤年俸 1,700万円

>この求人を見る


腎臓内科の医師が抱える悩みとは?腎臓内科の転職市場を考える

まず腎臓内科とは、主に腎臓疾患を診断、治療する診療科であるが、近年は糖尿病や膠原病などの全身疾患に伴う慢性腎疾患患者が増加している。また腎不全、糖尿病性腎症からの腎不全では感染症のコントロールや血糖管理、全身管理が求められる場面もある。
多臓器疾患の悪化に伴い腎不全が進行する症例も多く、糖尿病、膠原病、心疾患など広範な知識や経験がものを言う腎臓内科は内科らしい内科と言われている。

腎臓内科の代表的な専門医制度である日本腎臓学会認定の腎臓専門医になる為には、
「認定内科医、小児科学会専門医、外科学会専門医、泌尿器学会専門医のいずれかの資格を有しており、且つ日本腎臓学会指定の研修施設において研修を3年以上行った事(義務化の初期研修は含めない)」などの要件があり、2014年3月現在、腎臓専門医は全国で3,855名となっている。

腎臓内科医の主なキャリアとしては、大学病院や急性期基幹病院で細分化された領域に専門特化していくか、或いは人工透析をはじめとしたより広範な分野へ展開していくかに大別されると思われる。透析クリニックでのアルバイトは収入の面でもスキルアップの面でも人気のある勤務である。この種の求人の募集案件も少なくない。

なお、人工透析の代表的な専門医制度である日本透析医学会認定の専門医になる為には、
「日本内科学会および日本外科学会において定められたいずれかの認定医または、専門医、日本泌尿器科学会および日本小児科学会において定められたいずれかの専門医、もしくは日本麻酔学会において定められた指導医の資格を有し、臨床経験5年以上を有すること。

ただし、これに該当しない場合においても、本会の専門医制度委員会の規定によって認定された認定施設において5年以上の臨床経験を有する者については、同等の資格を有する者とみなすことが出来る。」などがあり、2014年4月現在で人工透析専門医は全国で5,168名となっている。

腎臓内科、人工透析関連の悩み相談の事例

現勤務先で腎臓内科の常勤医が少なく、緊急透析やオンコールが多く体力的にきつい。

忙しすぎて休みが取れないのでオンオフのはっきりしている透析クリニックに転職したい。

家庭の事情で当直ができないので当直の無い施設への転職を考えている。

シャント造設術やシャントPTAのスキルを活かして透析クリニックへ転職したい。

他科が専門だが人工透析をこれから勉強したい。

子育ての為、非常勤で週1~2日程度、透析クリニックで透析管理のバイトをしたい。

こういった悩みに対して、
常勤での転職の検討も含め、子育てや家族の転勤に伴う非常勤アルバイトの組替え相談などでひとりひとりの医師の悩みに寄り添いたい。

腎臓内科医の特質をもう少し考えてみると、
糸球体は毛細血管の塊のような臓器で腎炎やネフローゼなどで腎臓内科を受診する患者の中には全身の血管にも病変が及び様々な合併症を抱えているケースが非常に多い。
その為、実際の診療の現場でも、他科の医師から相談を受ける事が多く、コメディカルスタッフと話し合いながら治療方針を立てていく場面も少なくないようである。
こういった全科的チームマネジメント役を担えるのも、腎臓内科の大きな魅力の一つである。

また、若い腎臓内科医にとってはキャリアパスを考える上で「学位」も一つの悩みであろう。市中病院や臨床の現場ではさほど重要視される訳ではないが、大学でポジションを得たい場合は依然として学位が求められる傾向が見られる為、大学院に行かざるを得ないというのが実態であろうか。大学院に行っている間は収入を得る為のバイトも考える必要があるかもしれない。誰が言ったのか医者の学位(博士号)は「足の裏の米粒」のようなものだと、即ち「取っても食えないが取らないと気持ち悪い・・・。」言い得て妙である。

次に、「腎臓専門医」(実働)を見ておくと、3,855名(2014年3月現在)となっている。 都道府県別では、北海道75名、青森県26名、岩手県21名、宮城県65名、秋田県36名、山形県26名、福島県52名、茨城県74名、栃木県67名、群馬県68名、埼玉県170名、千葉県98名、東京都751名、神奈川県292名、山梨県24名、長野県55名、新潟県81名、富山県35名、石川県50名、福井県29名、岐阜県37名、静岡県95名、愛知県208名、三重県36名、滋賀県32名、京都府101名、大阪府293名、兵庫県131名、奈良県41名、和歌山県30名、鳥取県13名、島根県13名、岡山県75名、広島県85名、山口県26名、徳島県19名、香川県34名、愛媛県31名、高知県26名、福岡県171名、佐賀県20名、長崎県42名、熊本県50名、大分県29名、宮崎県29名、鹿児島県27名、沖縄県43名、海外1名、不明22名となっており、首都圏エリア(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)に腎臓専門医の34%が集中している状況が見えてくる。
(別表を用意:都道府県別の腎臓専門医が多い医療機関一覧表)

これまでは常勤医でないと専門医の資格は取れなかったが、現在は子育てをする非常勤医、バイトであっても専門医の資格を取得できるようになった為、育児が一段落した後に現場復帰する道も取りやすくなっている。その様な求人案件を探してみるのもよいのではないであろうか。

医療機関が求めるその科目の医師に対してのニーズとその科目の転職市場

腎臓内科の医師求人傾向はやはり透析管理を主体としたものが多く、総合病院からクリニック、常勤からバイトまで求人募集の案件は幅広い。増加する透析患者に対応して新規に透析センターをオープンする医療機関も見られ、腎臓内科医に対する医療機関からの求人は多い傾向である。増えるニーズに対して腎臓内科医の数が少ない事から勤務医としても開業医としてもチャンスが多い診療科目の一つと言える。また、自ら開業するリスクを負わなくとも透析クリニックを複数展開する大手透析クリニックグループによる院長募集の案件などもある。

求められる能力や業務内容については、内科的治療のみでも十分に歓迎されるがシャント造設術などの外科的手技が出来ると更に強力な武器となる。人工透析という領域は糖尿病や膠原病、循環器などとの関連も深く、他の専門科目から人工透析医へと幅を広げる医師も少なくない。シャントトラブルや血管疾患へある程度の対応が可能な医師はこの分野では高い評価を得られる。

これから始めたいという意欲のある医師であれば指導体制を整えて迎えてくれる医療機関もあり、勉強しながら人工透析医を目指す事も可能である。

人工透析専門医を取得していれば更に医療機関との転職交渉を有利に進められるが、基本的には資格の有無よりも、実際に何ができるか、何をしたいかといった「医師としての経験や意欲」の方が重視される。いずれにしても現状では選択肢の多い分野と言える。

病院での勤務の場合

腎臓内科の転職では、病院によって診療方針や勤務内容の中身が大きく異なる。
例えば、患者が透析に至らないようにする事を主眼に置いて診療しているのか、或いは透析管理が主体なのかで勤務内容は大きく異なってくる。
急性期基幹病院においては、腎臓内科外来、外来透析、病棟管理、腎生検、血液透析、腹膜透析(CAPD)等、診療の幅は広い。 公立病院や民間病院でも人工透析室を拡充する為に腎臓内科医を募集しているところもあり、中小規模の市中病院においては透析管理が主体のところが多くなっている。
入院透析を扱っている病院では夜間のオンコールなども想定される。
また循環器内科、泌尿器、糖尿病、膠原病リウマチ、内分泌など、他科と関わる事も多い為、医局や他科連携についても確認しておいた方が良い。

透析クリニックでの勤務の場合

透析クリニック勤務のメリットはオンオフがはっきりしている点である。
当直も無く、比較的年収、給与面などの待遇も良いケースが多い。
要確認項目としては、

経営母体について(経営の安定性はどうか? )

外来透析管理のバックアップ体制について(緊急時に搬送する関連の病院の有無)

病院・クリニック共通での要確認項目

透析ベッド数

期待される役割・ポジションや具体的な業務内容

通院透析の患者数

シャント造設術を行っているか否か

腹膜透析(CAPD)の有無

スタッフの構成や業務分担について



また、人工透析の医師求人において医療機関側からよく聞かれる事項としては、

透析の経験について

シャント造設術は可能かどうか

透析についての考え方について/p>

選考のポイントとして医療機関が見る所

職務経歴を書類上で確認

どこの病院にどのくらいの期間勤務して医師としてどのような事を経験してきたか?

→短期間での離職が多いと医療機関側も警戒し不利に作用する事も。

何ができるか?

→病院側としては医師を求める理由がある為、来てもらってどんな仕事を任せられる医師かを見る。

専門医資格の有無

→参考程度に見るがやはり専門医をしっかり取得している場合は、真面目に目的意識を持って努力してきた医師である証として一定の評価はされる。

医師と病院のニーズの相互確認

専門に特化した働き方を求めている医師なのか、
或いは透析管理をメインにしたいのか、医療機関側のニーズによってまちまちであるが、腎臓内科の専門性が高くなればなるほど(急性期の度合いが高まる程)高い専門性が求められると共に、入院透析のある病院では当直、オンコール等の対応が想定される為、その点も医師側、病院側ともよく確認し合う必要がある。

人柄確認

まず例外無くほとんどの医療機関では人柄も見る。
(とは言えある意味で常識人を求めている訳で特段の人格者である必要は無い。)
腕は一流、知識も豊富、そして人並みのコミュニケーションが図れる医師であれば文句なし。手技や知識が豊富でも他のスタッフとうまくやってくれない医師は残念ながら病院も持て余してしまうのが実情である。

その科目の年収・給与・バイトの相場

循環器内科医の年収・給与・バイトの相場

ご承知の通り、給与は同じ病院で科目によって違うというケースは殆ど無い。
経験年数と役職で給与テーブルによって年収は半ば自動的に決まる訳である。
あとは時間外手当や当直回数によって多少違いがある程度である。
但し、勤務する病院によって病院ごとに年収やアルバイトの日給、時給が大きく異なるのは事実である。
あまりに高い給与を提示される場合は注意が必要である。
何がその背景にあるのかを冷静に判断せねばならない。求人の募集内容をしっかりと確認すべきである。

腎臓内科の場合は(もちろん地域や病院によって差はあるが)、
一例として関東近県の公立病院(500床規模)の腎臓内科医に対する募集で、
医籍登録10年の医師(ポジションは医長)で年収1,400万円~1,500万円(週5日勤務、時間外手当含)といった辺り。
また、人工透析専門病院の一例としては、
東京近郊の透析専門病院で透析管理+病棟管理、外来(午前中、週2~3コマ)も含む週4~5日の業務で年収1,800万円~2,500万円といったものが見られる。

実際の業務内容

大学病院や急性期基幹病院

腎臓内科外来、外来透析、病棟管理、腎生検、血液透析、腹膜透析(CAPD)等、診療の幅は広い。

中小規模の公立病院や市中病院

外来+病棟管理など

人工透析専門病院、透析クリニック

透析管理、病棟管理、外来など

腎臓内科に向いているタイプや腎臓内科医の将来性

腎臓は全身のホメオスタシスを維持する上で、欠く事のできない重要臓器であり、全身諸臓器の疾患、病態形成に深く関与していると言われている。各種の薬物治療・外科治療を行う上でも腎機能を正確に評価し、腎臓への影響を十分に考慮する必要があるが、腎疾患では緊急を要する場合は比較的少ない。それ故、考えるよりも手を動かす方が大切という急性期を扱う科と比較するとやや地味な印象もあるが、じっくりと考えながら患者と向き合える点ではそういった事が好きな医師には向いている科目と言えるかもしれない。
腎疾患は二次性のものを合わせると疾患が多岐に亘る為、全身を診る能力と多くの知識が要求される。大学病院や急性期基幹病院においては腎炎から腎不全・血液浄化療法・腎移植の各分野でも腎生検・腎病理診断・シャント造設術など多くの手技が必要とされる。
こうした知識や手技を習得するには基礎能力の上に教育指導システムが充実していなければ難しく施設もある程度限定されてしまうが、他方では社会的なニーズとして、増加する透析患者への対応(現在維持透析患者は25万人を超え、その数は年々増加している状況)がある。また、その予備軍である慢性腎臓病患者にいたっては400万人以上と推定されているが、腎臓専門医は全国で4,000名未満であり、上述したような能力を備えた腎臓内科医を求める医療機関は多く将来性は高い科目と言える。

※実際の転職成功事例があればそれを記載

医師コンシェルジュとしてのその科目の先生のサポート体制提示

腎臓内科医としてどういった将来を希望しているのか、キャリア観や進みたい方向性に悩んでいる医師に対しては様々な可能性を提示して一緒に寄り添いサポートしていきたい。
転職先候補の医療機関を見る際には下記項目も合わせてチェックされたし。

病院の場合

その病院の腎臓内科の体制、診療方針の確認

腎臓内科の常勤医師数

入院透析の有無

オンコールの有無

クリニックの場合

経営母体についての確認(経営の安定性はどうか? )

外来透析管理のバックアップ体制について(緊急時に搬送する関連の病院の有無)

病院・クリニック共通での要確認項目

透析ベッド数

期待される役割・ポジションや具体的な業務内容

通院透析の患者数

シャント造設術を行っているか否か

腹膜透析(CAPD)の有無

スタッフの構成や業務分担について

腎臓内科の最新求人情報 PICK UP

医療法人社団 浦川会 勝田病院

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団 浦川会 勝田病院( 茨城県ひたちなか市)透析管理(腎臓内科・人工透析・泌尿器科)医師募集(常勤)

所在地
茨城県ひたちなか市
募集科目
常勤腎臓内科・人工透析, 泌尿器科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人社団友志会 石橋総合病院

NEW! 2017/09/22更新

医療法人社団 友志会 石橋総合病院(栃木県下野市)腎臓内科医師募集(常勤)

所在地
栃木県下野市
募集科目
常勤内科系全般, 腎臓内科・人工透析
給与
常勤年俸 1,800万円

>この求人を見る


医療法人社団天宣会 北柏リハビリ総合病院

NEW! 2017/09/05更新

医療法人社団 天宣会 北柏リハビリ総合病院(千葉県柏市)人工透析医師募集(常勤)

所在地
千葉県柏市
募集科目
常勤腎臓内科・人工透析, 泌尿器科
給与
常勤年俸 1,700万円

>この求人を見る


新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録