泌尿器科の最新求人情報 PICK UP

医療法人社団 浦川会 勝田病院

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団 浦川会 勝田病院( 茨城県ひたちなか市)透析管理(腎臓内科・人工透析・泌尿器科)医師募集(常勤)

所在地
茨城県ひたちなか市
募集科目
常勤腎臓内科・人工透析, 泌尿器科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人社団協友会 八潮中央総合病院

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団協友会 八潮中央総合病院(埼玉県八潮市)泌尿器科医師募集(常勤)

所在地
埼玉県八潮市南川崎
募集科目
常勤泌尿器科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人社団天宣会 北柏リハビリ総合病院

NEW! 2017/09/05更新

医療法人社団 天宣会 北柏リハビリ総合病院(千葉県柏市)人工透析医師募集(常勤)

所在地
千葉県柏市
募集科目
常勤腎臓内科・人工透析, 泌尿器科
給与
常勤年俸 1,700万円

>この求人を見る


泌尿器科の医師が抱える悩みとは?
泌尿器科の転職市場を考える。

泌尿器科の医師が抱える悩みとは?泌尿器科の転職市場を考える

泌尿器科は一般の人にはあまり馴染みの無い専門科目であるが、
概略としては尿および性器に関する領域(泌尿生殖器)で、主に外科系を中心として診療する専門科目である。内科系には腎臓内科という診療科があり、小規模な病院ではその境界が明確になっていないところも多い。
具体的には、腎臓、膀胱、陰茎、尿管、尿道、陰嚢、精巣、前立腺などに関わる領域をカバーする専門科である。
扱う疾患としては泌尿器科は主として外科系であり、がんを含む腫瘍、外傷、結石などで、
腎がん、膀胱がん、前立腺がん等の悪性腫瘍の手術に力を入れる医療機関も多い。

泌尿器科の代表的な専門医制度である日本泌尿器科学会認定の泌尿器科専門医になる為には下記要件を満たす必要がある。

専門医制度規則・施行細則の改訂により、平成25年に泌尿器科専門研修を開始する医師から専門医認定までの手続きが変更となっている。

専門医認定までの泌尿器科専門研修期間

(1)専門医認定に必要な研修期間は、卒後研修2年に泌尿器科専門研修4年を加えた計6年間(卒後満6年)とする。
(2)卒後研修修了後、施設長と日本泌尿器科学会専門医制度審議会に「研修開始宣言」*を行ない、泌尿器科専門研修を開始する。この時には日本泌尿器科学会に正会員として入会している必要がある。
(3)泌尿器科専門研修4年間のうち2年間は基幹教育施設(専門医制度規則施行細則第4章第14条参照)で研修を行う必要がある。
(4)泌尿器科専門研修4年を修了した卒後7年目の4月から5月に専門医認定試験受験の申請を行う。
(5)上記受験申請に続いて研修歴、研修内容について審査を行う。受験資格が認められた場合は、8~9月に実施される専門医認定試験を受験する。
(6)専門医認定試験の合格をもって10月1日付で専門医に認定される。
*[研修開始宣言]は卒後研修修了後(卒後3年目)の4月から6月の間に行い、4月からの研修開始とみなされる。

となっており、

2015 年5月現在、心臓血管外科専門医は6,437名となっている。

泌尿器科医の悩み相談の事例

医局人事で悩んでいる。海外留学もさせてもらい帰国後は御礼奉公のつもりで関連病院へ単身赴任している。そろそろ家族と暮らせるようにしたいがどうしたものか。

医局の都合で関連病院の一般外科に回されたが自分は泌尿器科の手術をやりたい。

今の病院では泌尿器科の体制が整っておらず、オペの腕が鈍る事を心配している。 ダヴィンチなど先進設備の整った病院で手術症例の多いところを探してほしい。

腹腔鏡手術のスキルを評価してくれる病院に移りたい。

今は公的病院でレジデントとして働いているが、なかなかスタッフ職のポストが空かず、正職員になれる見通しが無い為、将来が見えない。手術の腕ももっと向上させたいので転職を検討している。

時間外勤務が多く体力的にも精神的にもしんどい。

親が高齢になり介護が必要になってきた。その為、実家のある出身地へUターン転職を検討し始めている。

そろそろ勤務のペースを落として多少ゆっくりした働き方に変えていこうかと思い始めている。指導医的な立場でこれまでの経験を活かせる病院はあるだろうか。

泌尿器科専門医の資格取得をバックアップしてくれる病院に移りたい。

体調を崩していたがそろそろ仕事に復帰したい。あまりハードでなくゆったり仕事ができる透析主体の施設や病院を探してほしい。

忙しすぎて休みが取れないので医局を辞めてもう少しゆったり勤務できるところを探したい。

今の病院では居残りが毎日あり、家族との時間が持てない。

毎週当直があるが隔週くらいにしたい。また当直明けは休日にして欲しい。

海外で研究を続けてきたが家族の事情で帰国して臨床に戻る必要が生じたので転職先候補の病院を探してほしい。

体調を崩してしまい、少し仕事のペースを落とす必要性を感じている。転職を検討しているが良い病院はあるだろうか?

自分を必要としてくれる一般病院でひとりひとりの患者さんと向き合える医者になりたい。

地域密着の病院で患者さんの役に立ちたい。

医局人事で数年おきにあちこちの病院に行かされる事に疲れた。自宅から通える病院に転職して腰を据えて患者と向き合える環境に身を置きたい。

収入をアップさせたいので今の常勤先とは別に非常勤で週1~2日程度バイトを入れたい。

こういった悩みに対して、
常勤での転職の検討も含め、子育てや家族の転勤に伴って常勤をやめて非常勤アルバイトを探している医師、研究から臨床に戻る事を検討している医師、また、常勤に加えバイトでの収入アップとスキルの向上を望む医師など様々であるが、泌尿器科の医師ひとりひとりの悩みに寄り添いたい。

また、若い泌尿器科医にとってはキャリアパスを考える上で「学位」も一つの悩みであろう。市中病院や臨床の現場ではさほど重要視される訳ではないが、大学でポジションを得たい場合は依然として学位が求められる傾向が見られる為、大学院に行かざるを得ないというのが実態であろうか。大学院に行っている間は収入を得る為のバイトも考える必要があるかもしれない。誰が言ったのか医者の学位(博士号)は「足の裏の米粒」のようなものだと、即ち「取っても食えないが取らないと気持ち悪い・・・。」言い得て妙である。

医療機関が求める泌尿器科の医師に対してのニーズと泌尿器科の転職市場

泌尿器科は大学医局からの非常勤医派遣もしくは大学の関連病院として医局人事で常勤医の体制が維持されているケースが多い。
病院の機能分化が進み、泌尿器科領域の手術症例は大学病院や大規模基幹病院クラスに集中する傾向があり、医療設備やスタッフの両面が充実した施設でなければ泌尿器科医も手技や知識を向上させる事が困難であり、こういった大規模施設の多くは大学医局との良好な関係により医師も充実している傾向がある。その為、外部の泌尿器科医を募集する機会はあまり多くは無い。現実的には基幹病院クラスの医療機関、がん治療や化学療法を行う体力のある病院という事になり、ある程度、施設が限定されてくる。
しかし大都市部を中心に民間病院の中には特定の大学医局に依存せずに一般公募で泌尿器科医を集めて専門医の取得を目指す事が可能な医療機関もある。
また、腹腔鏡手術のできる即戦力の泌尿器科医を高年収で招聘するといった事例も見られる。
また、募集要項の求人募集の科目に「泌尿器科」を挙げる医療機関は少なくないが、
実際は透析業務を担ってもらう事を期待しての泌尿器科医募集である場合もある。募集案件をしっかりと確認する必要がある。
こうした透析業務の担い手として泌尿器科医を募集している医療機関の場合、
大学医局の絡みや近隣に泌尿器科に強い病院があるか否か、また、財務面、資金面など経営体力などの環境が許せば、泌尿器科を強化していく事も相談可能な場合もある。
泌尿器科医の総数は少なく、医師の不足感が強い診療科目のひとつであり、泌尿器科医にとっては比較的「売り手市場」の状況が続くものと思われる。

泌尿器科の医師数と需給のバランス

選考のポイントとして医療機関が見る所

職務経歴を書類上で確認

どこの病院にどのくらいの期間勤務して医師としてどのような事を経験してきたか?

→短期間での離職が多いと医療機関側も警戒し不利に作用する事も。

何ができるか?

→病院側としては医師を求める理由がある為、来てもらってどんな仕事を任せられる医師かを見る。

専門医資格の有無

→得意分野の確認や目指している方向性を確認。

得意分野や経験症例数

医師と病院のニーズの相互確認

泌尿器科医としてどのような働き方を求めているのか、 医療機関側のニーズはどうなのかといった観点も含め、よく確認する必要がある。

人柄確認

まず例外無くほとんどの医療機関では人柄も見る。
(とは言え、ある意味で常識人を求めている訳で特段の人格者である必要は無い。)
腕は一流、知識も豊富、そして人並みのコミュニケーションが図れる医師であれば文句なし。手技や知識が豊富でも他のスタッフとうまくやってくれない医師は残念ながら病院も持て余してしまうのが実情であるが、外科医は腕の良し悪しがものを言うのもまた真なりである。

泌尿器科医の年収・給与・バイトの相場

泌尿器科医の年収・給与・バイトの相場

ご承知の通り、給与は同じ病院で科目によって違うというケースは殆ど無い。
つまり経験年数と役職で給与テーブルによって半ば自動的に決まる訳である。
あとは時間外手当や当直回数によって多少違いがある程度である。それらを総合して年収は決まる。
但し、勤務する病院によって病院ごとに大きく異なるのは事実である。
あまりに高い給与を提示される場合は注意が必要である。細部まで求人の募集案件を確認するべきである。
何がその背景にあるのかを冷静に判断せねばならない。

泌尿器科の一般公募での年収相場を見てみると(もちろん地域や病院によって差はあるが)、常識的なところで主な募集対象となる臨床経験3年以上の医師で、

一例として東海エリアの民間総合病院(400床規模)で、泌尿器科医を募集する案件で、年収1,100万円~2,000万円辺り(臨床経験3年以上)。
年俸設定については経験年数、スキル、勤務条件に応じて変わってくる。期待される役職・ポジションや専門医資格、インセンティブにより多少変動するものの、法人規定の給与テーブルや他の常勤医師とのバランスを考慮する必要があり経験年数である程度年収は自動的に決定される。
学会研修施設に認定されており泌尿器科専門医の取得も目指せる。
また、腹腔鏡の手術が可能な泌尿器科医は厚遇での条件交渉も可能となっている。

また、同じく東海エリア東部の地域基幹の公立病院(600床規模)では、透析業務担当医を募集する内容で泌尿器科医の他、腎臓内科医、人工透析医を募集しており、年収は1,400万円~2,000万円程度となっている。外来診療+病棟管理+透析管理が業務内容。
人工 透析室は泌尿器科医の指示の下に看護師と臨床工学技士が腎不全状態になった患者の血液透析を主として実施しており、月、水、金は午前、午後の2クール、火、木、土は午前のみの1クールの体制となっている。地域の基幹病院として透析導入時の教育や指導、手術などのため要入院となった患者への血液透析を中心に維持透析、特殊透析などを実施している病院である。

また、医師不足のエリアや緊急度が高い場合など、高額の年収、アルバイトの日給、時給を提示する場合も散見されるが、その求人募集にはそれ相応の理由があるので納得できる場合は検討対象に入れても良いかもしれない。

泌尿器科の実際の業務内容やチェックポイント

泌尿器科医の業務内容の一例

主な業務:外来、救急、病棟の診療業務 及び 手術

☆ 希望により専門に特化した専門外来(完全予約制)も可能。

担当外来コマ数:週3.5コマ(※半日が1コマ)

外来診察患者数(医師1人あたりの診察人数):

午前 平均 約25人
午後 平均 約10人
 ☆ 泌尿器科の診察は午前、午後共に1診の場合

担当入院患者数:月 平均 約10名(平均在院日数:約16 日)

手術症例件数:主治医制の為、担当した患者の手術を行う。

☆ 麻酔科常勤医師が在籍しており、全身麻酔、腰椎麻酔の場合は、
常勤もしくは非常勤の麻酔科医が必ず麻酔を行う。

診察内容:泌尿器科では透析が無い為、腎不全に関しては近隣の病院との連携にて診療を行っている。また、一般泌尿器科としての診療は選り好みせずに行っており、悪性疾患、結石、炎症性疾患、神経因性膀胱、男性不妊、夜尿症など、幅広く行っている。
また手術は小手術から、内視鏡手術、解放手術(前立腺全摘、膀胱全摘)まで、ひととおり行っており、麻酔の常勤医も在籍しているので安心して手術に専念できる環境である。

医療設備:ESWL(体外衝撃波治療)、内視鏡設備はTUR関係は全て、尿管鏡は硬性鏡、軟性鏡ともに有り

当直・オンコール:夜間・休日の当直は無し。これは開院以来、理事長の方針によるもので、常勤医師は日昼の業務に専念してほしいとの思いがある為である。これにより常勤医は当直明けの疲労からくるミスやストレスから解放され、日常診療に専念する事が可能となる。夜間、休日の呼び出しは、基本的に当直の医師(非常勤医師)が対応しており、主治医でなければ対応できない場合を除いては電話連絡も含め多くない状況。

学会参加・休暇:学会や夏期休暇、有給休暇などに関しても、お互いがフォローアップし参加・取得がしやすい環境となっている。

専門医研修施設:日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医教育施設

泌尿器科に向いているタイプや泌尿器科医の将来性

泌尿器科は「匠の技」を追求できる楽しさがある世界と言われる事がある。
例えばTURを例に挙げると、膀胱腫瘍切除はあまり術者の技量差が出にくいが、前立腺切除の場合は術者のスキルと経験の差が結果に大きな違いを生むと言われている。また、泌尿器科は一人の患者を最初から最後まで一貫して診る事が多く、診療科としての自己完結性が高い点も特徴である。
診療アプローチも開腹手術から内視鏡手術、腹腔鏡手術、化学療法、内分泌療法など数多くの方法があり、それらを駆使して治療適応を考えられる医師にはとてもやりがいがあり、魅力的な専門科目と言えるだろう。

泌尿器科の転職先候補の医療機関のチェック項目アドバイス

泌尿器科医としてどういった将来を希望しているのか、キャリア観や進みたい方向性に悩んでいる医師に対しては様々な可能性を提示して一緒に寄り添いサポートしていきたい。
転職先候補の医療機関を見る際には下記項目も合わせてチェックされたし。

常勤医師の専門領域、年齢構成、人数

症例数、手術件数

ESWL(体外衝撃波治療)実績の有無

手術体制

担当部門の手術領域

腹腔鏡手術の実施状況

オペ看護師の体制、経験年数など

受持ち患者体制

関連医局について

専門医認定施設かどうか

指導体制、教育体制

麻酔科など他科や関連部署との連携について

透析業務の有無

透析患者の入院・通院の内訳

透析サイクルや時間の詳細

透析の種別(腹膜透析/血液透析)について

シャント形成、シャントトラブル時の対応について

臨床工学技士(ME)の人数

医療機器、手術設備について

基幹病院、大規模民間病院、泌尿器専門病院での勤務の場合

主な症例数や手術件数について

設備や検査体制について

指導医の方針や教育制度について

研修プログラムがしっかり策定されているかどうか

同僚となる医師(常勤医)の専門領域、年齢、卒年、卒業大学について

大学医局からの医師派遣状況はどうなっているか

担当業務の内容(外来コマ数、受持ち患者数、手術数など)

麻酔科など他科との連携体制について

臨床工学技士(ME)の人数

泌尿器科専門医研修認定施設かどうか(専門医を目指す医師)

募集の背景(増員、強化、欠員、新規立上げなど)について

透析を中心とした勤務の場合

主な症例や診療体制について

透析内容(腹膜透析/血液透析)について

当直、オンコール、休日の体制について

診療方針について

設備や検査体制について

同僚となる医師(常勤医)の専門領域、年齢、卒年、卒業大学について

担当業務内容について(外来コマ数と患者数、受持ち患者数、検査担当数など具体的に)

臨床工学技士(ME)の人数

医療設備について

透析を中心とした勤務を希望する場合、
透析患者数と透析の種類を確認しておく必要がある。
また、透析業務の場合、ご存じの通り、祝日がカレンダー通りに休みにならなかったり、
夜間オンコールがある事も多い点にも留意が必要である。

大規模(あるいは有名・人気)病院と比較すると提示される年収は高めの傾向が見られる(特に郊外へ行けば行くほど。常勤、非常勤、アルバイトの求人関わらず)。
当直回数の相談や当直無し(あるいは当直免除)の条件も柔軟に相談に応じてくれる医療機関も多い。

泌尿器科の最新求人情報 PICK UP

医療法人社団 浦川会 勝田病院

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団 浦川会 勝田病院( 茨城県ひたちなか市)透析管理(腎臓内科・人工透析・泌尿器科)医師募集(常勤)

所在地
茨城県ひたちなか市
募集科目
常勤腎臓内科・人工透析, 泌尿器科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人社団協友会 八潮中央総合病院

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団協友会 八潮中央総合病院(埼玉県八潮市)泌尿器科医師募集(常勤)

所在地
埼玉県八潮市南川崎
募集科目
常勤泌尿器科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人社団天宣会 北柏リハビリ総合病院

NEW! 2017/09/05更新

医療法人社団 天宣会 北柏リハビリ総合病院(千葉県柏市)人工透析医師募集(常勤)

所在地
千葉県柏市
募集科目
常勤腎臓内科・人工透析, 泌尿器科
給与
常勤年俸 1,700万円

>この求人を見る


新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録