社会医療法人恵愛会
大分中村病院

Add 〒870-0022
大分県 大分市 大手町3丁目2−43

URL http://www.nakamura-hosp.or.jp/index.html

  • 募集要項
  • 勤務体系
  • 給与体系
  • 医師構成
  • 病院の特徴・概要
  • 医療機器・設備
  • 就業サポート
  • フォトギャラリー
  • 病院アクセス

医師求人募集要項

医師募集科目

一般内科
▶総合診療科医師を募集します(総合診療科の新設)。
▶これまで専門診療科をお持ちで、新たに総合診療科として勤務したい、将来開業をお考えの先生で、診療領域を広げ、地域の医療機関・介護施設との連携を深めていきたい先生も歓迎しています。
▶今後のキャリアにあわせて、他の診療科(例・ある程度手術もしたい場合など:消化器外科兼総合診療科)等も可能です。

業務内容

外来、病棟管理
▶業務内容:今後設立する診療科である為、まずはお気軽にご相談ください。求職されている先生のご経験、ご指向にあわせて、診療内容を提案させていただきます。
▶患者さんのニーズに対応した基本的な医療を、専門各科と連携しながら提供したいと考えています。
▶初診患者(主に内科系)の対応と、他病院からの地域包括ケア病床への転院に対応頂きます。
▶具体的には、各科宛の紹介状を持たない初診患者さんで、どの科を受診していいかわからない方を担当頂きます。患者さんの容態にあわせて、必要に応じて専門各科に相談します。

役職

ご相談

資格要件

▶これまで専門診療科をお持ちで、新たに総合診療科として勤務したい、将来開業をお考えの先生で、診療領域を広げ、地域の医療機関・介護施設との連携を深めていきたい先生も歓迎しています。
▶今後のキャリアにあわせて、他の診療科(例・ある程度手術もしたい場合など:消化器外科兼総合診療科)等も可能です。Iターン・Uターンも対応いたします。

求人数

1名(将来、2名~3名体制を目指しています。)

勤務地

大分県

必要な能力

地域包括ケアシステムに対応していくために、①専門診療科と連携しながら、自宅・介護施設等からの救急対応のトリアージの充実、②他病院などから受け入れる地域包括ケア病棟の入院患者さんの対応、③在宅診療との連携など、地域連携の充実に寄与していく「総合診療科」の設立に興味と関心がある事。

医師募集の背景

地域包括ケアシステムに対応していくために、①専門診療科と連携しながら、自宅・介護施設等からの救
急対応のトリアージの充実、②他病院などから受け入れる地域包括ケア病棟の入院患者さんの対応、③
在宅診療との連携など、地域連携の充実に寄与していく「総合診療科」の設立を目指しています。

採用予定日

ご相談

勤務体系

勤務時間

勤務日数:常勤(原則週5日)
勤務時間:8:30~17:30(休憩時間60分)

当直

有り

月4回前後

休日

日曜日, 祝日, 研究日

休暇

その他
所定休日 年間117日、他に年次休暇、特別休暇あり

給与体系

給与

年俸2000万円
待遇15,000,000円~20,000,000円程度※経験・年数によって異なります
年俸は想定年俸、或いは上限年俸として目安にしてください。

給与その他

【各種手当】
・当直手当:25,000円/回
・通勤手当:上限23,800円/月
・家賃補助:当院借り上げ社宅の場合補助あり
・家族手当:配偶者15,000円/月、その他の扶養家族5,000円/月(2名まで)
・学会関係出張:年3回または年12日以内
・学会費:年30,000円を限度に病院が負担する
・定年:満65歳の誕生日の属する年度末 ※定年後嘱託勤務応相談
・退職金:勤務2年以上で退職金支給
・引越費用:300,000円まで当院負担
・保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、病院企業年金基金)

福利厚生

・社会保険:健康保険、雇用保険、厚生年金、病院企業年金基金
・定年:満65歳の誕生日の属する年度末
・退職金:勤務2年以上で退職金支給

その他

【採用・内定までの流れ】
1.ご連絡:ご興味・ご関心をいただけましたら詳細な条件面等の調整を実施します。
2.病院見学・診療部長面談:診療部長と面談し、実際の働き方等のイメージを掴んでいただきます。
3.理事長・院長面談:理事長・院長と面談します。病院の方針と求職者様の意向を摺り合わせます。
4.最終条件調整:最終的な条件調整を実施します。
5.内定・契約締結

医師構成

常勤医師 【総合診療科】新設を目指しています。
非常勤医師
関連医局等 大分大学医学部
理事長 中村 太郎 医師 【専門】整形外科、リハビリテーション科、救急医学
院長 中村 太郎 医師 【専門】整形外科、リハビリテーション科、救急医学
勤務医の声・主な症例数など 【総合診療科の業務内容・体制】
▶患者さんのニーズに対応した基本的な医療を、専門各科と連携しながら提供したいと考えています。
▶初診患者(主に内科系)の対応と、他病院からの地域包括ケア病床への転院に対応頂きます。
▶具体的には、各科宛の紹介状を持たない初診患者さんで、どの科を受診していいかわからない方を担当頂きます。患者さんの容態にあわせて、必要に応じて専門各科に相談します。
▶入院を必要としない場合は、患者さんや専門各科・地域連携部と相談の上で、患者さんにあった「かかりつけ医」を紹介したり、引き続き総合診療科で診療を継続していきます。
▶また、地域包括ケア病棟(44 床)の病棟医として、患者さんの在宅復帰及び退院後のケア(訪問リハ・訪問看護等)を担っていく体制の構築を目指しています。
▶※ 今後設立する診療科である為、まずはお気軽にご相談ください。求職されている先生のご経験、ご指向にあわせて、診療内容を提案させていただきます。

病院の特徴・概要

特徴
  • ○今も生きる創業者の「志」
    大分中村病院の創業者・中村裕(医学博士)は「障害者スポーツの父」と称され、国内外のアスリートに今もなお、親しまれています。
    中村裕は、生涯を賭けた障害者の自立・地位向上を通じて、「救急医療からリハビリテーション、更には社会復帰」の役割を担う病院が必要と考え、大分中村病院を設立しました。
    この中村裕が掲げた理念は、1984年に急逝し、30年以上が経過した今でも、病院が持つ信念として、大分中村病院を支えています。
  • ○「大分市の中心街を、支える。」
    大分中村病院は、1966年の創業以来、JR大分駅から徒歩圏内、大分県庁に隣接する立地で、大分市街地に最も近い民間救急病院として、「断らない医療」を実践しています。
    急性期から回復期を一貫して担い、「24時間365日、救急医療から社会復帰まで」を目標に、地域の皆様に選ばれる病院を目指しています。

    ○市街地「府内5番街」まで徒歩5分の好立地
    大分市街地の中心、府内五番街まで徒歩5分に立地しています。JR大分駅までも徒歩圏内、エアライナー利用で大分空港までも比較的近く、首都圏・関西圏へのアクセスも良好です。大分県で立地・交通に最も恵まれた病院のひとつです。
  • ○大分中村病院は、準公的な「社会医療法人」として透明性のある経営を行っている、県内では民間最大規模の病院です。
    ・トップダウンによる迅速な意思決定が可能
    ・個々の医師の裁量が広い
    ・医師からの提案に対して柔軟な対応が可能
    ・週30時間未満の時短勤務や小学校低学年までの児童を扶養する場合の時短勤務が可能
    ・週1日の研修日の設定が可能
  • ○整形外科を中心とした幅広い診療領域
    大分中村病院は、整形外科領域を中心とした、22診療科を擁する総合病院です。外科系・内科系領域をバランスよく配置し、大分市街地でのニーズに幅広く応えています。大学病院・公立病院等と異なり、各医師の専門性・興味関心に応じた診療領域を定める事ができます。
  • ○常勤医師数26名・複数大学医局との緊密な関係
    大分大学出身者を中心としながらも、長崎大学、徳島大学からも継続して医師派遣も受けています。更に民間からの医師応募・採用を通じ、九州大学等、他県医大出身者も積極的に採用しています。
    大分の中心地を支えるため、出身・所属医局に捉われず、医師一同団結して診療に従事しています。
概要
フリガナ シャカイイリョウホウジンケイアイカイ オオイタナカムラビョウイン
施設名 社会医療法人恵愛会 大分中村病院
施設区分 一般急性期, 回復型リハビリテーション
病床数 260床(実稼働237床、一般病棟129床、回復期リハビリテーション病棟58床、地域包括ケア病棟44床、HCU6床)
所在地 〒8700022
大分県 大分市 大手町3丁目2−43
URL http://www.nakamura-hosp.or.jp/index.html
診療科目 整形外科・脊椎外科・手外科・外科・脳神経外科・内科・循環器内科・消化器内科・腎臓内科・糖尿病内科・呼吸器内科・形成外科・泌尿器科・リハビリテーション科・肛門外科・リウマチ科・心臓血管外科・産婦人科・眼科・放射線科・皮膚科・麻酔科
看護基準 一般病棟入院基本料7対1
救急指定 二次救急, 救急件数多い
職員数 約500名(医師26名、薬剤師7名、看護師196名、准看護師27名、放射線技師11名、准看学生8名、臨床検査技師16名、看護助手36名、臨床工学技士11名、事務クラーク5名、理学療法士40名、ソーシャルワーカー8名、作業療法士28名、事務員66名、言語聴覚士6名
患者数など ○民間病院トップクラスの救急受入 大分市中心部を支えるため、様々な救急対策を行っています。 救急対応の医師のみに頼らず、看護師・コメディカル・事務が協力対応することで、重症・軽傷問わず、市街地で医療を支えるために、幅広い救急に対応しています。2次救急病院の指定も受け、3次救急病院と連携しながらも、大分市の救急医療を支え、年間2,000件を超える救急受入に対応しています。
主な症例 整形を中心(リハビリ処方に占める整形外科の割合54%)とする幅広い対応疾患(脊髄損傷・頸髄損傷・骨折・切断・関節疾患、スポーツ外傷等)と、形成外科領域、加えて脳梗塞、脳内出血等の脳神経外科領域、脳性麻痺や二分脊椎症等の小児を含む先天性疾患も対象とし、外科・内科疾患にもリハビリテーションを提供しています。
研修・認定施設等 厚生労働省臨床研修指定病院(基幹型・協力型)
厚生労働省外国医師臨床修練指定病院
日本整形外科学会整形外科専門医研修施設(☆整形外科については、専門医研修施設に認定されています。)
日本内科学会認定医制度教育関連病院
日本外科学会専門医制度関連施設
日本脳神経外科学会専門医認定制度訓練施設
日本麻酔科学会麻酔科認定病院
日本救急医学会救急科専門医指定施設
日本形成外科学会認定医研修施設
日本循環器学会専門医研修施設
日本呼吸器学会教育関連施設
日本感染症学会研修施設
日本消化器病学会大分大学附属病院関連施設
日本消化器外科学会大分大学附属病院関連施設
日本手外科学会専門医基幹研修施設
日本熱傷学会熱傷専門医認定研修施設
日本透析医学会専門医制度教育関連病院
日本がん治療認定医機構認定研修施設
日本消化管学会胃腸科指導施設
日本糖尿病学会認定教育施設
日本静脈経腸栄養学会NST稼働施設
国土交通省短期入院協力病院

医療機器・設備

カルテ種別 電子カルテ
医療機器・設備 ER(救急救命室)、手術室(4部屋、常勤麻酔科医2名、専属看護師が手術をサポート)、HCU(高度治療室)、32列マルチスライスCT、MRI(1.5T)、D血管造影装置、心臓カテーテル検査、RI、シンチレーションカメラ、CR(X線一般撮影)、DSA血管撮影装置、ポータブルX線撮影器、超音波診断装置(エコー、心エコー)、胃カメラ、大腸カメラ 他

就業サポート

研究日 週1日の研修日の設定が可能
学会出席 ・出張は年3回または年12日以内 ・学会費:年3万円を限度に病院が負担
引越費用 ○大分中村病院は、大分へのUターン・Iターン就職を応援しています。 大分県外からでも面談にお越しいただけた場合には、交通費等を負担致します。大分大学及び地域開業医と連携が取りやすい体制を構築しておりますので、大分での診療が初めてでもご安心下さい。 ・大分への転居費用を法人負担致します(30万円まで負担) ・採用面談にお越し頂く場合、ご本人の旅費等を負担致します ・借上社宅を利用する場合には、家賃補助があります

アクセス

所在地 〒870-0022
大分県 大分市 大手町3丁目2−43
交通アクセス 大分県庁東隣
【車】:
●鶴崎方面から…197号線を別府方面に向かって、大分中央消防署前の交差点の次の信号を左折
●別府方面から…197号線を鶴崎方面に向かって、県庁前の交差点の次の信号を右折

【公共交通】:
JR大分駅から…徒歩20分・タクシーで10分
当院へは路線バスも便利です
・県庁正門前バス停下車徒歩3分
・県庁前バス停徒歩3分