市立三笠総合病院

Add 〒068-2194
北海道 三笠市 宮本町489番地の1

URL https://www.city.mikasa.hokkaido.jp/hospital/

  • 募集要項
  • 勤務体系
  • 給与体系
  • 医師構成
  • 病院の特徴・概要
  • 医療機器・設備
  • 就業サポート
  • フォトギャラリー
  • 病院アクセス

医師求人募集要項

医師募集科目

腎臓内科・人工透析
※人工透析医師を募集

業務内容

外来、病棟管理、透析管理
外来診療、病棟管理、透析管理などをお願いいたします。

役職

一般常勤

資格要件

医師免許

求人数

勤務地

北海道

必要な能力

円滑なコミュニケーション能力

医師募集の背景

採用予定日

入職時期はご相談の上決定いたします。

勤務体系

勤務時間

勤務日数 : 5日/週
勤務時間 : 全日 8:15~16:45

当直

有り

当直有無 : 2~4回/月
オンコール: 応相談(※現在オンコール廃止を調整中)

休日

土曜日, 日曜日, 祝日

休暇

夏期休暇, 年末年始休暇, 有給休暇
有給休暇は年間20日付与、季節休暇 3日(夏季休暇)、年末年始休暇 5日

給与体系

給与

年俸2200万円
想定年収 : 1200~2200万円
条件交渉 : 相談可
年俸は想定年俸、或いは上限年俸として目安にしてください。

給与その他

◇宿日直手当あり

福利厚生

◇ 院内保育施設 : 利用あり(24時間)
◇ 扶養手当あり
◇ 住宅手当あり
◇ 通勤手当あり
◇ 宿日直手当あり
◇ 北海道市町村職員福利厚生会に加入

学会出席 学会参加:可、出張扱い
その他

※現在オンコール廃止を調整中

医師構成

医師数
関連医局等
理事長
院長 服部 哲夫 病院長 
勤務医の声・主な症例数など

病院の特徴・概要

特徴
  • 市立三笠総合病院は、昭和21年6月に三笠町立病院として診療を開始し、昭和32年の市制施行により三笠市立病院となり、昭和39年に現在地への新築移転を機に市立三笠総合病院に名称変更し、現在に至っております。
     当院は、本市の基幹病院として主に急性期医療を提供してきましたが、人口の約半分を高齢者が占める本市の状況にあわせ、現在は、慢性期医療を充実するよう療養病棟及び回復期リハビリテーション病棟のほか、訪問看護ステーションを設置し、三笠市民をはじめ、地域住民に信頼される病院づくりを目指しております。
  • 当院は本市における基幹病院として、24時間365日の救急医療のほか、急性期から回復期、慢性期、訪問看護サービスなどを提供しています。
  • 当直は月に2~4回を敷地内の住宅で対応しており、週末の宿日直は出張医で対応しています。
    また院内保育室(24時間)も完備しています。
  • 札幌市からはJR最寄り駅で下車し、タクシーで約15分。JR最寄り駅前のバスターミナルから三笠方面行のバスで約30分です。
概要
フリガナ シリツミカサビョウイン
施設名 市立三笠総合病院
施設区分 一般急性期, 療養型, 精神科病院
病床数 総病床数:199床 (一般 91床・療養 43床・精神 65床)
所在地 〒0682194
北海道 三笠市 宮本町489番地の1
URL https://www.city.mikasa.hokkaido.jp/hospital/
診療科目 内科 循環器科 外科 整形外科 小児科 皮膚科 泌尿器科 耳鼻咽喉科 眼科 精神科 神経科 リハビリテーション科
看護基準 一般病床:10対1看護 、 療養病床:20対1看護
救急指定 一次救急
職員数 232名
(正規職員114名、会計年度任用職員64名、委託職員54名)
【令和3年3月1日現在】

医療機器・設備

医療機器・設備 MRI (磁気共鳴画像診断装置) CT (コンピューター断層撮影装置) デジタルX線テレビ RI  (核医学診断装置) 透析 (人工腎臓装置) エコー内視鏡 骨塩測定装置 など

就業サポート

アクセス

所在地 〒068-2194
北海道 三笠市 宮本町489番地の1
交通アクセス 函館本線 岩見沢駅 車で約15分