老人内科・老健の最新求人情報 PICK UP

医療法人光誠会 ゆうメディカルクリニック

2017/05/23更新

医療法人光誠会 ゆうメディカルクリニック(大阪府大阪市東淀川区)内科系医師募集(常勤/非常勤)

所在地
大阪府大阪市東淀川区
募集科目
常勤内科系全般, 一般内科, 呼吸器内科, 循環器内科, 老人内科・老健
非常勤内科系全般, 一般内科, 呼吸器内科, 循環器内科, 老人内科・老健
給与
常勤年俸 1,500万円
非常勤時給10,000円

>この求人を見る


医療法人鳳香会 東前病院

2017/05/07更新

医療法人鳳香会 東前病院(茨城県水戸市)老人内科医師募集(常勤)

所在地
茨城県水戸市
募集科目
常勤老人内科・老健
給与
常勤年俸 1,800万円

>この求人を見る


医療法人鳳香会 五軒町クリニック

2017/05/03更新

医療法人鳳香会 五軒町クリニック(茨城県水戸市)内科日勤医師募集(非常勤)

所在地
茨城県水戸市
募集科目
非常勤内科系全般, 心療内科・精神科, 老人内科・老健, 皮膚科・美容皮膚科, 在宅医療
給与
非常勤時給70,000円

>この求人を見る


老人内科・老健の医師が抱える悩みとは?
老人内科・老健の転職市場を考える。

老人内科・老健の医師が抱える悩みとは?老人内科・老健の転職市場を考える

老人内科(老年内科)は、主に75歳以上の患者(施設によっては65歳以上など、年齢は目安)を対象に認知症(物忘れ)、転倒、歩行障害、失禁、意識障害、手足のしびれ、原因不明の発熱、肺炎、生活習慣病などの慢性疾患etc. 高齢者に多く見られる症状を診る診療科である。
超高齢化社会の到来に伴い全国各地の医療機関(特に療養型病院)や老健施設(介護老人保健施設)、在宅医療(訪問心療)からの医師求人が増加しており、慢性疾患や認知症対応が主な業務として求められている。また精神科病院における内科対応ニーズでも老人内科医(老年内科医)に対する求人は多い。

老人内科(老年内科)の主な学会組織としては下記が挙げられる。

日本老年医学会

老人内科(老年内科)の代表的な専門医制度である日本老年医学会の専門医(老年病専門医)の状況は下記の通り。

◎日本老年病専門医 1,412名 2016年7月1日時点
老年病専門医は社団法人日本専門医制評価・認定機構の認めるsubspecialtyの専門医の1つであり、内科を基盤とする専門領域と位置づけられている。
日本内科学会認定内科医の資格取得後、認定施設において指定されたカリキュラムに沿って3年間の専門臨床研修を受ける事が専門医認定試験の受験資格となっている。

[専門医の受験資格及び認定方法]

老年病専門医資格認定試験は、信頼される老年病標榜医として要求される老年病全般の医学知識と臨床能力を評価するものである。老年医学を教育するに相応しい環境と指導者がいると認定された施設で、決められた期間、定められた最低条件を満たす訓練を受けた事を証明する事と、筆記試験で専門医に相応しい知識を有している事を証明する事が求められ、筆記試験の合格率は概ね90%以上となっている。

老人内科・老健、内視鏡関連の悩み相談の事例

定年で退職する為、少しゆったりと勤務できる施設に移って働きたい。

病棟管理のみの勤務を希望。

在宅医療にチャレンジしたいが未経験の為、何から始めれば良いのか分からない。相談に乗って欲しい。

老年病専門医を取得したい。

ハードな勤務で体調がすぐれない。少しゆっくりと勤務ができる療養型の病院や老健施設で当直無しで働ける施設を希望。

医局人事で公立病院勤務を経て今は民間病院の病院長をしているが、この度退職する為、高齢者を主な対象に診療ができる施設に移りたい。

忙しすぎて休みが取れないので医局を辞めてもう少しゆったり勤務できるところを探したい。

今の病院では居残りが毎日あり、家族との時間が持てない。

当直はOKだが毎週はちょっと・・・。本当は当直の無い職場が良いのだが。

訪問診療クリニックで在宅医療をしているがオンコール対応で精神的に疲れてしまった。オンコールの無い職場を紹介して欲しい。

家族の事情で出身地へUターン転職をしなければならない。

医局のしがらみに疲れた。医局派遣の今の病院では自分のやりたい事ができない。

子育ての為、非常勤で週1~2日程度、在宅医療のバイトを中心に勤務したい。

こういった悩みを持つ医師に対して、常勤での転職の検討も含め、子育てや家族の転勤に伴って常勤をやめて非常勤アルバイトを探している医師、また、常勤に加えバイトでの収入アップとスキルの向上を望む医師など様々であるが、老人内科(老年内科)や老健、在宅医療(訪問診療)を希望する医師ひとりひとりの悩みに寄り添いたい。

医療機関が求める老人内科・老健の医師に対してのニーズと老人内科・老健の転職市場

医療機関が求める内科の医師に対してのニーズと内科の転職市場

所謂、老人内科(老年内科)の医師求人は高齢化に伴い増加傾向である。
医師求人のニーズは下記のような施設や役職が主となっている。

1. 療養病棟(療養型病院)
2. 老健施設(介護老人保健施設)の施設長など
3. 在宅医療(訪問診療)
4. 精神科病院の内科医募集

こういった案件では高齢者の慢性疾患や生活習慣病などに対するGeneralな内科対応が求められる事は共通しているが、施設によって仕事の内容や働き方が異なる為、内容の把握が必要である。
例えば、老健施設では積極的な医療行為は行わず病状の安定している入所者に対する体調管理や入所時チェック、更には施設長としての管理職業務が主な仕事となり、常勤医師は1名だけの施設が多い。
その為、これまでの病院勤務とは随分違った毎日となる事をイメージしておく必要がある。
また、在宅医療(訪問診療)も居宅中心の仕事なのか施設訪問が中心なのかによっても仕事の忙しさが異なってくる。希望の働き方と合致するかどうか、この辺りもしっかりと確認する方が良いであろう。
給与水準は療養型病院や老健では、ゆったりした勤務内容という事もあり、急性期の各科目と比較するとやや低めの設定となっている場合が多いが、在宅医療(訪問診療クリニック)ではかなり高年俸の案件も多く、社会的ニーズの高まりとも相まって、若手ドクターで訪問診療を志す医師も増えている。

③ 選考のポイントとして医療機関が見る所

【職務経歴を書類上で確認】

どこの病院にどのくらいの期間勤務して医師としてどのような事を経験してきたか?

→短期間での離職が多いと医療機関側も警戒し不利に作用する事も。

何ができるか?

→医療機関側としては医師を求める理由がある為、来てもらってどんな仕事を任せられる医師かを見る。Generalな内科対応をしていただく事を重視する為、臓器別の専門性の有無はあまり問われないが、得意分野や経験が医療機関側のニーズと合致すれば大きな強みとなる。

専門医資格の有無

→専門医資格は、真面目に目的意識を持って努力してきた医師である証として一定の評価はされる。

医師と病院のニーズの相互確認

療養型施設(療養病棟)や老健、在宅医療、精神科病院・・・、働く場所は違えども、高齢の患者を対象とする老人内科(老年内科)においては、高齢者の心身の生理、病理に対する深い理解や洞察、更には高齢者の気持ちに共感する事が求められる。
長い人生を歩んできた高齢者は、一人ひとり様々な経験を経て、心身ともに極めて個性に富んでおり、簡単にひと括りには出来ないという事を先ずは理解しようと努力する事が第一かもしれない。
その上で、医師側はどのような働き方やライフスタイルを希望するのかを伝え、医療機関側とじっくりとすり合わせをした上で、長く働ける職場選びを進めていただければと思う。

人柄確認

老人内科(老年内科)では高齢の慢性疾患を抱えた患者と比較的長く、且つ深くコミュニケーションを図り、寄り添う事になる科目である為、人柄は当然に重要視される傾向が強い。まず例外無くほとんどの医療機関では人柄を重視する。
(とは言え、ある意味で老人内科や慢性疾患、生活習慣病などに熟知、或いは意欲のある医師で、常識的な社会性・コミュニケーション力を備えた医師が求められるという意味であり、特段の人格者でなければならないという事ではない。)
これまでの立派な経歴にこだわる余り、必要以上にプライドが高すぎたり、手技や知識が豊富でも他のスタッフとうまくやってくれない医師は残念ながら病院・医療施設側も持て余してしまうのが実情である。

老人内科・老健医の年収・給与・バイトの相場

老人内科・老健医の年収・給与・バイトの相場

ご承知の通り、同じ病院で科目によって給与が違うというケースは殆ど無いが、老人内科(老年内科)が主体の施設では、急性期の施設と比較すると年俸は低めのところが多い。
在宅医療(訪問診療)クリニックでの勤務に関しては、ニーズの増加とも相まって若手医師の参画も増え、忙しさに応じた高年俸での医師募集となっている。

勤務する施設形態によって年俸も大きく異なるが、あまりに高い給与を提示される場合は注意が必要である。何がその背景にあるのかを冷静に判断せねばならない。

それでは老人内科(老年内科)の医師求人案件を見てみよう。
一例として東京郊外の療養型病院(100床規模)での常勤医師募集案件。
病棟管理が主体で外来は殆ど無い(0~2名程度/日)勤務内容。
一般内科業務での医師募集(専門は問わない)となっており、年俸は週4日勤務の常勤医で1,400~1,500万円程度。
当直医の到着までの遅番、早番手当てや当直手当は別途支給される。
院長職の場合は、年俸が1,800万円~2,000万円程度となる。

次に、関西エリアのケアミックス病院(400床規模)。
回復期リハビリテーション病棟・一般障害者病棟での病棟管理が主体の業務内容。
常勤5.5日で年俸1,400万円~1,600万円程度。
定時には業務がきっちり終了する為、ゆったりとしたライフスタイルを送る事が可能。
託児所も完備しており子育て中の医師や女性医師が働きやすい環境を整備している。
勤務時間の相談(非常勤も含め)にも柔軟に応じてくれる。
病棟の受持ち患者数は20名程度で、入院は全て紹介による予定入院となっている。

続いて老健施設の施設長募集案件を見てみよう。
老健施設(介護老人保健施設)では積極的な治療は行わない為、入所者や通所者の健康管理や施設長としての管理業務が主体となっている。
例えば、埼玉県のある施設(100床規模)では、土日祝が休みの常勤勤務で年俸1,200万円~1,300万円。週4.5日や週5日など勤務日数、曜日の相談も可能。
当直も無い為、ゆったりとした勤務でプライベートを重視したい医師には選択肢のひとつとして検討しても良いかもしれない。
専門は問わないが募集科目として優先度が高いのは、一般内科、老人内科(老年内科)、呼吸器内科、糖尿病内科、消化器内科、神経内科などとなっている。

次に在宅医療(訪問診療)分野の医師求人の一例をご紹介。
首都圏で訪問診療クリニックを多数広域展開している医療法人からの医師求人案件。
ここでは常勤医師が複数名在籍する事で医師ひとりひとりの負担軽減を図っている。
土日はお休みで訪問診療には看護師が同行、車の運転は看護師またはドライバーが同行する為、運転免許の無い先生も問題なく歓迎となっている。
平日9時~17時の訪問診療で週4日~5日の常勤医師で年俸は1,700万円~2,000万円程度。オンコール対応は日中、夜間を含め月間20~25件、但し電話対応がメインで、実際に夜間に出動する回数は月1~2回程度となっている。オンコール対応を厭わない医師は高年俸で在宅医療(訪問診療)にチャレンジしてみるのも良いかもしれない。

実際の業務内容

【療養型病院やケアミックス(一般・療養)病院での勤務の場合】

業務内容は病棟管理が主体となる場合が多い。
定時で業務が終了する職場も多く、そういった施設に勤務する場合はゆったりとしたライフスタイルを送る事が可能となる。
ベテラン医師に人気の業務と思われがちであるが、託児所も完備し子育て中の医師や女性医師など様々な働き方にも対応できる環境を整備している施設も増えてきた。

【老健施設での勤務の場合】

老健(介護老人保健施設)は、要介護状態になった患者の在宅復帰を目的にリハビリを中心としたサービスを提供する施設であり、高齢化による社会的ニーズの高まりと共に最近は病院に併設された老健施設も多くなってきている。
急性期から慢性期、回復期、老健施設と一貫した医療介護サービスを提供する医療機関も増加し、各施設で常勤医師の採用ニーズが発生している。なお、老健施設では常勤医師は1名体制が殆どとなっている。
老健施設の入所者は病状が安定期に入っている為、業務内容としては入所者の健康管理が主たるものであり、比較的ゆったりとした勤務内容となっている。
施設長となる医師求人では経験豊富な中堅~ベテランの医師が求められるケースが多い。

【在宅医療(訪問診療)の場合】

在宅医療は社会的ニーズの高まりに加え、政策面のバックアップという追い風もあり手掛ける医療機関が増加しており医師求人ニーズも強くなっている。
業務内容は生活習慣病、認知症などの患者への訪問診療が中心となっている。
看護師やドライバーが同行するのが一般的である。
基本的にオンコール対応が求められる分、年俸面は高くなっている。オンコールは電話対応で済む場合が多く出動の機会は少ない場合が多いものの、この点において療養型病院や老健での勤務とは異なる点は予め留意しておいた方が良いであろう。

老人内科・老健医に向いているタイプや老人内科・老健医の将来性

老人内科(老年内科)の分野は高齢化社会の到来と共に全国各地でニーズが高まっており、職場も療養型病院や老健施設に留まらず、在宅医療(訪問診療)をネットワーク化した複数のクリニックで広域展開する医療機関も増加しており、医師の求人ニーズは今後とも高まる事が予想されている。ベテラン医師は勿論の事、若手医師の活躍が期待されているフィールドが広がっている。
求められる診療科目も内科系全般に加え、外科系医師やペインコントロールができる麻酔科医、褥瘡管理で皮膚科医といった具合に専門が強みとなる医師求人も多い。
手技として強みになるものとしては、ナート、挿管の他、IVH、レスピ(人工呼吸器)管理、PEG造設などができる医師は歓迎される。
社会システムの複雑化や高齢化の進展により今後とも老人内科(老年内科)や老健、在宅医療(訪問診療)の分野に対応できる医師の需要は増大していくのではないだろうか。

医師コンシェルジュとしてのその科目の先生のサポート体制提示

老人内科(老年内科)や老健の分野でどういった働き方を希望しているのか、キャリア観や進みたい方向性に悩んでいる医師に対しては様々な可能性を提示して一緒に寄り添いサポートしていきたい。
老人内科(老年内科)分野で転職先候補の医療機関を見る際には下記項目も合わせてチェックされたし。

主な症例や患者層、診療体制について

担当患者数

当直、オンコールについて

ナート、挿管、IVH、レスピ(人工呼吸器)管理やPEG(胃ろう)造設について

褥瘡管理について

ペインコントロールについて

同僚となる医師(特に常勤医)の専門、年齢、卒年、卒業大学、人柄について

大学医局からの医師派遣状況はどうなっているか

病院の地域における位置づけや経営状態、将来の展望など

経営母体について

当直回数の相談や当直無し(あるいは当直免除)の条件も柔軟に相談に応じてくれる医療機関も多い。

老人内科・老健の最新求人情報 PICK UP

医療法人光誠会 ゆうメディカルクリニック

2017/05/23更新

医療法人光誠会 ゆうメディカルクリニック(大阪府大阪市東淀川区)内科系医師募集(常勤/非常勤)

所在地
大阪府大阪市東淀川区
募集科目
常勤内科系全般, 一般内科, 呼吸器内科, 循環器内科, 老人内科・老健
非常勤内科系全般, 一般内科, 呼吸器内科, 循環器内科, 老人内科・老健
給与
常勤年俸 1,500万円
非常勤時給10,000円

>この求人を見る


医療法人鳳香会 東前病院

2017/05/07更新

医療法人鳳香会 東前病院(茨城県水戸市)老人内科医師募集(常勤)

所在地
茨城県水戸市
募集科目
常勤老人内科・老健
給与
常勤年俸 1,800万円

>この求人を見る


医療法人鳳香会 五軒町クリニック

2017/05/03更新

医療法人鳳香会 五軒町クリニック(茨城県水戸市)内科日勤医師募集(非常勤)

所在地
茨城県水戸市
募集科目
非常勤内科系全般, 心療内科・精神科, 老人内科・老健, 皮膚科・美容皮膚科, 在宅医療
給与
非常勤時給70,000円

>この求人を見る


新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録