リハビリテーション科の最新求人情報 PICK UP

医療法人秋芳会 秋吉病院

NEW! 2017/09/09更新

医療法人秋芳会 秋吉病院(大分県日田市)一般内科/消化器内科医師募集(常勤)

所在地
大分県日田市
募集科目
常勤一般内科, 消化器内科, リハビリテーション科, 在宅医療
給与
常勤年俸 1,800万円

>この求人を見る


医療法人社団愛友会 伊奈病院

NEW! 2017/09/09更新

医療法人社団愛友会 伊奈病院(埼玉県北足立郡伊奈町)リハビリテーション科医師募集(非常勤)

所在地
埼玉県北足立郡伊奈町
募集科目
非常勤リハビリテーション科
給与
非常勤日給80,000円

>この求人を見る


大分県医療生活協同組合 大分健生病院

NEW! 2017/09/06更新

大分県医療生活協同組合 大分健生病院(大分県大分市)リハビリ病棟専従医師募集(常勤)

所在地
大分県大分市
募集科目
常勤内科系全般, 外科系全般, リハビリテーション科
給与
常勤年俸 1,500万円

>この求人を見る


リハビリテーション科の医師が抱える悩みとは?
リハビリテーション科の転職市場を考える。

リハビリテーション科の医師が抱える悩みとは?リハビリテーション科の転職市場を考える。

リハビリテーション科は、神経、骨・関節、内臓疾患などにより何らかの障害を来たした患者に対して、診断・評価を行い、機能障害や能力低下などの回復を促す治療を行う診療科で、リハビリテーションの目的は日常生活での自立や社会復帰を目指す事である。
原因疾患の主なものは、脳卒中、脊髄損傷、関節リウマチ、骨折、パーキンソン病、脳性まひ、肺・心臓疾患などがあり、リハビリ治療には、リハビリ科医(リハ医)、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、義肢装具士(PO)、看護師、医療ソーシャルワーカー(MSW)などが関与して、チーム医療の体制でそれぞれの専門治療を行う。

例えば、脳卒中による身体機能障害は意識障害、認知症、失語症、失認、失行、抑うつなどの認知障害、嚥下障害、眼球運動障害、構音障害などの脳神経障害、片麻痺、運動失調などの運動障害、更に痺れ、痛み等の感覚障害、便秘、失禁などの自律神経障害と極めて多種多様であり、脳の損傷部位によりこれらの症状が複合的に出現するので、人によって症状が異なり、また、治療に時間が掛かり、長期間の入院となると関節拘縮、筋萎縮などの運動障害も加わり症状は一層複雑化する事も多いようである。
なかなか定型的なリハビリテーション治療では思うように機能が回復せず、患者一人ひとりに適合するオーダーメイド的なリハビリテーション治療のプログラムが必要になる事が多いといった点がリハビリテーション科の難しいところでもある。

高齢化や生活習慣病の増加を背景にリハビリテーションや在宅医療(訪問診療)でのリハビリテーション科医に対する求人ニーズが増加している。

リハビリテーション科の代表的な専門医制度である日本リハビリテーション医学会認定のリハビリテーション科専門医の状況を見てみると、

リハビリテーション科専門医とは

「病気や外傷の結果生じる障害を医学的に診断治療し、機能回復と社会復帰を総合的に提供することを専門とする医師」であり、専門医の資格は、リハビリテーション科が関与する全ての領域について、定められた卒後研修カリキュラムにより5年以上の研修を修め、資格試験に合格して認定されるものである。

リハビリテーション科専門医の数は2014年12月時点で1,959名となっている。

リハビリテーション科医を求める医療機関が、日本全国、都市部から地方まで多岐に亘り、非常に求人募集のニーズが強い科目である一方、リハビリテーション科専門医数はまだ少なくそういった意味でも将来性が高い専門分野のひとつであると言えるかもしれない。ゆえに求人の募集案件も少なくない。

リハビリテーション科医の悩み相談の事例

リハビリテーション科本来の業務に専念できる施設に移りたい。

時間外勤務が多く体力的にも精神的にもしんどい。

脳神経外科医だがリハに転科したい。

リハビリテーション科専門医を取得したい。

リハビリ以外の病棟管理や外来の仕事は避けたい。

今の病院では全科当直となっており、専門外の診療には対応できないものもあり自分にとっても患者にとってもリスクがあるので全科当直ではないところへ移りたい。

育児が一段落したので仕事に復帰したいが、あまりハードでない勤務が可能な病院を探してほしい。

忙しすぎて休みが取れないので医局を辞めてもう少しゆったり勤務できるところを探したい。

元々は脳外科医。今の勤務先は整形外科領域の患者さんが多い為、脳外領域のリハビリ施設に変わりたい。

今の病院では居残りが毎日あり、家族との時間が持てない。

海外で研究を続けてきたが家族の事情で帰国して臨床に戻る必要が生じたので転職先候補の病院を探してほしい。

家族の事情で出身地へUターン転職をしなければならない。

医局人事で遠方の関連病院への転勤を打診されたが、子供の学校の事や家を購入したりで正直言って今は動きたくない。医局を辞めるべきかどうすべきかで悩んでいる。

整形外科専門医の知識、経験を活かしてリハビリを担当できる施設を探してほしい。

地域密着の病院で患者さんの役に立ちたい。

医局人事で数年おきにあちこちの病院に行かされる事に疲れた。自宅から通える病院に転職して腰を据えて患者と向き合える環境に身を置きたい。

子育ての為、非常勤で週1~2日程度、バイトを中心に勤務したい。

こういった悩みに対して、
常勤での転職の検討も含め、子育てや家族の転勤に伴って常勤をやめて非常勤アルバイトを探している医師、リハビリテーション科に興味のある医師、研究から臨床に戻る事を検討している医師、また、常勤に加えバイトでの収入アップとスキルの向上を望む医師など様々であるが、リハビリテーション科に興味のある医師ひとりひとりの悩みに寄り添いたい。

また、若い医師にとってはキャリアパスを考える上で「学位」も一つの悩みであろう。市中病院や臨床の現場ではさほど重要視される訳ではないが、大学でポジションを得たい場合は依然として学位が求められる傾向が見られる為、大学院に行かざるを得ないというのが実態であろうか。大学院に行っている間は収入を得る為のバイトも考える必要があるかもしれない。誰が言ったのか医者の学位(博士号)は「足の裏の米粒」のようなものだと、即ち「取っても食えないが取らないと気持ち悪い・・・。」言い得て妙である。

医療機関が求めるリハビリテーション科の医師に対してのニーズとリハビリテーション科の転職市場

医療機関が求めるリハビリテーション科の医師に対してのニーズとリハビリテーション科の転職市場

リハビリテーション科の医師求人傾向としては、依然様々な医療機関や施設からリハビリ医を求める状況が続いている。募集をしてもリハビリテーション科を専門とする医師自体が少ない為、なかなか応募が無いと嘆く医療機関も多い。ゆえに慢性的に求人の募集案件を出している医療機関も少なくない。
リハビリテーション科専門医は転職市場では売り手市場で価値が高いが、専門医でなくとも「リハビリに興味のある医師歓迎」といった医療機関も少なくない為、脳神経外科医や整形外科医のみならず神経内科医やその他の専門科目の医師でも新たに勉強する意欲があればリハ医に転向する事は可能である。

リハビリテーション専門病院や総合病院の回復期リハビリテーション病棟、療養型病院でリハビリの管理などの対応に脳神経外科領域や整形外科領域の対応を可能な医師を求める求人ニーズは強い。

リハビリテーション科医の選考のポイントとして医療機関が見る所

職務経歴を書類上で確認

どこの病院にどのくらいの期間勤務して医師としてどのような事を経験してきたか?

→短期間での離職が多いと医療機関側も警戒し不利に作用する事も。

元々の専門領域は? 何ができるか?

→脳神経外科領域? 整形外科領域?
病院側としては医師を求める理由がある為、来てもらってどんな仕事を任せられる医師かを見る。

専門医資格やその他保有資格の有無、得意領域の確認

→得意分野の確認や目指している方向性を確認。

医師と病院のニーズの相互確認

リハビリテーションといっても、医療機関により患者層が異なる場合がある。
脳神経外科領域が多いとか整形外科領域が多いとかいった病院個々の特徴をよく確認する必要がある。
他科との連携や必要スキルなども含め医師側、病院側双方ともよく確認し合う必要がある。

人柄確認

リハビリテーションは患者一人ひとりオーダーメイド的な治療プログラムを作成して気長に取り組む必要がある場合が多い。
またPT、OT、ST、PO、MSWなどと良好なコミュニケーションが取れないと業務上も支障が生じる事が多い為、人柄は重要視される傾向が強い。患者の話しに耳をよく耳を傾け、患者に優しく寄り添う事を求める医療機関も多い。
(とは言え、ある意味で常識人を求めている訳で特段の人格者である必要は無い。)
腕は一流、知識も豊富、そして人並みのコミュニケーションが図れる医師であれば文句なし。手技や知識が豊富でも他のスタッフとうまくやってくれない医師は残念ながら病院も持て余してしまうのが実情である。
他科との連携やスタッフとのコミュニケーションは必須であり、人柄もそれなりに求められると考えておいた方が良い。

リハビリテーション科医の年収・給与・バイトの相場

リハビリテーション科医の年収・給与・バイトの相場

ご承知の通り、給与は同じ病院で科目によって違うというケースは殆ど無い。
経験年数と役職で給与テーブルによって、年収、アルバイトの日給、時給は半ば自動的に決まる訳である。
あとは時間外手当や当直回数によって多少違いがある程度である。
但し、勤務する病院の種類(リハ専門病院、総合病院、療養型病院etc.)や地域によって年収などは大きく異なるのは事実であるが、あまりに高い給与を提示される場合は注意が必要である。
何がその背景にあるのかを冷静に判断せねばならない。

リハビリテーション科の医師求人案件の一例として、
首都圏郊外のケアミックス病院(150床規模)で回復期リハビリテーション病棟のリハビリ管理、病棟管理の業務でリハビリ医を募集する案件。
担当患者数は回復期リハ病床15~20床で、年収1,200万円~2,000万円も可能となっている。但し、こちらはリハビリテーション科専門医を優先する求人募集となっている。

続いて、関西地区の民間病院で、主に整形外科領域(術前術後の病棟管理)の主治医として病棟管理と外来2コマ程度を担当する整形外科医、リハビリテーション科医を募集する案件では年収1,200~1,700万円程度となっている。

また、福岡県の整形外科手術を多数行っている病院の回復期リハ病棟の専従医を求める案件では外来無し、当直無しの勤務内容で年収1,500万円~応相談となっている。地域、業務内容により常勤の年収、非常勤のアルバイトの給与などの違いは出る。

リハビリテーション科医の実際の業務内容やチェックポイント

専門医取得が可能な医療機関

リハビリテーション科専門医の研修施設は全国に597施設。
脳血管疾患や運動器疾患など施設によって得意とする領域が異なる場合がある。
様々な疾患をバランス良く、多くの症例を経験する事ができ、リハ専門医による指導も受けられる。パワープレートのリハビリテーションへの導入など。
3次元動作解析装置、磁気刺激装置、電気刺激装置、近赤外光脳機能イメージング装置などを有し、リハビリの実践に活用するなど。
施設によっては、整形外科(リウマチ、骨折他)や外科からのリハビリテーションの依頼、或いは、周辺地域からのリハビリテーションのための入院や転院などで脳外科領域や癌患者のリハビリテーションも経験できる場合も。

専門医の認定施設基準をクリアしている医療機関は、
スタッフが充実しており症例が多い特徴がある。

リハビリテーションに強みのある医療機関勤務の場合

リハビリに来る患者の健康管理やリハビリ方針を医師の立場で行う。
セラピストチームへの助言などが主な業務内容となる事が多い。

リハビリテーション病院は都市部にももちろん多数存在するが、最近は高台の見晴らしの良い場所や温泉地、或いは海沿いなど、都市部よりも敷地をゆったりと確保できる場所に立地している病院も多い。
設備も新しく、若手のセラピストチームの充実に力を入れている傾向が見られる。

中小規模のリハ病院や施設、リハビリテーションクリニック勤務の場合

(外来診療)注射、神経ブロック、消炎鎮痛処理、物理療法、薬物療法を中心とした治療や生活習慣病に対する指導、予防のための運動指導など。
(居宅療養管理指導)在宅での療養を手助けするために、ケアマネージャーをはじめとする介護事業者と連絡を取り合いながら、定期的な訪問診療を行う。
(訪問リハビリ)通院が困難な患者のところへ訪問する理学療法士へリハビリテーション医の立場から指示出しを行うなど。

比較的ゆったりした勤務で、残業が無いところも多い。

リハビリテーション科に向いているタイプやリハビリテーション科医の将来性

命の危機を乗り切った患者が次に望む事は何か?
それは「家に帰る」だったり、「仕事に復帰する」だったり、「元気に過ごす事」だろう。
その手助けを医師の立場で専門的に行うのがリハビリテーション科の医師の仕事である。
経管栄養 vs 経口摂取、おむつ vs 自己排泄、臥床 vs 独歩、入院 vs 自宅生活・仕事復帰、
寝たきり延命 vs 元気に長生き etc. これらを「患者中心」に考えられる医師にはリハビリテーション科医は向いているのではないだろうか。
基本となる臓器が無い為、全身を診るのが好きな医師など。
2014年現在リハビリテーション科専門医は全国で2,000人足らずとまだまだ少なく、高齢化の進展によって今後益々リハビリテーション科医のニーズは高まる事が予想される。

リハビリテーション科の転職先候補の医療機関のチェック項目アドバイス

リハビリテーション科医としてどういった将来を希望しているのか、キャリア観や進みたい方向性に悩んでいる医師に対しては様々な可能性を提示して一緒に寄り添いサポートしていきたい。

転職先候補の医療機関を見る際には下記項目も合わせてチェックされたし。

リハビリテーション科専門医研修施設かどうか

リハビリテーション科専門医がどのくらいの期間で取得できるのか?

転科希望の医師も受入れ可能かどうか

症例の種類、症例数

主な疾患(脳神経外科領域、整形外科領域)

リハビリ施設やセラピストチーム(PT、OT、ST等の人数)について

他の医療機関との連携について

他科との連携について

大学医局からの医師派遣状況はどうなっているか

学会参加への支援状況

専門医取得が可能な医療機関勤務の場合

主な症例や診療体制について

診療方針について

設備やリハビリ体制について

指導医の方針や教育制度について

同僚となるリハビリテーション科医(常勤医)の専門領域、年齢、卒年、卒業大学について

大学医局からの医師派遣状況はどうなっているか

担当する外来のコマ数について

整形外科、脳神経外科など他科との連携体制について

リハビリテーション病院

同僚になる医師の専門科や得意分野、年齢、卒年、卒業大学など

整形外科疾患患者と脳疾患患者の割合

担当業務内容について

PT、OT、STなどセラピストの人数や構成について

市中の地域一般病院

同僚になる常勤医師の専門科や得意分野、年齢、卒年、卒業大学など

担当業務内容について(外来コマ数と患者数、受持ち患者数、リハビリ体制など具体的に)

希望によりペインクリニック外来の開設が可能かどうか

外来、病棟においてどのような疾患が多いのか

病院の地域における位置づけや経営状態、将来の展望など

大規模(あるいは有名な人気)病院と比較すると提示される年収は高めの傾向が見られる(特に郊外へ行けば行くほど)。
外来無しや当直回数の相談、当直無し(あるいは当直免除)の条件も柔軟に相談に応じてくれる医療機関も多い。

クリニックの場合

院長や他の常勤医がいれば各々の専門科や得意分野、年齢、卒年、卒業大学など

診療方針について

経営実態、経営状況について

外来コマ数や患者数の確認

訪問リハビリについて

基本的に当直もオンコールも無く、外来や訪問リハビリに専念できるリハビリテーションクリニックが多い。
医師は院長だけか常勤医がもう一人といった規模のクリニックが多く、常勤医の空きが出た場合など不定期に医師を募集するといった感じで常時募集が出る訳では無く求人件数自体は少ない。
クリニックでの具体的な業務内容は外来や訪問リハビリテーションが中心となるところが多い。

リハビリテーション科の最新求人情報 PICK UP

医療法人秋芳会 秋吉病院

NEW! 2017/09/09更新

医療法人秋芳会 秋吉病院(大分県日田市)一般内科/消化器内科医師募集(常勤)

所在地
大分県日田市
募集科目
常勤一般内科, 消化器内科, リハビリテーション科, 在宅医療
給与
常勤年俸 1,800万円

>この求人を見る


医療法人社団愛友会 伊奈病院

NEW! 2017/09/09更新

医療法人社団愛友会 伊奈病院(埼玉県北足立郡伊奈町)リハビリテーション科医師募集(非常勤)

所在地
埼玉県北足立郡伊奈町
募集科目
非常勤リハビリテーション科
給与
非常勤日給80,000円

>この求人を見る


大分県医療生活協同組合 大分健生病院

NEW! 2017/09/06更新

大分県医療生活協同組合 大分健生病院(大分県大分市)リハビリ病棟専従医師募集(常勤)

所在地
大分県大分市
募集科目
常勤内科系全般, 外科系全般, リハビリテーション科
給与
常勤年俸 1,500万円

>この求人を見る


新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録