メディカルドクターの最新求人情報 PICK UP

◯◯株式会社(一般企業)【非公開】※施設名はお問い合わせください。

NEW! 2017/07/27更新

○○株式会社(一般企業・大阪市北区)医師求人募集(スポット①2017年9月25日、10月12日、12月7日の3回、スポット②2017年9月19日、12月11日の2回)

所在地
大阪府大阪市北区○○
募集科目
非常勤内科系全般, 外科系全般, その他, メディカルドクター, メディカルドクター(臨床開発)、その他

①【食品摂取による肌のハリ確認試験(医師は合計3回の業務)】
◎2017年9月25日(月):SCR 9:45-13:30 昼休憩なし
※30分に6名前後の被験者の体調確認
※SCRとは、求人元で取り決めている試験計画上の来場タイミングの名称です。
 スクリーニング検査という意味になります。被験者に一番最初に来場いただく日というようにご理解ください。

◎2017年10月12日(木):0w+1day 9:30-15:00 昼休憩あり
※採血を6回/日予定、最初の採血をする前に体調確認と途中に採血で気分が悪くなった被験者の対応。
※0w + 1dayというのは、試験食品摂取 0週目+1日後の検査という意味です。

◎2017年12月7日(木):8w 9:45-13:30 昼休憩なし
※30分に4名前後 試験品摂取後の体調確認
※8wというのは、試験食品摂取8週目検査という意味です。

上から、被験者の1回目来場、2回目来場、3回目来場という事になります。

②【食品摂取による抗炎症効果確認試験(医師は合計2回の業務)】
◎2017年9月19日(火):SCR 9:45-13:30 昼休憩なし
※試験参加前の体調確認 30分に8名前後

◎2017年12月11日(月):8w 9:45-13:30 昼休憩なし
※試験品摂取後の体調確認
給与
非常勤時給10,000円

>この求人を見る


メディカルドクターの医師が抱える悩みとは?
メディカルドクターの転職市場を考える。

各診療科の臨床医で様々な悩みや新たな働き方へのチャレンジから製薬企業のMD(メディカルドクター)への転職を検討する医師の方へ。

医療機関が求める内科の医師に対してのニーズと内科の転職市場

主に外資系の製薬企業では、新薬の研究開発の為に医師(メディカルドクター)を積極的に採用している。
医学面のアドバイザーとして新薬開発を統括・マネージする事が主な仕事であるが、地球規模、世界規模でのボーダレス化により外資系製薬企業が開発する新薬は「世界同時開発」が一般化してきている。

日本企業とは企業文化が異なる外資系製薬企業では、薬は「医師が開発するもの」との基本的考えがあり、臨床経験と医学的専門知識を有する医師(メディカルドクター)が開発チームを統括する事がいわば常識となっている。

メディカルドクターへのニーズは非常に高い一方、製薬企業への転身を検討する医師はまだまだ少なく、MDに対する需要に供給が追いついていない状況となっている。

製薬企業が求めるメディカルドクターに対してのニーズと転職市場

メディカルドクターが抱える悩みとは?メディカルドクターの転職市場を考える

メディカルドクター(MD)が活躍する主な部門として下記が挙げられる。

    臨床開発
    市販後安全性評価
    マーケティング部門

求められる能力の主なものは下記の通り。

    コミュニケーション能力
    リーダーシップ
    英語力 など

選考のポイントとして医療機関が見る所

メディカルドクター(MD)に求められる主な要件

外資系製薬企業や国内(内資)製薬企業からの医師募集への応募要件の一例

  • ・日本の医師免許を保持している事(医師である事)
  • ・医師として専門治療域における専門性と5年以上の実務経験がある事(臨床経験5年以上)。
  • ・日本語、英語での論文執筆経験がある事。
  • ・優れた英語力(読解、口述共)を有する事(例えばTOEIC 800等) 。
  • ・友好な対人関係を保ち、優れた交渉力を有する事(ネゴシエーション能力)。
  • ・外部顧客だけでなく、組織内の全ての社員と効果的に仕事をする関係を構築できる事(コミュニケーション能力)。

上記の他、女性医師からの応募も歓迎する傾向が強い。これは男性、女性といった性別でどちらを採用時に優遇するという事ではなく、ワークライフバランス(WLB)を大切にする企業風土を持つ(特に外資系)製薬企業が多いという事を意味する。

また、現在所属している病院(などの医療施設)若しくは、所属大学医局から円満に退職する事を採用条件として挙げる企業もある。

その科目の年収・給与・バイトの相場

内科の科目の年収・給与・バイトの相場

メディカルドクターになると身分は会社員という事になり通常の医師(病院勤務の臨床医など)とはその生活もキャリアも大きく異なったものになる。
大手企業の会社員(医師免許を持つサラリーマン)という身分になる為、給与や福利厚生、休日などは(その企業の経営が安定している限り)臨床医とは違った意味で安定した処遇を受けられる。

某外資系製薬企業のメディカルドクターの募集要項の年収を例示させていただくと、
年収は1,600万円以上(能力・経験を考慮し規定により優遇)
となっており、年1回の昇給とボーナスが年3回(6月、12月、3月)といったところが相場となっている。

実際の業務内容

メディカルドクターの主な業務内容

臨床開発医師(Clinical Research Physician)の場合:

1.グローバルな治療領域グループのメンバーとして業務に参画し、新薬開発の段階から市販後を含むあらゆる段階で深く業務にコミットする。

治療領域の例

精神・神経疾患領域、オンコロジー領域、内分泌骨代謝領域、自己免疫領域など

2.グローバル戦略及び日本の臨床医としての視点から、日本における臨床試験計画の戦略策定・プロトコール作成を主導する。

3.臨床試験・製造販売後調査で得られたデータの解析結果を積極的に学会発表や文献などで社外に公表し、新たなエビデンスの構築に貢献する。

4.マーケティングサポートを通して、患者・処方医のニーズを明らかにし、臨床開発戦略を策定し新たなエビデンス構築に活かす。

メディカルドクターに向いているタイプや将来性

メディカルドクター医師募集の概要(一例)

    骨・リュウマチ・自己免疫疾患領域臨床開発医師

・内分泌骨、膠原病リュウマチ、リュウマチ内科、皮膚科、整形外科(リュウマチ、骨領域の臨床経験があり、薬物療法に興味のある医師)

    糖尿病領域臨床開発医師

・内科(糖尿病の診療経験要)、糖尿病専門医尚可

    抗がん剤領域臨床開発医師

・血液内科医、臨床腫瘍医、腫瘍外科医(泌尿器科でも可)
・抗がん剤領域あるいは癌治療に興味があれば脳外科、整形外科、産婦人科でも可

    循環器領域臨床開発医師

・循環器内科もしくは内科医で、循環器疾患の臨床経験のあるMD
上記いずれかの臨床経験が5年以上の医師

上記の通り、様々な専門領域の医師を求めており、論理的思考が得意で研究や解析などが好きな医師に選択肢のひとつとして検討してみても面白いだろう。
また、大手製薬企業はグローバル展開をしている為、海外志向が強く、英語をコミュニケーションツールとして使いこなす事ができる医師も活躍の舞台となるだろう。
更に、チームメンバーを主導する立場となる事を期待されるケースが多くリーダーシップの取れる性格の医師も向いている仕事と言えるだろう。

医師コンシェルジュとしてのその科目の先生のサポート体制提示

メディカルドクターに興味や関心がある医師には、どういった働き方を希望しているのかよくヒアリングをさせていただき、キャリア観や進みたい方向性に悩んでいる医師に対しては様々な可能性を提示して一緒に寄り添いサポートしていきたい。

メディカルドクターを募集している製薬企業にいきなり応募(エントリー)するのは気が引ける、条件をもっと詳しく確認したい、といった場合は、医師転職コンシェルジュにご連絡をいただければ、求人元の製薬企業との勤務条件の確認や条件交渉などをAgentとしてサポート致します。

メディカルドクターの最新求人情報 PICK UP

◯◯株式会社(一般企業)【非公開】※施設名はお問い合わせください。

NEW! 2017/07/27更新

○○株式会社(一般企業・大阪市北区)医師求人募集(スポット①2017年9月25日、10月12日、12月7日の3回、スポット②2017年9月19日、12月11日の2回)

所在地
大阪府大阪市北区○○
募集科目
非常勤内科系全般, 外科系全般, その他, メディカルドクター, メディカルドクター(臨床開発)、その他

①【食品摂取による肌のハリ確認試験(医師は合計3回の業務)】
◎2017年9月25日(月):SCR 9:45-13:30 昼休憩なし
※30分に6名前後の被験者の体調確認
※SCRとは、求人元で取り決めている試験計画上の来場タイミングの名称です。
 スクリーニング検査という意味になります。被験者に一番最初に来場いただく日というようにご理解ください。

◎2017年10月12日(木):0w+1day 9:30-15:00 昼休憩あり
※採血を6回/日予定、最初の採血をする前に体調確認と途中に採血で気分が悪くなった被験者の対応。
※0w + 1dayというのは、試験食品摂取 0週目+1日後の検査という意味です。

◎2017年12月7日(木):8w 9:45-13:30 昼休憩なし
※30分に4名前後 試験品摂取後の体調確認
※8wというのは、試験食品摂取8週目検査という意味です。

上から、被験者の1回目来場、2回目来場、3回目来場という事になります。

②【食品摂取による抗炎症効果確認試験(医師は合計2回の業務)】
◎2017年9月19日(火):SCR 9:45-13:30 昼休憩なし
※試験参加前の体調確認 30分に8名前後

◎2017年12月11日(月):8w 9:45-13:30 昼休憩なし
※試験品摂取後の体調確認
給与
非常勤時給10,000円

>この求人を見る


新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録