眼科の最新求人情報 PICK UP

医療社団哺育会 白岡中央総合病院

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団哺育会 白岡中央総合病院(埼玉県白岡市)眼科医師募集(非常勤/毎週土曜日)

所在地
埼玉県白岡市
募集科目
非常勤眼科,
給与
非常勤日給50,000円

>この求人を見る


飯山赤十字病院

NEW! 2017/08/26更新

日本赤十字社飯山赤十字病院(長野県飯山市) 眼科(常勤)

所在地
長野県飯山市
募集科目
常勤眼科
給与
常勤年俸 2,500万円

>この求人を見る


非公開案件 静岡県 001

NEW! 2017/08/23更新

非公開案件 静岡県001 眼科医師募集(常勤)

所在地
静岡県
募集科目
常勤眼科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


眼科の医師が抱える悩みとは?
眼科の転職市場を考える。

眼科は、五感の中でも情報処理の量が非常に多い視覚領域をカバーする診療科目である。
白内障、緑内障、近視、遠視、レーシック、結膜炎、ドライアイ、斜視、網膜裂孔、網膜剥離など様々な眼科症例で患者さんと接する機会が多いのが眼科医である。人間は外界からの情報の80%を視覚を通して受け取っていると言われており、眼は人の生活の質(QOL=Quality Of Life)を左右する大変重要な器官であり、眼科医はそのスペシャリストとして、診断、内科的治療、外科的治療、研究まですべてを担っている存在である。眼科の特徴は、結果が明瞭な点が挙げられる。見えない状態に近かったような患者が、
手術によって劇的に見えるようになる事があり、患者の喜ぶ顔を見ると疲れが吹っ飛ぶと共に大きなやりがいを感じると言う眼科医も多い。
眼科では日本社会の高齢化に伴い、白内障を主とした手術症例が増加している。
白内障手術は年間約100万件行われており、緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性など、失明につながる疾患も増加する一方で眼科医療の進歩で、手術やレーザー治療で対応できる症例も広がっている。また屈折矯正も従来からの眼鏡、コンタクトレンズに加え、LASIK(レーシック)も選択肢のひとつとなっている。
眼科は近年人気の専門科目となっており眼科医数は年々増加しているが、それでも2004年の新医師臨床研修制度(スーパーローテート)が始まって以降、全国の大学では眼科教室への入局者数が減少している傾向にあり、地方の基幹病院から眼科の常勤医がいなくなる事態が全国各地で発生している。大学の眼科教室(医局)が地方の病院への医局員派遣余力を失っている状態なのである。
眼科医のキャリアパスとしては大学病院や一般市中病院の勤務医として、また眼科専門病院や眼科クリニックの勤務医として働く事も、或いは、自分の眼科クリニックを開業するという道もある。

眼科の代表的な専門医制度である日本眼科学会認定の眼科専門医になる為には、

眼科専門医申請資格

眼科専門医資格を取得する為には、専門医認定試験に合格する事が必要である。その専門医認定試験を受ける為には、専門医制度規則施行細則で定められた眼科臨床研修を行い、また、4年以上日本眼科学会会員であり、かつ受験時に日本眼科医会会員であることが必要である。

眼科臨床研修に当たっては、次の点に注意を要する。

眼科臨床研修は、医師国家試験の合格年度により、次の通りとなる。
(1)平成15年(第97回)以前の医師国家試験に合格し研修を開始した医師は、専門医制度委員会が認定した研修施設(以下、専門医制度研修施設:一般研修施設)において5年以上研修を行わなければならない。
(2)平成16年(第98回)の医師国家試験に合格し研修を開始した医師は、厚生労働省の定める2年間の卒後臨床研修修了後、専門医制度研修施設において4年以上研修を行わなければならない。
(3)平成17年(第99回)以降の医師国家試験に合格し研修を開始した医師は、厚生労働省の定める2年間の卒後臨床研修修了後、専門医制度研修施設のうち、専門医制度委員会が眼科研修プログラムを承認した施設(以下、眼科研修プログラム施行施設:基幹研修施設)において当初2年の間に行う1年以上の研修を含め、専門医制度研修施設において4年以上研修を行わなければならない。
つまり、(2)(3)に該当する医師は、厚生労働省の定める2年間の卒後臨床研修も含め、6年以上の臨床研修をしなければならない。
また、この研修期間は、実際に研修を常時行った期間とし、例えば育児、留学、病気等で研修が出来なかった期間は除外される。規定の施設以外で研修を行っても研修期間には含まれない。
なお、(3)に該当する医師で、平成20年度以降に眼科臨床研修を開始した医師は、専門医制度規則施行細則第13条に定める研修の申請を行った年度を1年目として、眼科臨床研修を算定する。
*眼科研修プログラム施行施設および専門医制度研修施設は、日本眼科学会のホームページの生涯教育研修施設で閲覧が可能となっている。
研修の内容は、専門医制度規則施行細則第7条に明記されている下記の研修カリキュラムにのっとり、偏りのない研修を行う事、となっている。

研修カリキュラム(専門医制度規則施行細則第7条別表第一)

眼科医の悩み相談の事例

今の病院では眼科の常勤医が自分一人だけで結構大変。もう少し眼科の体制が整っている病院で勤務したいと考えている。

今は公的病院でレジデントとして働いているが、なかなかスタッフ職のポストが空かず、正職員になれる見通しが無い為、将来が見えない。白内障や網膜硝子体手術、緑内障手術症例をもっと経験してスキルアップしたいので転職を検討している。

時間外勤務が多く体力的にも精神的にもしんどい。

出産、育児、家事、介護など家庭と仕事を無理なく両立できるような病院に移りたい。

勤務体制に融通性があり、院内保育施設などが整っている施設で女性医師が活躍している病院が希望。

親が高齢になり介護が必要になってきた。その為、実家のある出身地へUターン転職を検討し始めている。

そろそろメスを置いて多少ゆっくりした働き方に変えていこうかと思い始めている。指導医的な立場でスキルを活かせる病院はあるだろうか。

眼科専門医の資格取得をバックアップしてくれる病院に移りたい。

育児が一段落したので仕事に復帰したいが、あまりハードでなく外来中心で手術の無いクリニックを探してほしい。

忙しすぎて休みが取れないので医局を辞めてもう少しゆったり勤務できるところを探したい。

今の病院では居残りが毎日あり、家族との時間が持てない。

眼科の当直は厭わないが、今の病院は全科当直で緊張を強いられる。眼科診療に特化したいので転職を検討している。

海外で研究を続けてきたが家族の事情で帰国して臨床に戻る必要が生じたので転職先候補の病院を探してほしい。

眼科医だが体調を崩してしまい、少し仕事のペースを落とす必要性を感じている。転職を検討しているが良い病院はあるだろうか?

自分を必要としてくれる医療機関でひとりひとりの患者さんと向き合える医者になりたい。

地域密着の病院で患者さんの役に立ちたい。

医局人事で数年おきにあちこちの病院に行かされる事に疲れた。自宅から通える病院に転職して腰を据えて患者と向き合える環境に身を置きたい。

子育ての為、非常勤で週1~2日程度、スキルを活かせるバイトを中心に勤務したい。

こういった悩みに対して、
常勤での転職の検討も含め、子育てや家族の転勤に伴って常勤をやめて非常勤アルバイトを探している医師、研究から臨床に戻る事を検討している医師、また、常勤に加えバイトでの収入アップとスキルの向上を望む医師など様々であるが、眼科の医師ひとりひとりの悩みに寄り添いたい。

また、若い眼科医にとってはキャリアパスを考える上で「学位」も一つの悩みであろう。市中病院や臨床の現場ではさほど重要視される訳ではないが、大学でポジションを得たい場合は依然として学位が求められる傾向が見られる為、大学院に行かざるを得ないというのが実態であろうか。大学院に行っている間は収入を得る為のバイトも考える必要があるかもしれない。誰が言ったのか医者の学位(博士号)は「足の裏の米粒」のようなものだと、即ち「取っても食えないが取らないと気持ち悪い・・・。」言い得て妙である。

医療機関が求める眼科の医師に対してのニーズと眼科の転職市場

眼科の医師求人傾向としては、内科などと比較すると求人の絶対数は多いとは言えないが、
総合病院や市中一般病院では常勤眼科医のニーズは比較的強い状況である。ゆえに募集案件も少なくなく、眼科は転職を考えやすい科目であるといえる。
これは眼科が他科に比べて勤務医の割合が少ない診療科である事が大きな要因であると思われる(医師全体では勤務医は全体の64%、眼科医の勤務医は37%と勤務医は少ない)。
また、有床眼科クリニックなどでも白内障手術、緑内障手術、LASIK(レーシック)など患者から要望の強い一通りの主要な手術を行っている施設は多く、眼科専門医や手術ができる眼科医を求めるニーズが見られる。無床眼科クリニックにおいても日帰り手術を行っているところもあり、いずれの施設においても手術をしたいか否かは医師の希望を聞いて、その上で医療機関側が業務の調整を行うなどの対応を取る場合が多い。
総合病院以外に眼科専門病院で有力な施設がいくつかあるが若手眼科医を中心に入職を希望する眼科医も多く、これら有名・人気施設は入職を廻る眼科医の選考も厳しく競争が激しい。
条件の良い案件は定着率が高く、空きが出ても直ぐに充足してしまう傾向がある為、良い案件を見つけたら即行動が吉かもしれない。また、眼科は女性医師比率の高い科目の一つであり、定期非常勤市場の充足率は比較的高く、条件の良い募集案件はすぐに充足してしまう傾向が強い。
なお、眼科医の必要医師数と現員医師数は下記の通りで、統計上はっきりと医師不足の状況が見られ募集ニーズの強い科目のひとつと言える。マクロ的には眼科医も売り手市場の状況であり、特に常勤医のニーズは強い。眼科で転職をお考えの先生はぜひ気軽にお声がけいただきたい。希望する募集案件をご紹介いたします。

眼科の医師数

眼科医の選考のポイントとして医療機関が見る所

職務経歴を書類上で確認

どこの病院にどのくらいの期間勤務して医師としてどのような事を経験してきたか?
→短期間での離職が多いと医療機関側も警戒し不利に作用する事も。

何ができるか?
→病院側としては医師を求める理由がある為、来てもらってどんな仕事を任せられる医師かを見る。

専門医資格の有無
→得意分野の確認や目指している方向性を確認。

手術に携わりたいか否か

得意分野や経験症例数(白内障手術、緑内障手術、ローヴィジョンetc.)

医師と病院のニーズの相互確認

眼科医としてどのような働き方を求めているのか、 医療機関側のニーズはどうなのかといった観点も含め、よく確認する必要がある。

人柄確認

まず例外無くほとんどの医療機関では人柄も見る。
(とは言え、ある意味で常識人を求めている訳で特段の人格者である必要は無い。)
腕は一流、知識も豊富、そして人並みのコミュニケーションが図れる医師であれば文句なし。手技や知識が豊富でも他のスタッフとうまくやってくれない医師は残念ながら病院も持て余してしまうのが実情であるが、手術をする眼科医の場合は腕の良し悪しがものを言うのもまた真なりである。

眼科医の年収・給与・バイトの相場

ご承知の通り、給与は同じ病院で科目によって違うというケースは殆ど無い。
経験年数と役職で給与テーブルによって半ば自動的に決まる訳である。
あとは時間外手当や当直回数によって多少違いがある程度である。
但し、勤務する病院によって病院ごとに大きく異なるのは事実である。
あまりに高い給与を提示される場合は注意が必要である。
何がその背景にあるのかを冷静に判断せねばならない。

眼科の年収相場を見てみると(もちろん地域や病院によって差はあるが)、
常識的なところで主な募集対象となる医籍登録後経験5年~40年くらいの医師で1,000万円~2,000万円辺り、これに当直手当が別途支給される。
期待される役職・ポジションや専門医資格、インセンティブにより多少変動するものの、法人規定の給与テーブルや他の常勤医師とのバランスを考慮する必要があり経験年数である程度は自動的に決定される。
また、眼科医不足のエリアや緊急度が高い場合など、高額の年収を提示する場合も散見されるが、それ相応の理由があるので納得できる場合は検討対象に入れても良いかもしれない。

一例として大阪府の民間病院(200床未満)で、常勤眼科医を募集する案件。
週5日勤務で1,200~1,800万円、当直・時間外手当は別途支給。
外来、病棟管理、手術(手術件数は10件/月程度、主な症例は白内障、緑内障)が主な業務内容となっている。

また、兵庫県の100床規模の眼科に強みのある民間病院では、眼科常勤医の年収が1,500万円~2,300万円程度となっている。日本眼科学会専門医研修施設認定病院であり、眼科専門医の取得を目指せる施設で専任視能訓練士や眼科コメディカルスタッフも充実している。眼科常勤医数は比較的充実している病院と言えるが更に体制強化の為の増員募集となっている。院内保育施設が用意されており、勤務時間も柔軟に対応可で子育て中の女性医師が無理なく勤務できる体制整備に努めている。

続いて、首都圏エリアの眼科クリニックが管理医師(院長)を募集する案件では、
年齢不問でコンタクト外来の診察ができる眼科医であれば眼科専門医の有無は問わないといった内容で週4日、ないしは週5日勤務で1,100万円~1,700万円前後となっている。
ここはコンタクト外来が主体のクリニックで一般眼科外来は20%程度と少なく眼科手術は行っていない。手術を希望する場合は法人グループの他の眼科クリニックでの執刀を含め色々と相談可能となっている。

眼科医の実際の業務内容やチェックポイント

眼科医の代表的な進路は大きく4つに分類される。
1つ目は大学で研究、教育、臨床すべてに携わるというものである。教授を目指すのも一つである。
2つ目は絶対数として最も多い市中一般病院や眼科クリニックで勤務医として働くというものである。眼科は他科と比較すると救急が少なく、医師自身のQOML(Quality of my/medical life)やワーク・ライフ・バランスを取り易いと言われている。学会や論文で臨床研究の成果を発表する事も可能である。
3つ目は開業で医師として経営者としてやっていく働き方である。
飽和状態とも言われる医師の開業で眼科は特に開業する医師の比率が高い科目であるが、2014年現在においても比較的、まだ開業の成功事例が多い科目と言えるかもしれない。若くして(40歳前後で)開業して、その人柄と眼科医としての手腕を発揮し、軌道に乗せている医師も多い。
以上3つが眼科専門医として活躍しているほとんどの眼科医の進路である。
そして4つ目が研究職である。大学の研究室はもちろん、企業などにも研究職のポストがあり病因解明や新しい治療法を確立して、多くの患者を救う仕事である。
他にも国内で臨床をしながら、発展途上国で海外ボランティアとして活躍する眼科医もおり、眼科医として進む道は多種多様である。

眼科に向いているタイプや眼科医の将来性

眼科は、女性医師の比率が高く眼科専門医のうち女性医師の占める割合は約40%となっており50%を超える日もそう遠くないと言われている。他の外科系科目と比較すると眼科は体力をあまり必要とせず、女性に向いているという事もあるのだろう。
角膜から眼窩まで、medicalからsurgicalまで眼科には様々な分野があり、個々人の考え方や環境で医師としての仕事のペースを調整しやすい科目と言えるかもしれない。
また、眼科は眼球という小さな臓器のみを扱う狭い領域と思われがちであるが、実際は想像以上に広い領域をカバーする科である。それぞれの分野毎に学会があり、眼は脳の出先器官といわれるほど非常に複雑な臓器と言われている。
眼科のsubspecialtyとしては、眼瞼・形成、角膜、網膜硝子体、神経眼科、屈折矯正、白内障、緑内障、弱視斜視、ロービジョンケア、小児眼科、眼炎症、眼腫瘍といった豊富な専門分野があり、眼科専門医取得後も個々人の興味や適性に合わせて様々な分野のスペシャリストを目指す事が可能である。
眼科医の将来性としては、今後も超高齢化が進んでいき、白内障や加齢黄斑変性といった加齢に伴う眼科疾患は増加する事が見込まれ、糖尿病網膜症など成人病に伴う疾患も数多い事、また、また、PCや携帯電話・スマートフォン等の普及によりVDT(visual display terminal)作業の増加による眼への負担も増える一方である為、今後も眼科医の需要と活躍のフィールドは広がるものと思われる。

眼科の転職先候補の医療機関のチェック項目アドバイス

眼科医としてどういった将来を希望しているのか、キャリア観や進みたい方向性に悩んでいる医師に対しては様々な可能性を提示して一緒に寄り添いサポートしていきたい。
転職先候補の医療機関を見る際には下記項目も合わせてチェックされたし。

眼科常勤医師の専門領域、年齢構成、人数

症例数、手術件数

手術に携わる眼科医の人数、得意分野について

手術体制(日帰り手術の有無等も含め)

検査や医療設備(手術機器等)について

専任視能訓練士や眼科コメディカルスタッフの体制について

眼科の病床数

眼科専門医の認定施設かどうか

オペ看護師の体制、経験年数など

受持ち患者体制

関連医局について

指導体制、教育体制

他科(内科、耳鼻咽喉科、形成外科など)との連携について

小児眼科の場合は特に麻酔科など他科や関連部署との連携について

基幹病院、総合病院、眼科専門病院等での勤務の場合

主な症例数や手術件数について

設備や検査体制について

指導医の方針や教育制度について

研修プログラムがしっかり策定されているかどうか

同僚となる医師(常勤医)の専門領域、年齢、卒年、卒業大学について

大学医局からの医師派遣状況はどうなっているか

担当業務の内容(外来コマ数、受持ち患者数、手術数など)

外来の体制(1診、2診、3診・・・と眼科専門病院や眼科クリニックで眼科常勤医の充実している

当直(全科当直か否か等)、オンコール、休日の体制について

他科との連携体制について

日本眼科学会専門医研修認定施設かどうか(眼科専門医を目指す医師)

募集の背景(増員、強化、欠員、新規開院に伴う管理医師・院長募集など)について

大規模(あるいは有名・人気)病院ほど待遇、条件は厳しい傾向にある。
(医師の需給バランスと経験を積めるといった修行や何物にも代え難い貴重な人脈形成の意味合いもある。)
しかし眼科専門医の取得を目指す医師には症例数が集まる施設(1年以内で
郊外へ行けば大規模病院と比較すると提示される年収は高めの傾向が見られるが、常勤眼科医がゼロで一人医長での募集であったり、設備、スタッフの充実度などでやりたい事が制限される事もある為、確認が必要。
当直回数の相談や当直無し(あるいは当直免除)の条件も柔軟に相談に応じてくれる医療機関も多い。

クリニックの場合

診療方針について(一般眼科主体のクリニックなのか、近視矯正(レーシック等)主体のクリニックなのか、もしくはコンタクト診療中心のクリニックなのか等)

経営母体の確認

院長や他の常勤医がいれば各々の専門科や得意分野、年齢、卒年、卒業大学など

外来コマ数や患者数、患者層の確認

外来看護師の体制について

手術の有無(あれば手術症例と件数などについて)

医療機器について

診療、検査の状況について

後方支援病院について

当直、オンコールの有無について

当直もオンコールも無く、ゆったりとした勤務が可能な施設が多くなっているが、クリニックの特徴によって、眼科一般をカバーしているクリニックなのか、レーシックを主体とした近視矯正に特化したクリニックなのか、コンタクトレンズ診療がメインのクリニックなのかクリニックと言ってもその中身は様々であるので自分の希望する診療内容や条件と照らし合わせてよく確認する事が必要である。

眼科においては、基幹病院クラスでも眼科の常勤医が少ない傾向が見られ、むしろ眼科専門病院や立地環境やアクセスの良い眼科クリニックで地域に根付いて患者と手術症例を多く集める眼科施設に眼科常勤医の体制が充実しているところが多い。
そういった施設では外来も1診、2診、3診と多くの患者に対応できるだけの眼科医と検査体制、スタッフ、医療機器を揃えている傾向が見られる。

眼科の最新求人情報 PICK UP

医療社団哺育会 白岡中央総合病院

NEW! 2017/09/20更新

医療法人社団哺育会 白岡中央総合病院(埼玉県白岡市)眼科医師募集(非常勤/毎週土曜日)

所在地
埼玉県白岡市
募集科目
非常勤眼科,
給与
非常勤日給50,000円

>この求人を見る


飯山赤十字病院

NEW! 2017/08/26更新

日本赤十字社飯山赤十字病院(長野県飯山市) 眼科(常勤)

所在地
長野県飯山市
募集科目
常勤眼科
給与
常勤年俸 2,500万円

>この求人を見る


非公開案件 静岡県 001

NEW! 2017/08/23更新

非公開案件 静岡県001 眼科医師募集(常勤)

所在地
静岡県
募集科目
常勤眼科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録