和歌山で探す

和歌山県の最新求人情報 PICK UP

医療法人南労会 紀和病院

NEW! 2017/07/11更新

医療法人南労会 紀和病院(和歌山県橋本市)呼吸器内科医師募集(常勤)

所在地
和歌山県橋本市
募集科目
常勤呼吸器内科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人南労会 紀和病院

NEW! 2017/07/11更新

医療法人南労会 紀和病院(和歌山県橋本市)糖尿病内科、代謝内科医師募集(常勤)

所在地
和歌山県橋本市
募集科目
常勤内分泌・糖尿病・代謝内科・リウマチ
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人南労会 紀和病院

NEW! 2017/07/11更新

医療法人南労会 紀和病院(和歌山県橋本市)消化器内科医師募集(常勤)

所在地
和歌山県橋本市
募集科目
常勤消化器内科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


和歌山県の医師転職マーケット

和歌山県の医師数(医療機関勤務医数、人口10万対)は、269.2人(H24年度)と全国平均(226.5人)を大きく上回る医師数となっている。和歌山県の医師総数(医療機関に勤務する医師)は2,660人。

和歌山県では、地理的、或いは交通アクセスの関係上、近隣府県(大阪や奈良、三重など)の主要都市部から離れており、いわば県内である程度完結した医療体制となっているのが一つの特徴である。
特に県庁所在地で和歌山県立医科大学附属病院のある和歌山市周辺に人口の約4割が集中しており(和歌山、那賀、有田の3医療圏を合計すると6割以上)、和歌山県全体の医師数の約6割が和歌山医療圏に集中・偏在している状況となっている。

医療施設の充実している和歌山医療圏へ入院患者も集中する傾向が強く、那賀医療圏や有田医療圏からの患者の流入が多い。また、紀ノ川沿いを北東に行くと橋本医療圏があり、ここは橋本市が中心都市で高野山を圏内に抱えるエリアとなっている。南海高野線で大阪・難波と45分程度で結ばれており大阪府への患者流出が一定数ある地域となっている。
和歌山医療圏を中心に基幹病院クラスは和歌山県立医科大学の医局人事が影響力を強く持っている他、地域や診療科によって奈良県立医科大学や近畿大学に医師の派遣を依存している医療機関も見られる。

和歌山県立医科大学の医局人事が医師の主要ポストを押さえている和歌山市内の基幹病院を除けば、民間病院は勿論の事、公立病院・公的病院でも出身大学や医局に囚われず一般公募や医師紹介会社を活用して医師を迎え入れる病院も少なくない。

また、和歌山県中南部の中心都市・田辺市エリア(田辺医療圏)には、国立病院機構南和歌山医療センターや社会保険紀南病院などがあり、このエリアも比較的医師数も充実しているが、民間病院ではやはり医師を求めている施設が存在する。

県全体の医師数では全国平均を大きく上回っている和歌山県でも和歌山市への一極集中による医師の地域偏在が顕著であり、医師を恒常的に求めている医療機関は多い。ゆえに医師数が多い県ではあるが、地域により医師求人のニーズは強いといえる。募集案件も少なくない。

和歌山県は概ね全国平均以上の医療資源を確保しているが、医師の地域偏在や特定診療科(小児科、産科・産婦人科、救急科、精神科など)の医師不足という問題を抱えており、
医師が比較的潤沢な和歌山市周辺でも、診療科の体制強化や医師の退職に伴う欠員補充の医師募集が各診療科で発生するので和歌山県の医療機関への転職を検討中の医師はご相談いただきたい。先生のご希望の募集案件をご紹介いたします。

都市部の200床以上の病院では臓器別の専門科目での医師募集が見られるが、都市部を離れると地域医療、へき地医療を担う病院が多く一般内科や総合内科、老人内科、訪問診療などGeneralな対応が歓迎される傾向はここ和歌山県でも同様である。

和歌山県の人口は97万人で香川県に次いで全国40位。
病院数は89施設。近隣府県を見てみると大阪府535施設、京都府173、兵庫県349、滋賀県59、三重県102、奈良県75となっている。
人口10万対病院数では和歌山県は9.0施設、大阪府6.0、奈良県5.4、京都府6.6、兵庫県6.3、滋賀県4.2、三重県5.5、福井県9.0、東京都4.8となっており、和歌山県は全国平均(6.7施設)を上回る水準となっている。

和歌山県の医師の平均年収

和歌山県の医師の平均年収を、平均年齢・平均勤続年数と合わせて見てみよう。
和歌山県で医師求人情報をお探しの際に参考にして頂ければと思います。

男女計 男性医師 女性医師
平均年収 10,648.8千円 11,243.8千円 8,617.3千円
平均年齢 45歳 49歳 31.2歳
平均勤続年数 4.2年 4.6年 2.8年

和歌山県の医療行政と医療機関の特徴

和歌山県のがん治療中核病院を中心に見てみよう。

‏‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏‏ ‏ ‏ ‏‏ ‏ ‏ ‏‏ ‏‏ ‏ ‏‏ ‏ ‏
‏2次医療圏‏がん診療拠点病院
★は都道府県がん診療連携拠点病院
‏がん診療県指定病院
‏和歌山医療圏:
人口44万人(和歌山市、海南市、紀美野町)
‏・日本赤十字社和歌山医療センター
★和歌山県立医科大学附属病院
[県指定病院]
・和歌山労災病院
那賀医療圏:
人口12万人(紀の川市、岩出市)
‏・公立那賀病院
橋本医療圏:
人口9万人(橋本市、かつらぎ町、九度山町、高野町)
・橋本市民病院
有田医療圏:
人口8万人(有田市、湯浅町、広川町、有田川町)


御坊医療圏:
人口7万人(御坊市、美浜町、日高町、由良町、印南町、日高川町)

[県指定病院]
・日高総合病院
田辺医療圏:
人口13万人(田辺市、みなべ町、白浜町、上富田町、すさみ町)
‏・社会保険紀南病院
・国立病院機構南和歌山医療センター

新宮医療圏:
人口7万人(新宮市、那智勝浦町、太地町、古座川町、北山村、串本町)

‏[県指定病院]
・新宮市立医療センター

○ 和歌山県は、日本最大の半島・紀伊半島の西側に位置しており、東に三重県、北東に奈良県、北に大阪府、北西に紀伊水道を挟んで兵庫県・淡路島と、同じく南西に四国・徳島県とそれぞれ隣接している。
面積は4,726km2(福岡県に次ぐ全国30位の広さ)で、人口は約97万人(香川に次ぐ全国40位)。

○ 県庁所在地・和歌山市は人口36万人。国から中核市に指定されている。
人口規模は奈良市と同規模となっている。和歌山市は県全体の4%程度の面積であるが人口は県人口の約40%が集中しており、一極集中のいわゆるプライメイトシティである。

○ 和歌山県の医療機関(病院)数は、一般病院79、精神科病院9、結核療養所1の合計89施設となっている。(平成25年度)

和歌山県の医療政策の現状

和歌山県では地域医療に従事する意欲のある医師を全国から募集して県職員として雇用し、医師確保が困難な地域の公立病院に医師を派遣する「わかやまドクターバンク制度」を設けている他、国の「緊急臨時的医師派遣システム」を活用し、医師不足で分娩休止の危機にあった新宮市立医療センターに、産婦人科医を派遣するなどして三重県、奈良県を含めた紀伊半島南部の中核的役割を担っている新宮市立医療センターの分娩予約が再開された事例などがある。

和歌山県の医師需給状況平成24年12月末

○医療施設に従事する医師数:2,660人(男性医師2,199人、女性医師461人)
人口10万対医師数:269.2人は全国9位(全国平均226.5人)
(参考)和歌山県の医師総数:2,765人

2次保険医療圏ごとの医師需給の状況

※病院数は平成22年10月、医師数(医療機関勤務医数)は平成24年12月末時点)

2次保険医療圏ごとの医師需給の状況

1.和歌山

医師数1,573人:人口10万対357.5人、対全国平均157.8% 医師数は潤沢(過剰?)
和歌山医療圏:人口44万人(和歌山市、海南市、紀美野町)
病院数49施設、クリニック数522施設

2.那賀

医師数185人:人口10万対154.2人、対全国平均68.1% 医師数は不足
那賀医療圏:人口12万人(紀の川市、岩出市)
病院数8施設、クリニック数104施設

3.橋本

医師数183人:人口10万対203.3人、対全国平均75.3% 医師数は不足
橋本医療圏:人口9万人(橋本市、かつらぎ町、九度山町、高野町)
病院数7施設、クリニック90施設

4.有田

医師数133人:人口10万対166.3人、対全国平均73.4%)医師数は不足
有田医療圏:人口8万人(有田市、湯浅町、広川町、有田川町)
病院数6施設、クリニック77施設

5.御坊

医師数134人:人口10万対191.4人、対全国平均84.5% 医師数は不足
御坊医療圏:人口7万人(御坊市、美浜町、日高町、由良町、印南町、日高川町)
病院数4施設、クリニック67施設

6.田辺

医師数303人:人口10万対233.1人、対全国平均102.9%)医師数は均衡
田辺医療圏:人口13万人(田辺市、みなべ町、白浜町、上富田町、すさみ町)
病院数9施設、クリニック127施設

7.新宮

医師数149人:人口10万対212.9人、対全国平均94.0% 医師数はやや不足
新宮医療圏:人口7万人(新宮市、那智勝浦町、太地町、古座川町、北山村、串本町)
病院数9施設、クリニック76施設

和歌山県での医師転職についてのアドバイス

和歌山県は生活の足としては車がほぼ必須の県と考えた方が良い。
鉄道網は、JR阪和線(和歌山-大阪・天王寺)、南海本線(和歌山-大阪・難波)、紀ノ川沿いにJR和歌山線(和歌山-橋本-奈良県・王寺、王寺でJR関西本線と連絡)があり、県南部の海沿いにはJR紀勢本線が海南市、有田市、御坊市、田辺市、白浜町、新宮市などを経て紀伊半島南部から三重県尾鷲市などを経て三重県亀山市でJR関西本線と連絡している他、南海加太線、和歌山港線、わかやま電鉄貴志川線、紀州鉄道などがあるが、車での移動が便利である。
県内の主要道路は、大阪から和歌山、海南、有田、御坊、田辺へと続く阪和自動車道の他、和歌山市から海沿いに南下する国道42号線が主要幹線となっている。

空路では関西国際空港からのアクセスが良い(関空-和歌山市、最短40分程度)。
県南部には南紀白浜空港がありJALが東京-白浜を一日3便往復で就航させている。

大阪からは車で阪和道を利用して和歌山市まで1時間、南紀白浜まで2時間30分程度。
橋本市へは大阪・難波から南海高野線で最短44分程度と大阪からも十分通勤圏内となっている。

和歌山県は温暖な気候で、美しい海(南紀白浜が代表格)、高野山や熊野古道、那智の滝、串本海中公園などが人気スポット。南紀白浜の白良浜ビーチはその名の通り、真っ白な白砂のビーチが素晴らしく白浜温泉もあり海水浴や温泉に多くの観光客が訪れて賑わっている。
県庁所在地の和歌山市は徳川御三家のひとつ・紀州徳川家の城下町で和歌山市内を一望できる和歌山城天守閣も一度は訪れておきたいスポット。
食も豊かで、有田(ありだ)みかん、南部(みなべ)の南高梅、備長炭や湯浅の醤油、魚ではクエも有名。本州最南端の町・串本は美しいサンゴが繁殖しておりダイビングスポットとしても人気。イルカや鯨で有名な太地町があるのも和歌山県。南紀白浜アドベンチャーワールドには日本最多10頭ほどのジャイアントパンダが飼育されている。

教育面では和歌山県立医科大学医学部や近畿大学医学部、その他難関大学への進学実績が高い学校として、智辯和歌山や清風南海(大阪府高石市)、近大和歌山、開智などの私立高の他、公立勢では桐蔭や向陽などがある。

和歌山県での医師転職やバイトをお考えの先生は一度お気軽にご相談をいただければと思う。和歌山県の医師求人案件の中から、転職をご希望される先生の条件に合った募集案件をご紹介いたします。

和歌山県の最新求人情報 PICK UP

医療法人南労会 紀和病院

NEW! 2017/07/11更新

医療法人南労会 紀和病院(和歌山県橋本市)呼吸器内科医師募集(常勤)

所在地
和歌山県橋本市
募集科目
常勤呼吸器内科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人南労会 紀和病院

NEW! 2017/07/11更新

医療法人南労会 紀和病院(和歌山県橋本市)糖尿病内科、代謝内科医師募集(常勤)

所在地
和歌山県橋本市
募集科目
常勤内分泌・糖尿病・代謝内科・リウマチ
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人南労会 紀和病院

NEW! 2017/07/11更新

医療法人南労会 紀和病院(和歌山県橋本市)消化器内科医師募集(常勤)

所在地
和歌山県橋本市
募集科目
常勤消化器内科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医師の平均給与・平均年収

診療科目別平均給与・平均年収

診療科目別医師転職求人検索

新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録