消化器内科の最新医師求人情報 PICK UP

医療法人徳洲会 大垣徳洲会病院

NEW! 2019/03/19更新

医療法人徳洲会 大垣徳洲会病院(岐阜県大垣市)消化器内科医師求人募集(常勤)

所在地
岐阜県大垣市
募集科目
常勤消化器内科, 消化器内科医師求人募集
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人仁寿会 吉田病院

NEW! 2019/03/18更新

医療法人仁寿会 吉田病院(香川県丸亀市)消化器内科医師求人募集(常勤)

所在地
香川県丸亀市
募集科目
常勤消化器内科, 消化器内科の常勤医師を募集します。
▶現場のリーダーとしてスタッフ(看護職、リハ職、その他コメディカル)をまとめていただける医師を募集します。
▶40代~50代の医師歓迎
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人篤信会 杏林病院

NEW! 2019/03/14更新

医療法人篤信会 杏林病院(長崎県佐世保市)消化器内科医師求人募集(常勤)

所在地
長崎県佐世保市
募集科目
常勤消化器内科, 消化器内科の常勤医師を募集します。
▶給与2,000万円以上可能 ▶週4日勤務相談可
給与
常勤年俸 2,300万円

>この求人を見る


消化器内科の医師転職・医師求人市場を考える。
満足度の高い消化器内科医のキャリアアップ転職や転職に関する悩みとは?

消化器内科の医師転職・医師求人市場を考える。満足度の高い消化器内科医のキャリアアップ転職や転職に関する悩みとは?

まず消化器内科(消化器科・胃腸科)の主な領域としては、食道癌、胃癌、大腸癌、肝癌、膵癌などの胃腸や消化管などの消化器癌をはじめ、炎症性腸疾患、肝炎、膵炎、胃十二指腸潰瘍などの消化器関連の良性疾患を専門に扱う事が多い。便潜血検査や内視鏡検査により消化器癌の早期診断や診療を行なったり最先端の内視鏡的癌治療を行なうというものである。
▶上部消化管内視鏡検査(食道、胃、十二指腸まで)=胃カメラ(EGD=Esophagogastroduodenoscopy/GIF=gastrofiberscopy/gastro-intestinal fiberscopy)、
▶内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)、内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST=endoscopic spincterotomy)、内視鏡的乳頭バルーン拡張術(EPBD=endoscopic papillary ballon dilatation)
▶下部消化管内視鏡検査=大腸ファイバー(CF=Colono Fiberscope)、
▶気管支ファイバー(BF)、
▶ポリペクトミー、EMR(内視鏡的粘膜切除術)、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術:Endoscopic Submucosal Dissection)、
その他、様々な内視鏡を使った手技がある。進行がんに対してはがん薬物療法専門医が副作用の少ない分子標的治療薬を含む最新の化学療法を行なったりもする。

一方、肝癌(肝臓から出現した原発性肝癌と他の臓器の癌が肝臓に転移した転移性肝癌)に対しては、血管からのアプローチによる動脈塞栓術、ラジオ波焼灼術なども行なう。

消化器内科医師、内視鏡医師からの転職相談(悩み相談)の事例

現勤務先病院では消化器病専門医や日本消化器内視鏡学会専門医の資格が取得できないので認定施設に転職を検討している。

いずれは消化器センターのセンター長や健診クリニックの院長職などに転職したい。

忙しすぎて休みが取れないのでもう少しゆったり勤務できる一般病院か消化器科クリニック(胃腸科医院)を探して欲しい。

今の病院では当直医の繋ぎで早出、居残りが多くあり、家族との時間が持てない。

毎週当直があるが隔週くらいにしたい。

内視鏡のスキルを活かして内視鏡検査を中心にできる内視鏡センターや健診センターなどへ転職したい。

今の病院には消化器内科医は複数いるものの消化器外科の常勤医がいないので、外科系オペのバックアップ体制が整っている病院に転職したい。

EMRやESDなど内視鏡の症例数を増やしてスキルアップしたい。

子育ての為、非常勤で週1~2日程度、消化器クリニック医院で内視鏡検査のバイトを中心に勤務したい。

こういった悩みやキャリアップ、転職希望を持つ消化器内科医に対して、 常勤での転職の検討も含め、子育てや家族の転勤に伴って常勤先を辞めて非常勤アルバイトを探している医師、 また、常勤に加えバイトでの収入アップとスキルの向上を望む医師など様々であるが、内視鏡検査や健診、 あまり忙しくない当直の非常勤アルバイトの相談などひとりひとりの医師の悩みに寄り添いたい。

また、若い消化器内科医にとってはキャリアパスを考える上で「学位」も一つの悩みであろう。 市中病院や臨床の現場ではさほど重要視される訳ではないが、大学でポジションを得たい場合は依然として学位が求められる傾向が見られる為、 大学院に行かざるを得ないというのが実態であろうか。大学院に行っている間は収入を得る為のバイトも考える必要があるかもしれない。 誰が言ったのか医者の学位(博士号)は「足の裏の米粒」のようなものだと、 即ち「取っても食えないが取らないと気持ち悪い・・・。」言い得て妙である。

医療機関が求める消化器内科の医師に対してのニーズと消化器内科医の転職市場

医療機関が求める消化器内科医に対してのニーズと消化器内科の医師転職市場

消化器内科の医師求人の募集傾向であるが、一般内科に次いで医師求人案件が多い科目のひとつが消化器内科である。 急性期または慢性期の一般病院をはじめ、一般病床と療養病床を併せ持ついわゆるケアミックスと呼ばれる病院やクリニック、 健診機関、老健施設など様々な医療機関において消化器内科の医師求人ニーズは多く見られる。

地域の基幹病院クラスでは体制強化を目指した若手~中堅医師を求める増員募集が見られるが、 応募する医師が多い場合は病院側がエントリーしてきた複数の消化器内科医の中から選考するといったケースもある。

中小規模の民間病院や地方の公的病院では年齢、経験をさほど問わないところも多く、 医師側の要望や条件を比較的柔軟に聞き入れてくれる医療機関も探しやすい。
更に常勤医師数が少ない病院など医療機関によっては、消化器内科に特化した診療だけという訳にはいかず、総合的な内科診療(一般内科、総合診療)を担ってくれる医師を求めるといった傾向が強くなり、勤務内容も外来に加え、病棟管理の比重が高くなる傾向にある。

リハビリテーション病院や精神科病院でも消化器内科医に対する求人ニーズはあり、同様に総合的な内科診療が求められると共に殆どが病棟管理の業務内容となる。

クリニックや診療所、訪問診療・在宅医療、健診などでも消化器内科の医師求人募集は多方面からあり、求人元医療機関の特徴に応じた医師募集内容となっており中身は様々。
院長募集(雇われ院長、管理医師)、外来のみ、外来+在宅医療(訪問診療)、在宅医療(訪問診療)担当医の募集・・・、といった感じで選択肢は多い。消化器内科医を求める案件は常勤も非常勤アルバイトも数多い。
健診や人間ドック施設からの消化器内科医に対する求人募集では、内視鏡スキルが求められるケースが一般的。

求められる能力や業務内容については、内科的治療のみでも十分に歓迎されるが、やはり内視鏡のスキルは消化器内科医としては大きな武器となる。 上部内視鏡GF(胃カメラ)、下部内視鏡CF(大腸ファイバー)、ERCPなどに加え、EMR、ESD、ESTなど得意分野を極め、 治療内視鏡の症例数も積んでおけば、消化器内科医としての将来に、より選択肢が広がる事であろう。

【専門医取得が可能な病院や消化器センター、内視鏡センターで勤務する消化器内科医の場合】

消化器専門外来+内視鏡+消化器疾患患者の病棟管理など専門性に特化した勤務。

【中小規模の病院や施設】

内科全般+消化器内科医としての専門性を活かす勤務
外来では「内科」や「一般内科」といった名称で消化器疾患以外の診察も行い、 病棟も同様に様々な内科疾患の患者を担当する事が多い。

消化器内科医を選考する際に医療機関がチェックするポイント

履歴書・職務経歴書を書類上で確認

出身大学、出身医局、どこの病院にどのくらいの期間勤務して消化器内科医としてどのような事を経験してきたか?

→短期間での離職が多いと医療機関側は警戒。うまく転職理由を説明できないと不利に作用する事も。

消化器内科医として何ができるか?

→病院側としては消化器内科医を求める理由がある為、来てもらってどんな仕事を任せられる医師かを確認。

専門医資格の有無(消化器病専門医、消化器内視鏡専門医など)

→専門医をしっかり取得している場合は、真面目に目的意識を持って努力してきた医師である証として一定の評価はされる。

医師と病院のニーズの相互確認

消化器内科医として専門に特化した働き方を求めているのか、 内視鏡を極めたいのか、それともsubspecialtyとして消化器内科に強みを持つプライマリー診療に対応できる内科医として勤務したいのか、医療機関側のニーズはどうなのかといった観点から双方の方向性をよく確認する必要がある。

消化器内科の専門性が高くなればなるほど(消化器センターや内視鏡センターなどでは)高い専門性が求められると共に、 消化器外科との連携についてなども含め医師側、病院側双方ともよく確認し合う必要がある。

人物・人柄確認

まず例外無くほとんどの医療機関では人物・人柄も見る。
(とは言えある意味で常識人を求めている訳で特段の人格者である必要は無い。)
腕は一流、知識も豊富、そして人並みのコミュニケーションが図れる医師であれば文句なし。 手技や知識が豊富でも他のスタッフとうまくやってくれない医師は残念ながら病院も持て余してしまうのが実情である。

消化器内科医の年収・給与・バイトの相場

消化器内科医の年収・給与・バイトの相場

ご承知の通り、給与は同じ病院で科目によって違うというケースは殆ど無い。 経験年数と役職で給与テーブルによって、年収、アルバイトの日給、時給は半ば自動的に決まる訳である。 あとは時間外手当や当直回数によって多少違いがある程度である。 但し、勤務する病院によって病院ごとに大きく異なるのは事実である。 あまりに高い給与を提示される場合は注意が必要である。 何がその背景にあるのかを冷静に判断せねばならない。

消化器内科の場合は(もちろん地域や病院によって差はあるが)、 一例として関東近県の民間病院(200床規模、消化器関連の学会認定施設)の内視鏡センターの消化器内科医に対する募集で、 医籍登録10年の医師で年収1,500万円程度(週.45~5日勤務、時間外手当含)といった辺り。当直は月2~3回で年収とは別途に支給されるケースが多い。

また、内視鏡検査のアルバイトでは、 午前のみ(都市部、上部内視鏡5~6件)で一回.4.5~5万円、 終日の場合(都市部)で一般外来(消化器科および一般内科)+内視鏡検査(上部5~6件、下部3~4件程度)、 人間ドックによる内視鏡検査も含むといった場合で日給8~10万円あたりが相場となっている。

消化器内科の実際の業務内容

【消化器センターや内視鏡センター、消化器専門病院など】

消化器外来、病棟管理、各種専門検査
上部内視鏡検査(経口・経鼻)、下部内視鏡検査、内視鏡治療など

【中小規模の公立病院や市中病院やクリニック】

一般外来(消化器科+一般内科)+病棟管理、外来+内視鏡+病棟管理
希望によっては専門外来の開設も相談

消化器内科医に向いているタイプや消化器内科医の将来性

治療できる臓器や領域が広く比較的「根治」を目指せる診療が多い点は消化器内科の魅力のひとつかも知れない。

食道、胃、小腸、大腸、肝臓、膵臓、胆のうなど臓器の数だけ検査や治療も多岐に亘り、胃カメラ、大腸カメラ、腹部超音波検査、経皮的治療、カテーテル治療まで範囲は広く、それらを楽しむ事ができフットワークの軽い医師や(手先が特に器用でなくとも)手を動かす事が好きな医師には向いている専門科目と言えるだろう。

高齢化に伴い、内視鏡検査、内視鏡治療のニーズも益々増加する事が予想される事からも、また治療領域も広く将来性も高い科目のひとつと言えるかもしれない。

消化器内科医が転職先候補の医療機関をチェックすべき項目

転職先候補の医療機関を見る際には下記項目も合わせてチェックされたし。

内視鏡関連全般

内視鏡症例数について

内視鏡治療の件数について

内視鏡室の設備、内視鏡メーカー等について

同僚となる消化器内科(常勤医)の年齢、卒年、卒業大学について

大学医局からの医師派遣状況はどうなっているか

担当する内視鏡のコマ数について

吐血や出血時のオンコール体制とインセンティブの有無など

放射線技師などのコメディカルの体制はどうなっているか(特に夜間)

消化器外科医の体制はどうなっているか

専門医取得可能な病院や施設の場合

症例数はどのくらいか

どのような症例の患者が集まっているのか

どのような指導体制か

指導医はどんな医師か

消化器病専門医、消化器内視鏡専門医、肝臓専門医など消化器科に関わる専門医資格は非常に多い為、 自分が取得を目指す専門医が取得可能な病院かどうかを確認する必要がある。
比較的大規模で有名な病院や医療機関が多く、忙しい割に年収、日給時給など給与水準は低めという傾向がある。
いわゆるキャリアアップ、スキルアップを目指す若い消化器内科医には修業期間という位置づけで考えると良いかもしれない。

消化器センター、消化器専門病院、内視鏡センター

同僚になる消化器内科の常勤医のそれぞれの専門領域や年齢、性別、卒年、出身大学、出身医局など

担当業務内容について(外来コマ数と患者数、受持ち患者数、検査担当数など具体的に)

消化器領域に強みを持つ病院や消化器センターからの医師求人募集で消化器内科医としての専門性を発揮するには恵まれた環境が整っている医療機関が多い。 部長職、スタッフ職などポストが頻繁に空く訳ではないので医師求人募集案件としてはやや少なめ。

市中の地域一般病院

同僚になる内科系医師の専門科や得意分野、年齢、卒年、出身大学、出身医局など

担当業務内容について(外来コマ数と患者数、受持ち患者数、検査担当数など具体的に)

内視鏡について(件数=上部内視鏡、下部内視鏡、内視鏡室、経鼻内視鏡、経口内視鏡、オリンパス、富士・・・、洗浄機の数)

大規模(あるいは有名な人気)病院と比較すると提示される年収は高めの傾向が見られる(特に郊外へ行けば行くほど)。
当直回数の相談や当直無し(あるいは当直免除)の条件も柔軟に相談に応じてくれる医療機関が多い。

クリニックの場合

院長や他の常勤医がいれば各々の専門科や得意分野、年齢、卒年、卒業大学など

外来コマ数や患者数の確認

内視鏡の件数(上部内視鏡・胃カメラ、下部内視鏡・大腸ファイバー)

内視鏡設備について(経鼻内視鏡、経口内視鏡、オリンパス、富士・・・、洗浄機の数)

後方支援病院について

基本的に当直もオンコールも無いクリニックが殆ど。
医師は院長だけか常勤医がもう一人といった規模のクリニックが多く、 常勤医の空きが出た場合など不定期に医師を募集するといった感じで求人件数は少ない。

消化器内科の最新医師求人情報 PICK UP

医療法人徳洲会 大垣徳洲会病院

NEW! 2019/03/19更新

医療法人徳洲会 大垣徳洲会病院(岐阜県大垣市)消化器内科医師求人募集(常勤)

所在地
岐阜県大垣市
募集科目
常勤消化器内科, 消化器内科医師求人募集
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人仁寿会 吉田病院

NEW! 2019/03/18更新

医療法人仁寿会 吉田病院(香川県丸亀市)消化器内科医師求人募集(常勤)

所在地
香川県丸亀市
募集科目
常勤消化器内科, 消化器内科の常勤医師を募集します。
▶現場のリーダーとしてスタッフ(看護職、リハ職、その他コメディカル)をまとめていただける医師を募集します。
▶40代~50代の医師歓迎
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人篤信会 杏林病院

NEW! 2019/03/14更新

医療法人篤信会 杏林病院(長崎県佐世保市)消化器内科医師求人募集(常勤)

所在地
長崎県佐世保市
募集科目
常勤消化器内科, 消化器内科の常勤医師を募集します。
▶給与2,000万円以上可能 ▶週4日勤務相談可
給与
常勤年俸 2,300万円

>この求人を見る


新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録