神奈川県で探す

神奈川県の最新求人情報 PICK UP

医療法人社団 亮正会 総合高津中央病院

NEW! 2017/08/26更新

医療法人社団 亮正会総合高津中央病院(神奈川県川崎市) 消化器内科(常勤)

所在地
神奈川県川崎市
募集科目
常勤消化器内科
給与
常勤年俸 1,850万円

>この求人を見る


医療法人社団 亮正会 総合高津中央病院

NEW! 2017/08/26更新

医療法人社団 亮正会総合高津中央病院(神奈川県川崎市) 産婦人科(常勤)

所在地
神奈川県川崎市
募集科目
常勤産科・婦人科
給与
常勤年俸 1,960万円

>この求人を見る


医療法人社団 亮正会 総合高津中央病院

NEW! 2017/08/26更新

医療法人社団 亮正会総合高津中央病院(神奈川県川崎市) 呼吸器内科(常勤)

所在地
神奈川県川崎市
募集科目
常勤呼吸器内科
給与
常勤年俸 1,850万円

>この求人を見る


神奈川県や神奈川周辺の医師転職マーケット

神奈川県の医師数(医療機関勤務医数、人口10万対)は神奈川全域で見ると、193.7人(H24年度)と全国平均(226.5人)を下回っており、医師数の「西高東低」現象の一端を示している。神奈川県には政令指定都市が3つ(横浜市、川崎市、相模原市)存在する。
病院数は首都圏では東京都646、神奈川県342、埼玉県342、千葉県279となっており、神奈川の病院数は埼玉県と同数であるが、人口10万対病院数で見てみると首都圏で最も少ないのがこの神奈川県なのである。
その一方でクリニック数が多いのが神奈川の一つの特徴である(神奈川のクリニック数は東京都、大阪府に次ぐ全国3位で埼玉県や千葉県の1.5倍から2倍弱)。
神奈川の特徴として医療機関が横浜市や川崎市に病院、クリニックとも特に密集している傾向が強い。
神奈川には横浜市に横浜市立大学医学部、川崎市に聖マリアンナ医科大学、相模原市に北里大学医学部、伊勢原市に東海大学医学部があり医師数の絶対数自体は多い。
東京や八王子・町田など都内とのアクセスも良好な為、東京都内から神奈川県内へ勤務する医師やその逆のケースも多く、特に横浜や川崎の医療機関に勤務を希望する医師は多く、都内同様に神奈川の中で大変人気の高いエリアとなっている。
神奈川県内や神奈川周辺では急性期から療養型、クリニック、在宅医療、老健施設まで様々な医療機関、診療科目において多くの医師求人が見られ、ここ神奈川県や神奈川周辺は医師の転職(流動化)が全国的に見ても活発なエリアのひとつと言える。ゆえに転職をお考えの医師の方には希望の募集案件や希望する勤務形態を実現できる医師転職案件が比較的多く出てくる可能性があるのが神奈川県や神奈川周辺の医師転職マーケットの特徴である。

神奈川県の医師の平均年収

神奈川県の医師の平均年収を、平均年齢・平均勤続年数と合わせて見てみよう。
神奈川県や神奈川周辺で医師求人情報をお探しの際に参考にして頂ければと思います。

男女計 男性医師 女性医師
平均年収 11,650.2千円 12,495.6千円 10,136.2千円
平均年齢 42歳 42.8歳 40.6歳
平均勤続年数 8.4年 9.4年 6.7年

神奈川県の医療行政と医療機関の特徴

神奈川県の2次医療圏と中核病院を中心に見てみよう。

‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏
‏2次医療圏神奈川県災害拠点病院‏‏救命救急センター
横浜北部
(鶴見区、神奈川区、港北区、緑区、青葉区、都筑区)
‏・昭和大学藤が丘病院(青葉区)
・横浜労災病院(港北区)
・昭和大学横浜市北部病院(都筑区)
・済生会横浜市東部病院(鶴見区)
‏・昭和大学藤が丘病院(横浜市青葉区)
・済生会横浜市東部病院(横浜市鶴見区)
・横浜労災病院(横浜市港北区)
‏横浜西部
(西区、保土ケ谷区、旭区、戸塚区、泉区、瀬谷区)
・聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院(旭区)
・けいゆう病院(西区)
・横浜市立市民病院(保土ケ谷区)
・国立病院機構横浜医療センター(戸塚区)
・国立病院機構横浜医療センター(横浜市戸塚区)
・聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院(横浜市旭区)
・横浜市立市民病院(横浜市保土ヶ谷区)
‏横浜南部
(中区、南区、港南区、磯子区、金沢区、栄区)
‏・横浜市立大学附属市民総合医療センター(南区)
・済生会横浜市南部病院(港南区)
・横浜市立大学附属病院(金沢区)
・横浜南共済病院(金沢区)
・横浜市立みなと赤十字病院(中区)
‏・横浜市立大学附属市民総合医療センター(横浜市南区)
・横浜市立みなと赤十字病院(横浜市中区)
‏川崎北部
(高津区、宮前区、多摩区、麻生区)
・聖マリアンナ医科大学病院(宮前区)
・帝京大学医学部附属溝口病院(高津区)
・川崎市立多摩病院(多摩区)
‏聖マリアンナ医科大学病院(川崎市宮前区)
川崎南部
(川崎区、幸区、中原区)
・川崎市立川崎病院(川崎区)
・関東労災病院(中原区)
・日本医科大学武蔵小杉病院(中原区)
‏・日本医科大学武蔵小杉病院(川崎市中原区)
・川崎市立川崎病院(川崎市川崎区)
‏相模原
(相模原市)
‏・北里大学病院(南区)
・相模原協同病院(緑区)
・津久井赤十字病院(緑区)
‏・北里大学病院(相模原市南区)
横須賀・三浦
(横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町)‏
‏・横須賀共済病院(横須賀市)
・横須賀市立市民病院(横須賀市)
‏・横須賀共済病院(横須賀市)
・横須賀市立うわまち病院(横須賀市)
・湘南鎌倉総合病院(鎌倉市)
湘南東部
(藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町)
・藤沢市民病院(藤沢市)
・茅ヶ崎市立病院(茅ケ崎市)
‏・藤沢市民病院(藤沢市)
湘南西部
(平塚市、秦野市、伊勢原市、大磯町、二宮町)
‏・平塚市民病院(平塚市)
・東海大学医学部付属病院(伊勢原市)
・秦野赤十字病院(秦野市)
‏・東海大学医学部付属病院(伊勢原市)
‏県央
(厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村)
・厚木市立病院(厚木市)
・大和市立病院(大和市)
県西
(小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町)
・小田原市立病院(小田原市)
・県立足柄上病院(松田町)
‏・小田原市立病院(小田原市)

○ 神奈川県は、関東平野の南西部に位置し、首都東京に隣接し、東は東京湾に、南は相模湾にそれぞれ面し、西は山梨、静岡の両県に隣接している。
面積は2,416km2(全国43位の広さ)、人口約910万人(全国2位)、人口密度は東京、大阪についで全国3位となっている。

○県庁所在地・横浜市は人口371万人を擁し、日本の市町村の中では最も人口が多い都市であり、神奈川県内の市町村では最も面積が広い。

○ 神奈川県の医療機関(病院)数は、一般病院295、精神科病院47の合計342施設となっている。(平成25年度)

神奈川県の医療政策の現状

神奈川県の医師数は年々増加し続けているが、産科や小児科など特定の診療科や地域による医師の偏在が課題となっており、若い優秀な医師に来てもらう為、魅力的な研修体制の確立や勤務環境の改善に取り組む事で診療科や地域による偏在の解消を目指している。

神奈川県では下記のような医療政策課題に力を入れている。
○医師確保対策の推進
○病床と看護師の不足解消
○総合的な救急医療
○精神科救急医療
○小児医療
○周産期医療
○災害時医療
○在宅医療
○がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、精神疾患など疾病別医療連携体制の構築

神奈川県の医師需給状況平成24年12月末

○医療施設に従事する医師数:17,567人(男性医師13,542人、女性医師4,025人)
人口10万対医師数:193.7人(全国平均226.5人)

神奈川の2次保険医療圏ごとの医師需給の状況

※病院数は平成24年10月、医師数は平成24年12月末時点)

2次保険医療圏ごとの医師需給の状況

1.横浜地域(横浜北部、横浜西部、横浜南部)

医師数7,477人(人口10万対202.7人、対全国平均92.6%)医師数はやや不足
横浜地域:人口369万人(横浜市)
病院数135施設

2.川崎地域(川崎北部、川崎南部)

医師数2,750人(人口10万対192.9人、対全国平均88.1%)医師数はやや不足
川崎地域:人口143万人(川崎市)
病院数41施設

3.相模原

医師数1,693人(人口10万対235.9人、対全国平均107.7%)医師数は均衡
相模原医療圏:人口72万人(相模原市)
病院数35施設

4.横須賀・三浦

医師数1,410人(人口10万対192.6人、対全国平均87.9%)医師数はやや不足
横須賀・三浦医療圏:人口73万人(横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町)
病院数30施設

5.湘南東部

医師数1,143人(人口10万対165人、対全国平均75.3%)医師数は不足
湘南東部医療圏:人口70万人(藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町)
病院数23施設

6.湘南西部

医師数1,386人(人口10万対233.1人、対全国平均106.4%)医師数は均衡
湘南西部医療圏:人口59万人(平塚市、秦野市、伊勢原市、大磯町、二宮町)
病院数22施設

7.県央

医師数1,100人(人口10万対131.2人、対全国平均60.0%)医師数は不足
県央医療圏:人口84万人(厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村)
病院数34施設

8.県西

医師数590人(人口10万対164.3人、対全国平均75.0%)医師数は不足
県西医療圏:人口36万人(小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町)
病院数23施設

神奈川県や神奈川周辺での医師転職についてのアドバイス

神奈川県の各地域の特徴を少し概観してみよう。
○横浜・川崎エリア
救命救急センターや一般急性期病院、ケアミックス、クリニックなど多くの施設が集中しており、人口、医師数、医療機関数、医師求人数ともに多い神奈川で人気のエリア。
○相模原エリア
政令指定都市・相模原市は横浜・川崎とは異なった趣きで療養型病院や精神科病院が多く立地している。その為、医師の求人傾向は一般内科や老人内科、精神科などが中心でゆったりした勤務を希望の医師にはおススメのエリア。給与相場もやや高め。神奈川で給与面のアップを転職目的として優先している先生は希望に叶う医師求人案件を見付けられる可能性が高いのが相模原周辺である。
横浜線、相模線、小田急線と都内、横浜ともアクセス良好。
○横須賀・三浦エリア
横須賀共済病院や横須賀市立市民病院、横須賀市立うわまち病院といった公立・公的病院と湘南鎌倉総合病院などが立地。人気の鎌倉、逗子、葉山などを抱えるエリアでオフの生活も充実させたい医師やキャリアアップを目指す若い医師にもおススメのエリア。
JRと京急線があり横浜から30分程度、品川からも45分程度と意外にアクセスも良好でリゾート気分を味わえる。三崎マグロなど魚介類も美味しい。
○湘南エリア(湘南東部・湘南西部)
「湘南東部」は藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町。「湘南西部」は平塚市、秦野市、伊勢原市、大磯町、二宮町で構成されている。湘南、江の島など海好きにはたまらない神奈川屈指の人気のエリア。
サザンオールスターズの桑田佳祐は茅ヶ崎の出身。辻堂駅前も再開発で活気に満ちている。
都内や横浜方面からも乗換えが少なく距離の割にアクセスは良いが西に向かうに従って通勤時間も長くなる。近隣に居住や転居OK、湘南で暮らしたい医師には転職候補先エリアとしておススメ。
○神奈川・県央エリア
厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市など。都内からは小田急線、横浜からは相鉄線でアクセスしやすい。神奈川県内では医師数が少ないエリアで年収相場もやや高めの印象。一般急性期、療養型、ケアミックスから様々な診療科の医師を求めるニーズあり。各科医師を募集する求人案件が多く医師需要は旺盛。
○神奈川・県西エリア
小田原や箱根、湯河原といった観光地、温泉地のイメージが強い神奈川の西部エリア。
小田原がこのエリアでは医療機能の中心を担っている。富士山や相模湾、温泉などを日常的に感じられ首都圏都心部とは違った日常を送りたい医師にはおススメ。医師は不足傾向であり年収相場も高め。総合的な地域医療やGeneralな対応が好きな医師やベテラン医師や医師として完成された先生を歓迎する印象。

神奈川はお洒落な街・横浜のイメージが強いが、自然が豊かで湘南の海をはじめ富士箱根伊豆国立公園の一角を構成している箱根や湯河原の温泉地帯、丹沢の山岳地帯や4つの県立自然公園があり、「歴史の都」鎌倉など魅力には事欠かない。
神奈川はスポーツも盛んでプロ野球「横浜DeNAベイスターズ」の他、サッカーJリーグ「横浜F・マリノス」、「横浜FC」、「川崎フロンターレ」、「湘南ベルマーレ」、JFL「S.C.相模原」、「横浜スポーツ&カルチャークラブ」など、ここ神奈川に本拠地を置くスポーツチームは多い。

教育面においても、神奈川県内には栄光学園、聖光学院、浅野高校、サレジオ学院、湘南高校、横浜翠嵐高校、川和高校、柏陽高校、慶應義塾高校、慶応義塾湘南藤沢、逗子開成、鎌倉学園など難関大学や医学部への進学実績で全国的にも名の通った有名な学校が多く揃っている。

以上、神奈川県や神奈川周辺の医師転職マーケット概況をご案内致しました。神奈川県や神奈川周辺地域で医師転職や非常勤アルバイトをお考えの先生は一度気軽にご相談ください。神奈川県や神奈川周辺の医師求人案件の中から、転職を希望される先生の条件に合った医師求人案件をご紹介いたします。

神奈川県の最新求人情報 PICK UP

医療法人社団 亮正会 総合高津中央病院

NEW! 2017/08/26更新

医療法人社団 亮正会総合高津中央病院(神奈川県川崎市) 消化器内科(常勤)

所在地
神奈川県川崎市
募集科目
常勤消化器内科
給与
常勤年俸 1,850万円

>この求人を見る


医療法人社団 亮正会 総合高津中央病院

NEW! 2017/08/26更新

医療法人社団 亮正会総合高津中央病院(神奈川県川崎市) 産婦人科(常勤)

所在地
神奈川県川崎市
募集科目
常勤産科・婦人科
給与
常勤年俸 1,960万円

>この求人を見る


医療法人社団 亮正会 総合高津中央病院

NEW! 2017/08/26更新

医療法人社団 亮正会総合高津中央病院(神奈川県川崎市) 呼吸器内科(常勤)

所在地
神奈川県川崎市
募集科目
常勤呼吸器内科
給与
常勤年俸 1,850万円

>この求人を見る


医師の平均給与・平均年収

診療科目別平均給与・平均年収

診療科目別医師転職求人検索

新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録