宮崎県で探す

宮崎県の最新求人情報 PICK UP

医療法人社団豊徳会 丸田病院

2016/12/18更新

医療法人社団豊徳会 丸田病院(宮崎県都城市)産婦人科医師募集(常勤)

所在地
宮崎県都城市
募集科目
常勤産科・婦人科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人信和会 小林保養院

2016/12/15更新

医療法人信和会 小林保養院 (宮崎県小林市)精神科医師募集(常勤)

所在地
宮崎県小林市
募集科目
常勤心療内科・精神科
給与
常勤年俸 1,800万円

>この求人を見る


医療法人信和会 小林保養院

2016/12/15更新

医療法人信和会 小林保養院 (宮崎県小林市)一般外科、外科系医師募集(常勤)

所在地
宮崎県小林市
募集科目
常勤外科系全般, 消化器外科・一般外科
給与
常勤年俸 1,800万円

>この求人を見る


宮崎県の医師転職マーケット

宮崎県の医師数(医療機関勤務医数、人口10万対)は228.0人で全国24位。
全国平均(226.5人)を辛うじて上回っているものの、九州・沖縄エリアでは最下位となっている。宮崎県は新幹線が通っていないなど九州の他の県と比較して交通アクセスの面で多少不利な面がある事は否めず、そういった面も他県からのUターンやIターン医師の呼び込みにおいて苦戦しているのかもしれない。
逆に言えば、気候の良い宮崎県で働きたい医師にとっては、九州各県の中でも一際大歓迎で迎えてくれる可能性が高いエリアであるとも言える。もしこのエリアへの転職やバイトをお考えの先生はぜひご相談いただきたい。先生の希望の募集案件をご紹介いたします。

宮崎県においても医師の特定地域への集中と偏在が顕著な状況が続いており、
具体的には県庁所在地・宮崎市を含む「宮崎東諸県」医療圏に宮崎大学医学部附属病院や県立宮崎病院といった高度医療機能から一般急性期、回復期リハビリテーション、療養型施設まで一通り揃っており、そこに宮崎県内の医師の半数以上が集中しているといった具合である。一方で他の6圏域についてはやや医師数が不足しており、どちらかと言えば地域医療に重きを置いた病院や医療が中心となる為、特に若手の医師が集まりにくい環境下に置かれている。
診療科目としては宮崎市周辺や延岡市、日向市、都城市などの都市部では専門科目別の医師募集も見られ、一般内科、循環器内科、消化器内科、神経内科、整形外科、麻酔科、腎臓内科、人工透析など様々な医師のニーズがある。県全体としては特に小児科医の不足が指摘されている。これらの科目への転職先、バイト先の求人募集は比較的多い。
都市部を離れるとGeneralな対応を期待しての一般内科、一般外科の募集の他、糖尿病を診れる医師や整形外科、眼科など様々な科目の医師を求めるニーズが見られる。

宮崎県の病院数は140施設(一般125、精神15)であるが、医療圏別にみた人口10万人当たりの病院数(総数)は、西諸医療圏(小林市、えびの市など)が20.5施設で最も多く、宮崎東諸県医療圏(宮崎市など)が9.6施設で最も少ないが、全ての医療圏において、
全国平均の7.0を大きく上回っている。

宮崎県の医師の平均年収

宮崎県の医師の平均年収を、平均年齢・平均勤続年数と合わせて見てみよう。
宮崎県で医師求人情報をお探しの際に参考にして頂ければと思います。

男女計 男性医師 女性医師
平均年収 15,282.1千円 15,953.8千円 14,457.8千円
平均年齢 44歳 45.3歳 42.4歳
平均勤続年数 4.1年 5.2年 2.8年

宮崎県の医療行政と医療機関の特徴

和歌山県のがん治療中核病院を中心に見てみよう。

‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏
‏2次医療圏‏がん診療拠点病院
★は都道府県がん診療連携拠点病院
◎は臨床研修病院
‏県指定病院
‏宮崎県北部:
人口16.0万人(延岡市、高千穂町、日之影町、五ヶ瀬町)

・宮崎県立延岡病院
日向入郷:
人口9.5万人(日向市、門川町、美郷町、諸塚村、椎葉村)
‏‏

宮崎東諸県:
人口42.5万人(宮崎市、清武町、国富町、綾町)
・県立宮崎病院
★宮崎大学医学部附属病院

西都児湯:
人口11.1万人(西都市、高鍋町、新富町、西米良村、木城町、川南町、都農町)


日南串間:
人口8.3万人(日南市、串間市、北郷町、南郷町)

・宮崎県立日南病院
都城北諸県:
人口19.6万人(都城市、三股町)
‏・国立病院機構都城病院
西諸:
人口8.4万人(小林市、えびの市、高原町、野尻町)


○ 宮崎県は、九州の南東部に位置しており、北に大分県、西に熊本県、南に鹿児島県とそれぞれ隣接している。東は日向灘に面している。
面積は7,736km2(静岡県に次ぐ全国14位の広さ)で人口は111.4万人(山形県に次ぐ全国36位)。

○ 県庁所在地・宮崎市は人口40万人。九州沖縄エリアでは長崎市に次ぐ7位の人口規模。
(ちなみに人口上位は福岡市、北九州市、熊本市、鹿児島市、大分市、長崎市、宮崎市、那覇市、久留米市、佐世保市、佐賀市、都城市、諫早市、八代市、飯塚市の順)

○ 宮崎県の医療機関(病院)数は、一般病院125、精神科病院15の合計140施設となっている。(平成25年10月時点)

宮崎県の医療政策の現状

宮崎県では「待ったなし、宮崎県の医療」というスローガンの下、県内の自治体病院の医師不足解消を目指し、他の都道府県と同様に下記のような施策で医師確保と医師の定着を図っている。
○自治医科大学への資金拠出
卒業後の一定期間を宮崎県内の医療機関で働く事を義務づけている自治医科大学へ資金拠出を行っている。
○修学資金(奨学金)の貸与
卒業後の一定期間宮崎県で働くことを条件に奨学金の貸与を行っている。
○宮崎大学医学部医学科に地域(特別)枠の設置
 従来の地域枠(10人)に加え、平成21年度入試より9年間、地域特別枠(5人)を設け県内出身医師の地元定着へのインセンティブとしている。

宮崎県の医師需給状況平成24年12月末

○医療施設に従事する医師数:2,567人(男性医師2,122人、女性医師445人)
人口10万対医師数:228.0人(全国平均226.5人)
○医師数 全国24位(人口10万対)

2次保険医療圏ごとの医師需給の状況

※病院数は平成24年10月、医師数は医療施設従事の医師数で平成24年12月末時点)

2次保険医療圏ごとの医師需給の状況

1.宮崎県北部:

医師数265人:人口10万対165.6人、対全国平均73.1% 医師数は不足
宮崎県北部医療圏:人口16.0万人(延岡市、高千穂町、日之影町、五ヶ瀬町)
病院数20施設

2.日向入郷:

医師数138人:人口10万対145.3人、対全国平均64.1% 医師数はかなり不足
日向入郷医療圏:人口9.5万人(日向市、門川町、美郷町、諸塚村、椎葉村)
病院数14施設

3.宮崎東諸県:

医師数1,391人:人口10万対327.3人、対全国平均144.5% 医師数は潤沢(過剰?)
宮崎東諸県医療圏:人口42.5万人(宮崎市、清武町、国富町、綾町)
病院数41施設

4.西都児湯:

医師数135人:人口10万対121.6人、対全国平均53.7% 医師数は著しく不足
西都児湯医療圏:人口11.1人(西都市、高鍋町、新富町、西米良村、木城町、川南町、都農町)
病院数12施設

5.日南串間:

医師数151人:人口10万対181.9人、対全国平均80.3% 医師数は不足
日南串間医療圏:人口8.3万人(日南市、串間市、北郷町、南郷町)
病院数12施設

6.都城北諸県:

医師数364人:人口10万対185.7人、対全国平均82.0% 医師数は不足
都城北諸県医療圏:人口19.6万人(都城市、三股町)
病院数29施設

7.西諸:

医師数123人:人口10万対146.4人、対全国平均64.6% 医師数はかなり不足
西諸医療圏:人口8.4万人(小林市、えびの市、高原町、野尻町)
病院数17施設

宮崎県での医師転職についてのアドバイス

宮崎県は県木フェニックスに代表されるように日本の中でも南国のイメージが強い県の一つである。ゴルフ好きには宮崎市にあるフェニックス・シーガイア・リゾートはお馴染みだろうが国内ゴルフツアーのダンロップフェニックストーナメントには国内最高の賞金総額2億円を巡ってタイガーウッズや松山英樹や石川遼といった国内外の一流ゴルファーが集まってくる。また、プロ野球のキャンプ地としても長年愛されている。
日向灘はサーフィンのメッカでもあり、サーフィン好きの医師は宮崎の医療機関で働く事を検討してみるのも良いかもしれない。
県南部の日南市には日向灘に面した自然の洞窟の中に朱塗りの本殿が建つ「鵜戸神宮」や「青島海岸」、完全復元されたモアイ像が立ち並ぶ「サンメッセ日南」など観光資源が多い。
県北西部の熊本と大分との県境に近いエリアには「高千穂峡」があり、高さ100m近い断崖が続く。鹿児島との県境に近い小林市やえびの市方面では「えびの高原」があり、キャンプを楽しんだりするもの楽しい。

宮崎県は新幹線が通っておらず県外からは宮崎空港が主な玄関口となる。
県内の移動は高速道路(東九州自動車道や宮崎自動車道)が整備されており快適なドライブが可能となっている。
九州島内の大分や鹿児島からはJR在来線特急(日豊本線)があるが時間が掛かる。
そういう意味では宮崎県の大部分のエリアは飛行機を除いてあまり他県との行き来が気楽にできるという感じではない。
従って、宮崎県で勤務を検討する医師は、しばらく腰を据えて仕事に取り組みながら、オフには気候の温暖な南国宮崎ならではの趣味に没頭してみるのも悪くないのでないだろうか。

教育面においては、宮崎西高校や宮崎大宮高校などが地元宮崎大学をはじめとした医学部や難関大学への進学実績が高い。

以上、宮崎県の医師転職マーケットの概況をご案内いたしました。宮崎県での医師転職や非常勤アルバイトをお考えの先生は一度気軽にご相談ください。 宮崎県の医師求人案件の中から、転職をご希望される先生の条件に合った募集案件をご紹介いたします。

宮崎県の最新求人情報 PICK UP

医療法人社団豊徳会 丸田病院

2016/12/18更新

医療法人社団豊徳会 丸田病院(宮崎県都城市)産婦人科医師募集(常勤)

所在地
宮崎県都城市
募集科目
常勤産科・婦人科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


医療法人信和会 小林保養院

2016/12/15更新

医療法人信和会 小林保養院 (宮崎県小林市)精神科医師募集(常勤)

所在地
宮崎県小林市
募集科目
常勤心療内科・精神科
給与
常勤年俸 1,800万円

>この求人を見る


医療法人信和会 小林保養院

2016/12/15更新

医療法人信和会 小林保養院 (宮崎県小林市)一般外科、外科系医師募集(常勤)

所在地
宮崎県小林市
募集科目
常勤外科系全般, 消化器外科・一般外科
給与
常勤年俸 1,800万円

>この求人を見る


医師の平均給与・平均年収

診療科目別平均給与・平均年収

診療科目別医師転職求人検索

新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録