群馬県で探す

群馬県の最新求人情報 PICK UP

2016/12/02更新

医療法人社団青虎会フジ虎ノ門整形外科病院(静岡県御殿場市)消化器外科医師募集(常勤)

所在地
募集科目
常勤消化器外科・一般外科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


邑楽館林医療事務組合 館林厚生病院

2016/11/24更新

邑楽館林医療事務組合 館林厚生病院(群馬県館林市)呼吸器内科医師募集(常勤/非常勤)

所在地
群馬県館林市
募集科目
常勤呼吸器内科
非常勤呼吸器内科
給与
常勤年俸 2,000万円
非常勤日給50,000円

>この求人を見る


邑楽館林医療事務組合 館林厚生病院

2016/11/24更新

館林厚生病院(群馬県館林市)膠原病・リウマチ・アレルギー内科医師募集(常勤/非常勤)

所在地
群馬県館林市
募集科目
常勤内分泌・糖尿病・代謝内科・リウマチ, 膠原病内科、アレルギー科、リウマチ科
非常勤内分泌・糖尿病・代謝内科・リウマチ, 膠原病・リウマチ・アレルギー内科
給与
常勤年俸 2,000万円
非常勤日給50,000円

>この求人を見る


群馬県の医師転職マーケット

群馬県の医師数(医療機関勤務医数、人口10万対)は、214.9人(H24年度)と全国平均(226.5人)をやや下回っている。医師数の「西高東低」の中にあっては北関東エリアでは比較的多い県と言える。
群馬県の人口は197.7万人で栃木県に次いで全国19位。栃木県(198.1万人)とほぼ同じ人口規模となっており、病院数は群馬県132、茨城県183、栃木県109となっている。
人口10万対病院数も群馬県.6.6施設(茨城県6.2施設、栃木県5.5施設、東京都は4.8施設、全国平均6.7施設)と北関東の中では充実しており全国平均並み。
群馬県には群馬大学に医学部が設置されており医師養成と県内医療の中核的役割を担っている。

群馬県の医師の平均年収

群馬県の医師の平均年収を、平均年齢・平均勤続年数と合わせて見てみよう。
群馬県で医師求人情報をお探しの際に参考にして頂ければと思います。

男女計 男性医師 女性医師
平均年収 12,829.6千円 13,947.6千円 7,046.4千円
平均年齢 41.5歳 42.9歳 34歳
平均勤続年数 6.2年 7.1年 2年

群馬県の医療行政と医療機関の特徴

群馬県のがん治療中核病院を中心に見てみよう。

2次医療圏 群馬県がん治療指定医療機関 がん診療拠点病院
前橋保険医療圏:
人口34万人(前橋市)
・群馬県済生会前橋病院
・社会保険群馬中央総合病院
★国立大学法人群馬大学医学部附属病院
・前橋赤十字病院
高崎・安中保険医療圏:
人口43万人(高崎市、安中市)
・日高病院 ・国立病院機構高崎総合医療センター
渋川保険医療圏:
人口12万人(渋川市・榛東村・吉岡町)
・国立病院機構西群馬病院
藤岡医療圏:
人口7万人(藤岡市・神流町・上野村)
・公立藤岡総合病院
富岡保険医療圏:
人口8万人(富岡市・甘楽町・下仁田町・南牧村)
・公立富岡総合病院
吾妻保険医療圏:
人口6万人(中之条町・長野原町・嬬恋村・
草津町・高山村・東吾妻町)
・原町赤十字病院
沼田保険医療圏:
人口9万人(沼田市・片品村・川場村・
みなかみ町・昭和村)
・利根中央病院 ・国立病院機構沼田病院
伊勢崎保険医療圏:
人口24万人(伊勢崎市・玉村町)
・伊勢崎市民病院
桐生保険医療圏:
人口17万人(桐生市・みどり市)
・桐生厚生総合病院
太田・館林保険医療圏:
人口40万人(太田市・館林市・板倉町・明和町・
千代田町・大泉町・邑楽町)
・館林厚生病院
・太田記念病院
・群馬県立がんセンター

○ 群馬県は、関東地方の北西部に位置する内陸県。隣接都道府県は新潟、長野、福島、栃木、埼玉の各県。
面積は6,362km2(栃木県に次ぐ全国21位の広さ)で、人口約198万人(全国19位、栃木県が18位)、人口密度は全国21位(栃木県が全国22位)と群馬県と栃木県は面積、人口、人口密度の点で数字上いずれも大変似通っている。

県庁所在地・前橋市は人口34万人。
○ 群馬県の医療機関(病院)数は、一般病院119、精神科病院13の合計132施設となっている。(平成25年度)

群馬県の医療政策の現状

○群馬県では県全体での医師確保が課題。
○特に小児科、産科・産婦人科、救急医などに限らず、内科や外科の常勤医も不足しており、入院患者の受入停止や外来縮小などが生じている。これらの科目で転職をお考えの先生は条件のあった求人案件があるかもしれません。
○前橋医療圏(前橋市)への医師の偏在が顕著。

「群馬県ドクターバンク」による医師確保の取り組みの他、「臨床研修支援・ぐんまレジデントサポート」や県内の病院において特に充実する必要のある小児科、産婦人科、麻酔科、救急科に将来従事する意欲のある大学院生又は研修医に対して、修学又は研修に要する資金を貸与する制度も整備している。内容は資金貸与後、一定期間、知事が別に定める県内の公立病院等で小児科医、産婦人科医、麻酔科医、救急医として勤務する事によって、その返還を免除するというもの。これらの制度は転職する際に群馬県の募集案件を選択肢に入れるかどうかを考慮するポイントを成り得るだろう。

群馬県の医師需給状況 平成24年12月末

○医療施設に従事する医師数:4,281人(男性医師3,526人、女性医師755人)
人口10万対医師数:214.9人(全国平均226.5人)

2次保険医療圏ごとの医師需給の状況

※病院数は平成24年10月、医師数は平成24年12月末時点)

1.前橋

医師数1,467人(人口10万対431人、対全国平均196.8%)医師数は潤沢(過剰?)
前橋保険医療圏:人口34万人(前橋市)
病院数22施設

2.高崎・安中

医師数933人(人口10万対216人、対全国平均98.6%)医師数は均衡
県西保険医療圏:人口43万人(高崎市、安中市)
病院数32施設

3.渋川

医師数252人(人口10万対214人、対全国平均97.7%)医師数は均衡
渋川保険医療圏:人口12万人(渋川市・榛東村・吉岡町)
病院数11施設

4.藤岡

医師数176人(人口10万対245人、対全国平均111.9%)医師数はやや潤沢
藤岡保険医療圏:人口7万人(藤岡市・神流町・上野村)
病院数5施設

5.富岡

医師数186人(人口10万対242人、対全国平均110.5%)医師数は潤沢
富岡保険医療圏:人口8万人(富岡市・甘楽町・下仁田町・南牧村)
病院数4施設

6.吾妻

医師数115人(人口10万対188人、対全国平均85.8%)医師数はやや不足
吾妻保険医療圏:人口6万人(中之条町・長野原町・嬬恋村・草津町・高山村・東吾妻町)
病院数9施設

7.沼田

医師数174人(人口10万対195人、対全国平均89.0%)医師数はやや不足
沼田保険医療圏:人口9万人(沼田市・片品村・川場村・みなかみ町・昭和村)
病院数7施設

8.伊勢崎

医師数485人(人口10万対198人、対全国平均90.4%)医師数はやや不足
伊勢崎保険医療圏:人口24万人(伊勢崎市・玉村町)
病院数11施設

9.桐生

医師数363人(人口10万対209人、対全国平均95.4%)医師数はほぼ均衡
桐生保険医療圏:人口17万人(桐生市・みどり市)
病院数12施設

10.太田・館林

医師数662人(人口10万対165人、対全国平均75.3%)医師数は不足
太田・館林保険医療圏:人口40万人(太田市・館林市・板倉町・明和町・千代田町・大泉町・邑楽町)
病院数19施設

群馬県での医師転職についてのアドバイス

群馬県は高機能医療が前橋や伊勢崎などの中毛に集中しており医師もこれら地域に偏在している。
交通アクセスは上越新幹線(高崎駅、上毛高原駅)、長野新幹線(高崎駅、安中榛名駅)やJR在来線、東武電鉄、上毛電気鉄道、上信電鉄、わたらせ渓谷鉄道があり首都圏からも長野や新潟からも近い。高速道路も関越自動車道、上信越自動車道、北関東自動車道が整備されており長野や新潟、栃木や埼玉へのアクセスも良くなっている。
県内の基幹病院は全域で群馬大学医局と関係が深い医療機関が多いが、前橋以外のエリアでは医師が極端に不足している地域もあり、首都圏と比較すると全体的に年収相場も高くなっている。このため、年収の面でご希望の求人案件を見つけやすいかもしれない。
診療科目としては群馬県でも他県同様に内科全般を診る一般内科の求人が多数を占める。続いて、高齢化の影響もあり神経内科やリハビリテーション科、整形外科を求める医療機関が多い。
整形ではオペは必須でないところが多く、回復期リハビリテーション病院での病棟管理が業務の中心。また透析医、腎臓内科医でシャント造設ができる医師も透析ニーズの高まりから選択肢が多い。また、白内障オペのできる眼科医を求める案件も目立つ。
精神科医のニーズが多いのも他県と同様の傾向。
その他の外科系では一般外科の求人が多く、subspecialty領域では消化器外科、呼吸器外科などが続く。

群馬県は上州名物「かかあ天下」、「からっ風」、「雷」が有名で、「かかあ天下」は世界遺産・富岡製糸場があった事が影響しているとも言われており、群馬の女性は働き者で一家の経済の主導権を握って発言力も大きかったという事らしい。
今も女性医師には働きやすい土地柄なのかも(?)しれない。県を挙げて女性医師の支援にも力を入れている。

群馬県は天下の名湯・草津温泉や情緒ある伊香保温泉、スキー好きには「志賀万座ルート」で有名な万座温泉、渓谷美の水上温泉など有名温泉地が集中している。
スポーツではサッカーJリーグ「ザスパクサツ群馬」が本拠地を置いている。
教育面においては、高崎高校や前橋高校などが群馬大学医学部や難関大学への進学実績が高い。

群馬県での転職やバイトをお考えの先生は一度気軽にご相談をいただければと思う。群馬県の医師求人案件の中から、転職をご希望される先生の条件に合った募集案件をご紹介いたします。

群馬県の最新求人情報 PICK UP

2016/12/02更新

医療法人社団青虎会フジ虎ノ門整形外科病院(静岡県御殿場市)消化器外科医師募集(常勤)

所在地
募集科目
常勤消化器外科・一般外科
給与
常勤年俸 2,000万円

>この求人を見る


邑楽館林医療事務組合 館林厚生病院

2016/11/24更新

邑楽館林医療事務組合 館林厚生病院(群馬県館林市)呼吸器内科医師募集(常勤/非常勤)

所在地
群馬県館林市
募集科目
常勤呼吸器内科
非常勤呼吸器内科
給与
常勤年俸 2,000万円
非常勤日給50,000円

>この求人を見る


邑楽館林医療事務組合 館林厚生病院

2016/11/24更新

館林厚生病院(群馬県館林市)膠原病・リウマチ・アレルギー内科医師募集(常勤/非常勤)

所在地
群馬県館林市
募集科目
常勤内分泌・糖尿病・代謝内科・リウマチ, 膠原病内科、アレルギー科、リウマチ科
非常勤内分泌・糖尿病・代謝内科・リウマチ, 膠原病・リウマチ・アレルギー内科
給与
常勤年俸 2,000万円
非常勤日給50,000円

>この求人を見る


医師の平均給与・平均年収

診療科目別平均給与・平均年収

診療科目別医師転職求人検索

新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録