長野県で探す

長野県の最新求人情報 PICK UP

佐久市立国保 浅間総合病院

NEW! 2017/08/26更新

佐久市立国保浅間総合病院(長野県佐久市)泌尿器科(常勤)

所在地
長野県佐久市
募集科目
常勤泌尿器科
給与
常勤年俸 1,900万円

>この求人を見る


佐久市立国保 浅間総合病院

NEW! 2017/08/26更新

佐久市立国保浅間総合病院(長野県佐久市)形成外科(常勤)

所在地
長野県佐久市
募集科目
常勤形成外科・美容外科
給与
常勤年俸 1,900万円

>この求人を見る


佐久市立国保 浅間総合病院

NEW! 2017/08/26更新

佐久市立国保浅間総合病院(長野県佐久市)腎臓内科(常勤)

所在地
長野県佐久市
募集科目
常勤腎臓内科・人工透析
給与
常勤年俸 1,900万円

>この求人を見る


長野県の医師転職マーケット

長野県の医師数(医療機関勤務医数、人口10万対)は、211.4人(H24年度)と全国平均(226.5人)をやや下回っている。医師の総数4,723人で全国15位。
長野県の人口は211万人で新潟県に次いで全国16位。
医師の総数も人口も多いが県面積が全国4位と広大で山間部も多い為、医療機能も医師も都市部(長野市、松本市など)へ集中しており地域偏在が激しい。
長野県は医師の半数以上が松本市と長野市に集中しているが、人口10万対医師数で見ると実態は松本市への一極集中で、長野市はむしろ医師不足の状況となっている。ゆえに常に医師の求人募集案件は少なくないといえる。
病院数は131で新潟県と同数、その他の隣接県では群馬県132、富山県110、石川県100、岐阜県103、静岡県184などとなっている。人口10万対病院数では長野県は6.1施設、全国平均6.7施設と比較して若干少ない数字となっている。隣接県では新潟県5.6施設、群馬県6.6施設、富山県10.2、石川県8.6、岐阜県5.0、静岡県4.9など。東京都は4.8施設。
長野県には信州大学に医学部が設置されており医師養成と県内医療の中核的役割を担っている。

長野県の医師の平均年収

長野県の医師の平均年収を、平均年齢・平均勤続年数と合わせて見てみよう。
長野県で医師求人情報をお探しの際に参考にして頂ければと思います。

男女計 男性医師 女性医師
平均年収 16,357.7千円 17,819.1千円 11,566.5千円
平均年齢 42歳 42.7歳 40.4歳
平均勤続年数 7年 6.8年 7.4年

長野県の医療行政と医療機関の特徴

長野県の二次救急・三次救急(小児含む)を担う200床以上の病院及び県立病院など中核病院を中心に見てみよう。

‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏
‏2次医療圏二次救急・三次救急(小児含む)を担う中核病院等
がん診療拠点病院等
★は都道府県がん診療連携拠点病院
‏佐久保険医療圏:
人口21万人(小諸市、佐久市、南佐久郡(小海町、佐久穂町、川上村、南牧村、南相木村、北相木村)、北佐久郡(軽井沢町、御代田町、立科町))
‏・長野県厚生連 佐久総合病院(821床)
・佐久市立国保浅間総合病院(323床)
・小諸厚生総合病院(320床)
上小(じょうしょう)保険医療圏:
人口20万人(上田市、東御市、小県郡(長和町、青木村))
・信州上田医療センター(420床)
・丸子中央総合病院(330床)
・鹿教湯三才山リハビリテーション センター 鹿教湯病院(319床)
・安藤病院(219床)
諏訪保険医療圏:
人口20万人(岡谷市、諏訪市、茅野市、諏訪郡(下諏訪町、富士見町、原村))
・諏訪赤十字病院(455床)
・諏訪中央病院(360床)
・諏訪湖畔病院(327床)
・市立岡谷病院(264床)
上伊那保険医療圏:
人口19万人(伊那市、駒ヶ根市、上伊那郡(辰野町、箕輪町、飯島町、南箕輪村、中川村、宮田村))
‏・伊那中央病院(394床)
・昭和伊南総合病院(300床)
・県立こころの医療センター駒ヶ根(129床)
飯伊(はんい)保険医療圏:
人口17万人(長岡市、柏崎市、見附市、出雲崎町、刈羽村)
‏・飯田市立病院(407床)
・飯田病院(452床)
・長野県立阿南病院(93床)
木曽保険医療圏:
人口3万人(木曽郡(上松町、南木曽町、木曽町、木祖村、王滝村、大桑村)
・長野県立木曽病院(259床)‏
松本保険医療圏:
人口43万人(松本市、塩尻市、安曇野市、東筑摩郡(波田町、麻績村、生坂村、山形村、朝日村、筑北村))
‏★信州大学医学部附属病院(707床)
・社会医療法人財団慈泉会 相澤病院(502床)
・まつもと医療センター中信松本病院(330床)
・まつもと医療センター松本病院(243床)
・城西病院(226床)
・松本市立病院(215床)
大北(たいほく)保険医療圏:
人口6万人(大町市、北安曇郡(池田町、松川村、白馬村、小谷村))
・安曇総合病院(312床)
・市立大町総合病院(284床)
長野保険医療圏:
人口55万人(長野市、須坂市、千曲市、埴科郡(坂城町)、上高井郡(小布施町、高山村)、上水内郡(信州新町、信濃町、飯綱町、小川村、中条村))
‏・長野赤十字病院(700床)
・長野市民病院(400床)
・篠ノ井総合病院(433床)
・松代総合病院(365床)
・長野県立須坂病院(338床)
・長野中央病院(302床)
・東長野病院(223床)
北信保険医療圏:
人口9万人(中野市、飯山市、下高井郡(山ノ内町、木島平村、野沢温泉村)、下水内郡(栄村))
‏・北信総合病院(561床)
・飯山赤十字病院(300床)
  1. 長野県は本州の内陸部に位置する内陸県で新潟、群馬、埼玉、山梨、静岡、愛知、富山、石川の各県と隣接している。
    面積は13,562km2(福島県に次ぐ全国4位の広さ)で、人口約211万人(全国16位)。
  2. ○ 県庁所在地・長野市は人口38万人。善光寺の門前町として発展してきた都市。
    1998年には長野市を中心に冬季オリンピック・長野五輪が開催された。
  3. 長野県の医療機関(病院)数は、一般病院116、精神科病院15の合計131施設となっている。(平成25年度)

長野県の医療政策の現状

長野県は、美しい自然に抱かれ、平均寿命は男女とも全国第1位であり、県民一人当たりの老人医療費は全国でも非常に低い水準にある「健康長寿日本一の県」とも言われている。
しかし医師の不足は長野県でも大きな課題となっており、医師確保対策を県政の最重点課題のひとつとして掲げ、ドクターバンク、「信州型総合医」の養成支援、医学生修学資金の貸与や各種助成制度など様々な取組みを通じて医師をサポートしている。

長野県の医師需給状況平成24年12月末

○医療施設に従事する医師数:4,508人(男性医師3,740人、女性医師768人)
人口10万対医師数:211.4人(全国平均226.5人)

2次保険医療圏ごとの医師需給の状況

※病院数は平成24年10月、医師数は平成24年12月末時点)

2次保険医療圏ごとの医師需給の状況
  1. 佐久
    医師数449人(人口10万対210.1人、対全国平均95.9%)医師数はほぼ均衡
    佐久保険医療圏:人口21万人(小諸市、佐久市、南佐久郡(小海町、佐久穂町、川上村、南牧村、南相木村、北相木村)、北佐久郡(軽井沢町、御代田町、立科町))
    病院数14施設
  2. 上小(じょうしょう)
    医師数292人(人口10万対144.8人、対全国平均66.1%)医師数は不足
    上小保険医療圏:人口20万人(上田市、東御市、小県郡(長和町、青木村))
    病院数16施設
  3. 諏訪
    医師数412人(人口10万対201.1人、対全国平均91.8%)医師数はやや不足
    諏訪保険医療圏:人口20万人(岡谷市、諏訪市、茅野市、諏訪郡(下諏訪町、富士見町、原村))
    病院数13施設
  4. 上伊那
    医師数251人(人口10万対131.8人、対全国平均60.2%)医師数は不足
    上伊那保険医療圏:人口19万人(伊那市、駒ヶ根市、上伊那郡(辰野町、箕輪町、飯島町、南箕輪村、中川村、宮田村))
    病院数10施設
  5. 飯伊(はんい)
    医師数291人(人口10万対173.4人、対全国平均79.2%)医師数は不足
    飯伊保険医療圏:人口17万人(飯田市、下伊那郡(松川町、高森町、阿南町、清内路村、阿智村、平谷村、根羽村、下條村、 売木村、天龍村、泰阜村、喬木村、豊丘村、大鹿村))
    病院数10施設
  6. 木曽
    医師数34人(人口10万対109.5人、対全国平均50.0%)医師数は著しく不足
    木曽保険医療圏:人口3万人(木曽郡(上松町、南木曽町、木曽町、木祖村、王滝村、大桑村))
    病院数1施設(県立木曽病院)
  7. 松本
    医師数1,382人(人口10万対155.7人、対全国平均321.1%)医師数は潤沢(過剰?)
    松本保険医療圏:人口43万人(松本市、塩尻市、安曇野市、東筑摩郡(波田町、麻績村、生坂村、山形村、朝日村、筑北村)
    病院数27施設
  8. 大北(たいほく)
    医師数104人(人口10万対166.0人、対全国平均75.8%)医師数は不足
    大北保険医療圏:人口6万人(大町市、北安曇郡(池田町、松川村、白馬村、小谷村))
    病院数2施設
  9. 長野
    医師数1,049人(人口10万対189.3人、対全国平均86.4%)医師数は不足
    長野保険医療圏:人口55万人(長野市、須坂市、千曲市、埴科郡(坂城町)、上高井郡(小布施町、高山村)、上水内郡(信州新町、信濃町、飯綱町、小川村、中条村))
    病院数35施設
  10. 北信
    医師数145人(人口10万対154.5人、対全国平均70.5%)医師数は不足
    北信保険医療圏:人口9万人(中野市、飯山市、下高井郡(山ノ内町、木島平村、野沢温泉村)、下水内郡(栄村))
    病院数3施設

長野県での医師転職についてのアドバイス

1998年に冬季オリンピックが開催された長野県。北海道を並んでスキーやスノボなどウインタースポーツのメッカ。夏は軽井沢や蓼科、八ヶ岳などの別荘地や高原リゾート、上高地、日本アルプスなど長野県各地に首都圏や海外からも避暑や観光に多数の観光客が訪れている。温泉もたくさんある。

長野県の医療は広大な面積を10の2次医療圏に分類しており、やはり多くの医療圏で内科(一般内科・総合内科)、整形外科のニーズが見られる。これらの科目の求人募集も多い。また、消化器領域も比較的ニーズが多い傾向にあり、整形以外の外科系では一般外科のニーズが多く、専門外科系については公立病院等の基幹病院を中心に散見されるといった様相である。精神科医の求人も多い。
都市部の基幹病院で臓器別に専門特化した医療に携わりたい医師も、或いは地域医療やへき地医療に興味のある医師も長野県の多くの医療機関では県外からの医師の招聘に積極的なので長野県での勤務を検討してみては如何だろうか。

長野県には白馬、八方尾根、志賀高原、野沢温泉など雪質の良いスキー場が多く全国からスキーヤーが集う。温泉も長野県の大きな魅力のひとつ。信州そばや野沢菜、ワサビは長野県の名産。
スポーツではサッカーJリーグ「松本山雅FC」(2015年よりJ1昇格)、JFL「AC長野パルセイロ」が本拠地を置いている。
教育面においては、長野高校、屋代高校、松本深志高校、伊那北高校、佐久長聖高校、上田高校などが信州大学医学部や難関大学への進学実績が高い。

長野県での転職やバイトをお考えの先生は一度お気軽にご相談をいただければと思う。長野県の医師求人案件の中から、転職をご希望される先生の条件に合った募集案件をご紹介いたします。

長野県の最新求人情報 PICK UP

佐久市立国保 浅間総合病院

NEW! 2017/08/26更新

佐久市立国保浅間総合病院(長野県佐久市)泌尿器科(常勤)

所在地
長野県佐久市
募集科目
常勤泌尿器科
給与
常勤年俸 1,900万円

>この求人を見る


佐久市立国保 浅間総合病院

NEW! 2017/08/26更新

佐久市立国保浅間総合病院(長野県佐久市)形成外科(常勤)

所在地
長野県佐久市
募集科目
常勤形成外科・美容外科
給与
常勤年俸 1,900万円

>この求人を見る


佐久市立国保 浅間総合病院

NEW! 2017/08/26更新

佐久市立国保浅間総合病院(長野県佐久市)腎臓内科(常勤)

所在地
長野県佐久市
募集科目
常勤腎臓内科・人工透析
給与
常勤年俸 1,900万円

>この求人を見る


医師の平均給与・平均年収

診療科目別平均給与・平均年収

診療科目別医師転職求人検索

新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録