徳島県で探す

徳島県の最新求人情報 PICK UP

医療法人緑会 小川病院

2016/05/27更新

医療法人緑会 小川病院(徳島県鳴門市)日直、日当直医師募集(非常勤) 

所在地
徳島県鳴門市
募集科目
非常勤内科系全般, 日直、日当直
給与
非常勤日給50,000円

>この求人を見る


医療法人緑会 小川病院

2016/05/27更新

医療法人緑会 小川病院(徳島県鳴門市)リハビリテーション科医師募集(常勤) 

所在地
徳島県鳴門市
募集科目
常勤リハビリテーション科
給与
常勤年俸 1,300万円

>この求人を見る


医療法人緑会 小川病院

2016/05/27更新

医療法人緑会 小川病院(徳島県鳴門市)人工透析医師募集(常勤) 

所在地
徳島県鳴門市
募集科目
常勤腎臓内科・人工透析
給与
常勤年俸 1,300万円

>この求人を見る


徳島県の医師転職マーケット

徳島県の医師数(医療機関勤務医数、人口10万対)は、全国トップの京都府(296.7人)に次いで僅差の2位(296.3人)となっている。
全国平均(226.5人)を大きく上回る医師数で医師数上位の常連となっている県である。
徳島県の人口が然程多くない(76.4万人、全国で下から4番目)という事と徳島県の医師養成・医師供給を担う徳島大学医学部が 四国では最も歴史があるという事も伝統的に医師が多い事と無関係では無いだろう。地元では徳大と呼ばれ絶大な信頼を得ている。
四国4県は全国4位の高知県(284人、全国4位)、香川県(260.4人、全国13位)愛媛県(244.1人、全国18位)といずれも全国平均を上回っているが、 四国においては徳島大学医学部の影響力が最も強く関連病院も多いようである。

徳島県では2次医療圏は3圏域(鳥取県と並び全国最少)であるが、新たに1.5次医療圏を設定し、 等しく高度医療が受けられるような体制整備を目指している。

徳島県の医師分布は、他の都道府県同様に県庁所在地で大学病院のある徳島市に医師が集中・偏在している状況が続いている。
「東部Ⅰ医療圏」(徳島市、鳴門市など)と「南部Ⅰ医療圏」(小松島市、阿南市など)が全国平均を超えているが、 他の医療圏は全国平均(226.5人)を下回る水準となっており医療資源の地域偏在が激しい。ゆえに医師数2位の徳島県といえども、地域により医師求人のニーズがあり、募集案件も少なくない。
特に県南部(南部Ⅱ医療圏)の山間部やへき地では医師不足が深刻で、徳島県立中央病院、徳島大学病院などの「へき地医療拠点病院」が 県立海部病院(110床)へ医師派遣や診療支援などを行い、更に町立由岐病院(50床)、町立日和佐病院(30床)、町立海南病院(35床) 町立の診療所を支援するといった形をとっているが未だこれら地域では常勤医が不足している状態が続いている。へき地医療への転職をお考えの先生はぜひお声掛けいただきたい。希望にあった募集案件をご紹介します。

徳島県の病床数は各圏域約1,500床~2,400床、全圏域で全国平均(1,236床)を上回る整備水準となっている。

徳島県では療養型病院等で医師求人があり、内科系の医師やリハビリテーション科、脳神経外科、整形外科などの医師を求める求人が寄せられている。

徳島県の医師の平均年収

徳島県の医師の平均年収を、平均年齢・平均勤続年数と合わせて見てみよう。
徳島県で医師求人情報をお探しの際に参考にして頂ければと思います。

男女計 男性医師 女性医師
平均年収 14,523.7千円 17,185.9千円 9,716.0千円
平均年齢 45.9歳 49.3歳 39.8歳
平均勤続年数 6.3年 9.5年 0.6年

徳島県の医療行政と医療機関の特徴

徳島県の2次医療圏とがん診療拠点病院や主な急性期病院を中心に見てみよう。

‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏ ‏
‏1.5次医療圏‏がん診療拠点病院‏県指定病院
東部Ⅰ:
人口45.8万人(徳島市、鳴門市、佐那河内村、石井町、神山町、松茂町、北島町、藍住町、板野町、上板町)
・徳島県立中央病院
★徳島大学病院
・徳島市民病院
・徳島県鳴門病院
東部Ⅱ:
人口8.3万人(吉野川市、阿波市)


南部Ⅰ:
人口13.4 万人(小松島市、阿南市、勝浦町、上勝町、那賀町)
・徳島赤十字病院 ・阿南共済病院
南部Ⅱ:
人口2.3万人(美波町 牟岐町 海陽町)


西部Ⅰ:
人口4.3万人(美馬市、つるぎ町)

‏・徳島県立三好病院
西部Ⅱ:
人口4.5万人(三好市、東みよし町)


○ 徳島県は、四国地方の東部位置しており県東部は鳴門海峡や紀伊水道、太平洋などに面している。北に香川県、西部で愛媛県と、南西部で高知県と隣接している他、鳴門海峡を挟んで淡路島(兵庫県)と、そして、紀伊水道を挟んで和歌山県とそれぞれ海上で隣接している。面積は4,147km2(石川県に次いで全国36位の広さ)、人口は76.4万人(福井県に次いで全国44位)となっている。

○ 県庁所在地・徳島市は人口26.2万人。毎年お盆に行われる阿波踊りや眉山がシンボル。

○ 徳島県の医療機関(病院)数は、一般病院99、精神科病院15の合計114施設となっている。(平成25年10月時点)

徳島県の医療政策の現状

徳島市にある徳島大学病院(696床)と隣接する徳島県立中央病院(460床、H23年改築完成)が連携した「総合メディカルゾーン」で更に医療機能を強化し、県内医療の中心を担う「東部Ⅰ医療圏」のこれら中核病院が、健保鳴門病院(307床)や徳島市民病院(397床)と機能連携・分担しながら、 医師不足の「南部Ⅱ医療圏」の再生を目指している。
「南部Ⅱ医療圏」の中心的病院である徳島県立海部病院では研修・研修・実習環境の整備によるへき地志向医師の養成を図るなどしている。

徳島県の医師需給状況 平成24年12月末

○医療施設に従事する医師数:2,299人(男性医師1,800人、女性医師499人)
人口10万対医師数:296.3人(全国平均226.5人)
○医師数 全国2位(人口10万対)

1.5次保険医療圏ごとの医師需給の状況

※病院数は平成24年10月、医師数は医療施設従事の医師数で平成23年12月末時点)

2次保険医療圏ごとの医師需給の状況

1.東部:

(東部Ⅰ)
医師数1,574人:人口10万対343.7人、対全国平均151.7% 医師数は潤沢(過剰?)
東部Ⅰ医療圏:人口45.8万人(徳島市、鳴門市、佐那河内村、石井町、神山町、松茂町、北島町、藍住町、板野町、上板町)

(東部Ⅱ)
医師数175人:人口10万対210.8人、対全国平均93.1% 医師数はやや不足
東部Ⅱ医療圏:人口8.3万人(吉野川市、阿波市)

2.南部:

(南部Ⅰ)
医師数348人:人口10万対259.7人、対全国平均114.7% 医師数は潤沢
南部Ⅰ医療圏:人口13.4万人(小松島市、阿南市、勝浦町、上勝町、那賀町)

(南部Ⅱ)
医師数38人:人口10万対165.2人、対全国平均72.9% 医師数は不足
南部Ⅱ医療圏:人口2.3万人(美波町 牟岐町 海陽町)

3.西部:

(西部Ⅰ)
医師数81人:人口10万対188.4人、対全国平均83.2% 医師数は不足
西部Ⅰ医療圏:人口4.3万人(美馬市、つるぎ町)

(西部Ⅱ)
医師数83人:人口10万対184.4人、対全国平均81.4% 医師数は不足
西部Ⅱ医療圏:人口4.5万人(三好市、東みよし町)

徳島県での医師転職についてのアドバイス

徳島県は人口10万対医師数が多く、医師が集中する徳島市内や鳴門、阿南、小松島といった都市部の基幹病院は殆どが徳島大学医学部と何らかの関係があると言って差し支えない状態であり、医師同士のコネクションを使っての転職は別として、表立った医師の募集はあまり多くないのが実情である。
それら以外の、県西部や県南部の医師不足地域では、徳島大学病院や徳島中央病院が医師を派遣するなど支援をしているが 常勤医でへき地医療に従事してくれる医師は大歓迎で迎えられる可能性がある。ゆえに医師の求人募集のニーズに対して医師の数が足りていない現状から、転職の際の条件も希望に合ったものにしやすいであろう。
また、県西部の民間病院や療養型病院、或いは精神科病院、老健施設などでは一般内科や内科系各科、リハビリテーション科、神経内科、 精神科、心療内科などの医師を求める募集も寄せられる。

徳島県は毎年8/12~8/15に行われる「阿波踊り」が何と言っても全国的に有名で、多くの観光客や一般人も「踊る阿呆」になって、 踊って飲んでと町中が大いに盛り上がる。この時期ばかりは医師の中にも自分の出身医局などの「連」に加わって踊る人もいるようである。
徳島は農産物の生産も盛んで「すだち」や「鳴門金時」、れんこんなど特産品も多い。
観光地としては「鳴門の渦潮」や「眉山(びざん)」、内陸部には剣山があり、吉野川を上流(西へ)と行くと「大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)」、 「祖谷(いや)のかずら橋」など見どころが多い。また、海沿いを走り県南部へ行くとウミガメの産卵地として有名な日和佐がある。

徳島市内から県西部へは徳島自動車道があり、香川県高松市へは高松自動車道や国道11号線がありアクセスは良い。 一方で県南部(海部など)へは国道55号線を車で2時間余り、JR特急で徳島駅から海部駅まで1時間30分程度とアクセスはあまり良くない。

教育面においては、徳島市立や徳島文理などが医学部や難関大学への進学実績が高い。

徳島県での転職やバイトをお考えの先生は一度お気軽にご相談をいただければと思う。徳島県の医師求人案件の中から、転職をご希望される先生の条件に合った募集案件をご紹介いたします。

徳島県の最新求人情報 PICK UP

医療法人緑会 小川病院

2016/05/27更新

医療法人緑会 小川病院(徳島県鳴門市)日直、日当直医師募集(非常勤) 

所在地
徳島県鳴門市
募集科目
非常勤内科系全般, 日直、日当直
給与
非常勤日給50,000円

>この求人を見る


医療法人緑会 小川病院

2016/05/27更新

医療法人緑会 小川病院(徳島県鳴門市)リハビリテーション科医師募集(常勤) 

所在地
徳島県鳴門市
募集科目
常勤リハビリテーション科
給与
常勤年俸 1,300万円

>この求人を見る


医療法人緑会 小川病院

2016/05/27更新

医療法人緑会 小川病院(徳島県鳴門市)人工透析医師募集(常勤) 

所在地
徳島県鳴門市
募集科目
常勤腎臓内科・人工透析
給与
常勤年俸 1,300万円

>この求人を見る


医師の平均給与・平均年収

診療科目別平均給与・平均年収

診療科目別医師転職求人検索

新規会員登録・お問い合わせはこちら

登録・相談は無料です 登録・お問い合わせはこちら

新規登録・お問い合わせはお電話でも受付ております。

まずは無料医師登録